ホットヨガの体験レッスンはどういうもの?予約の仕方、持ち物、当日の流れも徹底解説。

記事の著者:Siena編集部

近年話題のホットヨガ。始めてみようと思って、体験レッスンを試してみようか考えている人も多いはず。しかし、初心者にとっては、当日はどういう流れなのか、必要な持ち物はなにか、など気になることもさまざま。

ホットヨガの体験について、詳しくみていきましょう。スタジオによっては、ウェアなどがレンタルできたり、体験レッスンの予約も簡単におこなえたりと、気軽にホットヨガを試せるところも多いので、気になる人は1度試してみて。

ホットヨガとは?

ホットヨガは、室内が温度39度前後、湿度60%前後に保たれたスタジオなどでおこなうヨガのこと。身体の柔軟性を高めるには最適な環境で、発汗を促進することが可能です。ダイエットやリラックス効果を得ることができるほか、体質改善や冷え性改善などの嬉しい効果も。ヨガポーズは緩やかな動きですが、見た目よりも筋力を使うため、激しい運動ではないわりに体を鍛えられると人気です。

大手ホットヨガスタジオのカルドやLAVAも店舗数を増やし、ホットヨガをおこなえる機会が急上昇しています。始めてみたいと考えている人は、体験レッスンに行って、効果を体感してみるのがおすすめ。

体験レッスンの予約について

ホットヨガを体験したいなら、まず予約をすることから。どのスタジオであっても、だいたい同じ方法で予約がおこなえます。

ネットもしくは電話から予約

ホットヨガの体験レッスンは、ネットもしくは電話から予約をおこないます。

ネットの場合、体験レッスンの予約であっても会員登録が必要なものもありますが、入会を強制されるわけではありません。実際に入るかどうかは、体験レッスンを受けてからじっくりと考えることができます。

電話の場合は、各教室に電話して予約するのか、予約専門の電話があるのかを確認しましょう。

体験するレッスンを決めておこう

予約の際に、体験するレッスンを決めます。教室によっては、体験レッスンがおこなえるホットヨガプログラムが何種類か選択できる場合があります。初めてヨガをする人は、無理のないベーシックなもの、初心者向けのものなど、優しめのコースを選ぶことがポイント。自分のレベルにあったレッスンを受けてみましょう。

体験する日時は、余裕を持って設定しておこう

そして、体験レッスンをしたい日を決めて予約します。ここでの注意すべきポイントは、教室によっては前日でも予約を受け付けている場合がありますが、前日の夜の場合、教室側での確認が翌日の朝おこなわれることになるため、定員数がいっぱいで予約ができていなかったり、行き違いがある可能性もあるため、なるべく2〜3日前に予約するのがおすすめ。

体験レッスンの持ち物

体験レッスンに持っていくものは、動きやすい服とレッスン時に使用するタオル、レッスン後にシャワーで使用するバスタオル、1リットル以上の常温の水、着替え用の下着です。

レッスンの際のウェアは、本格的なヨガウェアでなくても、動きやすい格好ならなんでも構いません。ただし、極端にゆとりがありすぎるもの、きつすぎるものは避けましょう。動きやすく、自分の体に合ったサイズのウェアを選んでください。

ヨガウェアの選び方に関しては、
快適なヨガライフのために。ウェアは、機能性とデザイン性を両立させる。
をチェックしてみてください。

大量の汗をかくので、レッスン後の着替え用下着や汗拭き用タオル、シャワー用タオルを持っていくことも大事。また、脱水症状を防ぐことはもちろん、デトックス効果を高めるためにも水分補給は欠かせません。汗で大量の水分が外にでるので、飲み物は1リットル以上の水がおすすめ。ペットボトルや水筒など、フタのついているものだと、こぼしてしまう心配もありません。

ヨガマットは教室で用意しているところがほとんどなので、自分で持っていく必要はありませんが、不安な場合は体験レッスンの予約時に確認しておきましょう。

あると便利な持ち物

ヘアゴムやヘアブラシ、ウェアや下着を入れる袋、メイク落とし、スキンケア用品の5つは、体験レッスンの持ち物として必須ではありませんが、あると便利なものです。

髪が長い人は、髪をまとめておくとレッスン時に邪魔にならないので、ヨガに集中して取り組めます。ウェアや下着を入れる袋は、ホットヨガで大量に汗をかいたあとの服を直接バッグに入れなくて済みます。清潔に保てるのでおすすめ。

またホットヨガで汗をかくと、汗と一緒にメイクも落ちてしまうため、レッスン前に落としておきましょう。肌のデトックス効果も高まります。また発汗後は肌が乾燥しやすいのでスキンケア用品を使用して、しっかり保湿することが大切。

メイク落としや洗顔料、スキンケアグッズなどはパウダールームに完備してあるスタジオもあるので、通いたいスタジオのホームページで確認してみてください。

体験レッスン当日の流れ

実際にホットヨガを体験する前に、カウンセリングをおこなったり書類を記入するところも。時間に余裕を持って来店するようにしましょう。

30分前には到着しておこう

当日は、受けるレッスンの30分前には到着し、受付を済ませておきましょう。手続きや身支度、健康チェックなどのカウンセリングなどをおこなう場合もあるので、レッスンまでに時間がかかる場合が多いため、余裕を持っておくことが大事です。

また、時間ギリギリもしくは過ぎてしまうと、体験レッスンが受けられなくなってしまうこともあるので、注意が必要です。

ロッカールームで身支度

受付のときに、レンタルのマットやラグ・ロッカーの鍵を受け取り、ロッカールームでレッスンウェアに着替えます。

このとき、メイクは落としておくことがおすすめ。デトックスを目的とする場合、汗の出る邪魔をしないように、素肌に近い状態でたっぷり汗かいたほうが美肌効果が得られます。

メイクを落とさずにレッスンを受ける人も多いので、レッスン後に化粧を落として、化粧をし直すということでも問題ありません。パウダールームがあるスタジオも多いので、もあるのでレッスン後に出かける予定がある人でも安心。

スタジオの温度・雰囲気

室温36度前後、湿度60%前後と聞くと、ハードな環境だと思うかもしれませんが、スタジオ内はサウナのような息苦しい暑さではなく、じんわり暖かいと感じる人が多いので安心。

また、汗をたくさんかく環境のため、スタジオが衛生的に綺麗に保たれているか心配な人もいるはず。レッスン前後に、インストラクターの人が掃除してくれているので、ほとんどが綺麗で過ごしやすい室内です。

ホットヨガの体験レッスンはほとんどが女性。20代~40代の人が多く、また体験レッスンに参加する人は、基本的に初心者が多いので、ヨガが全然できなくても問題ありません。

また、ペアを組んだりするわけではないので、ポーズが上手くいかなくても、周りの人を気にする必要もなく、自分のできる範囲でポーズをおこなうことができます。

ヨガは、ポーズをしながら呼吸を整え自分と向き合う瞑想の時間。レッスン中は静かな雰囲気です。

レッスン内容

レッスン中はインストラクターの指導に合わせて、さまざまなポーズをとっていきます。鏡やインストラクターの姿を見ながら、ポーズ真似しましょう。またインストラクターは、ていねいにポーズの解説や効果を説明してくれるので、できるだけ耳を傾けることも大切。

正しいポーズが取れているか考えたり、効いている部分を感じながらレッスン受けるとより効果的です。体験レッスンを受け入れるプログラムでは、そこまで難易度の高いポーズもなく、スピードも緩やかなものが多いので、初めての人でも無理なくレッスンについていくことができます。

体験レッスン終了後は?

ホットヨガレッスン終了後は、シャワーで汗を流すのがおすすめ。リフレッシュして帰宅できます。また、入会は体験のあとにおこなえます。

シャワールームへ

多くのホットヨガスタジオの場合、レッスン中にかいた汗を流すために、レッスン後に浴びるためのシャワー室が用意されています。シャワーを浴びる人は多いのですが、ルールではないので、シャワーは自宅で浴びたい、ということでも問題ありません。

シャワールームには限りがあるので、スタジオをでるのが遅くなると待たなければいけないことも。帰宅が遅くなってしまうことを避けたい場合は、シャンプーやコンディショナーはせずに、汗を軽く流す程度がおすすめです。

カウンセリングを受けることも

シャワーを浴びて、スキンケアや身支度が終わったら、再度受付に行きます。レッスン後も、インストラクターの人とカウンセリングをおこなう場合があります。

教室にとって体験レッスンは、スタジオの雰囲気を味わってもらい、入会するか検討してもらう、という意図があります。そのため、体験レッスン後に感想や入会について聞かれる場合も。

正直に感想を伝えれば良いので、すぐに入会しなければいけないということはありません。入会については、しっかりと教室の雰囲気を見て自分に合っているか確かめてから、自分の意思で返答をするようにしましょう。

体験が受けられるおすすめのホットヨガスタジオ

リーズナブルな価格で、ホットヨガの体験レッスンを受講できるスタジオも多数。また、体験レッスンに参加すると入会金が安くなるなどの特典も。

ホットヨガスタジオLAVA

LAVAは、全20種類以上のホットヨガプログラムを用意しています。利用者は20代から50代までさまざま。

体験レッスンは、リーズナブルな価格で受けられます。WEB予約なら、24時間いつでも予約が可能LAVAの体験レッスンは、まずスタジオを探し、日時を決め、ホームページから予約をおこないます。

LAVAの体験レッスンは、初心者がほとんど。体が硬い、運動が苦手という人でも無理なくおこなえるレッスン内容になっているため、誰でも楽しめます。

シャワールームやパウダールームが完備されているため、汗を流すことができ、その後メイク直しも可能。帰りに入会もおこなえます。当日に入会することで入会金や登録金などがお得になるキャンペーンもおこなっています。楽しいと感じたら、入会してしまうのもおすすめ。

LAVAを予約(公式サイト)

カルド

カルドの体験レッスンは、LAVAと同様に店舗を探し、受けたいレッスンと日時を決め予約します。店舗によって異なりますが、シャワールームやパウダールームもあるため、汗を流してスッキリした状態で帰ることが可能です。

カルドでも、体験レッスン当日に入会することでお得に入会できるキャンペーンをおこなっています。

また、カルドの体験レッスンについて詳しく知りたい人は
ホットヨガのカルド体験レッスンについて:事前に調べてスムーズに!
をチェックしてみてください。

カルドを予約(公式サイト)

ビクラムヨガ

ホットヨガの元祖とも言われるビクラムヨガは、26種類のポーズと2種類の呼吸法をおこないます。世界共通で、ビクラムヨガといったら、このプログラム内容になります。

当日は、ビクラムヨガについての説明から始まり、その後レッスンを受けるため、詳しく知らない人でも安心して楽しめます。

ウェアが無料でレンタルできたり、水をプレゼントしてくれるという特典も。

ビクラムヨガを予約(公式サイト)

ヨガプラス

東京や大阪、横浜に19店舗展開するホットヨガスタジオ。ほとんどのスタジオで、常温ヨガをおこなうことも可能。また、グループレッスンとプライベートレッスンが選ぶことができます。グループレッスンに参加して友達の輪を広げたい人、落ち着いた空間でじっくりと運動したい人など、どんな人のニーズにも答えられるレッスンを受けられます。

ヨガプラスの体験レッスンは、体験を終えたあとに、インストラクターの人と30分間話すことができるので、今後ヨガをおこなううえで気になることがある場合は、このときに聞いておきましょう。

また、体験レッスンの日に入会すると、通常よりもお得に入会することができます。

zen placeを予約(公式サイト)

ホットヨガスタジオ・ラビエ

女性専用のホットヨガスタジオです。基本なヨガやリラックス効果のあるヨガはもちろん、骨盤矯正や女性の健康の為のウィメンズヨガなどさまざまなコースを取り揃えています。

そんなホットヨガスタジオラビエでは体験レッスンをおこなうことができます。体験レッスンは60分1,000円とリーズナブルな価格で、ウェアのレンタル料、そしてシャワーで使用するバスタオルの料金も含まれています。

体験レッスンのあとは、インストラクターによるカウンセリングがあります。ヨガのこと、教室のことでもなんでもわからないことは聞いておきましょう。

ホットヨガスタジオ・ラビエも、体験レッスンの当日に入会すると、入会金と事務手数料が無料になります。

  • 住所ラビエ錦糸町店)東京都墨田区江東橋4-25-7JU錦糸町ビル8階
  • アクセス錦糸町駅から徒歩約3分
  • 営業時間平日9:30~21:00土日祝8:30~19:00
  • 定休日不定休
  • 電話番号03-3631-4722
  • 持ち物・レンタル動きやすい服装・水・タオル
  • 公式HPホットヨガスタジオ ラビエ
  • 体験レッスンでよくある質問とは?

    体験当日の流れについてまとめてきましたが、いかがでしたか。

    最後に体験に関してよくある質問に答えていきます。ぜひ参考にしてみてください。

    ヨガのポーズは難しい?

    初心者向けのポーズは簡単なものが多いため、経験がなくてもできるものもあります。また、ポーズが完璧にできなくても、心配することはありません。自分のペースで取り組みましょう。

    難度の高いポーズのときは、インストラクターからも無理をしないように、と声をかけてもらえます。

    ホットヨガ初心者でも大丈夫?

    ホットヨガの体験レッスンは、8割以上が初めておこなうという人。サウナのような暑さとは異なるので、体を徐々にほぐしていくことができ、ゆったりした呼吸に合わせてポーズをおこなうので、初心者でも無理せずレッスンを受けることが可能です。

    生理中でも大丈夫?

    せっかく予約したのに、生理がきてしまったからレッスンをキャンセルするべきか、と心配になる人もいるはず。生理中のだるさや軽度の腹部の痛み、イライラなどは、ホットヨガをおこなうことで改善することができる場合があります。生理だからと諦めず、レッスンを受講しましょう。

    ただ、生理痛や頭痛、腹痛がひどいときは、無理をせずにレッスンをキャンセルしてください。

    また、生理のときはシャワールームでのエチケットが必要になってきます。みんなが使う場所なので、その日はシャワーをしないで体をシートやタオルなどで拭くだけで帰宅するのがおすすめ。

    途中で具合が悪くなったら?

    ホットヨガのような高温多湿の環境は呼吸が浅くなりやすいため、まずはゆっくりと深呼吸をしてみてください。また、無理をせずにそのままマットの上で休みましょう。

    教室から出て、クールダウンをするのも1つの方法ですが、顔を洗ったり首を冷やしたりして、急激に体温を下げてしまうと風邪を引く可能性があるので注意。