ジムでのプール、失敗しないための水着の選び方とは?

記事の著者:Siena編集部

ジムでおこなうプールトレーニング。水着に困る、という人も多いはず。運動用のものをわざわざ買うのは面倒だからと、遊びで使う水着でいいと思ってしまう人も多いはず。

きちんと目的に合った水着を着用することで、思いっきり運動することができるというメリットがあるため、プールでのトレーニングをおこなうときには、水着選びは重要です。競泳用水着やフィットネス用水着は、機能性に優れているものも多く、早く泳ぐために効果的な要素も。

海などで使用するような水着しか持っていない人は、ジムへ行くときはちゃんと水着を揃えるようにしましょう。水の抵抗に負けて、泳いだ後に疲れやすくなってしまうことも。トレーニング用の水着なら、その心配は無用。プールで存分に運動することができます。

定番は競泳水着かフィットネス水着

定番は、競泳水着かフィットネス水着。競泳水着は、泳ぐスピードをアップさせるため、水の抵抗をなくすデザインのものがほとんど。また、体にピタッとフィットする薄い生地が使われていて、ボディラインが出やすいのも特徴。近年、オリンピックで活躍するトップアスリートたちの影響もあり、下半身が膝の上まで隠れているハーフスーツデザインも人気。

ダイエットや筋トレ目的でしっかりと泳ぐトレーニングをおこなうなら、水の抵抗を感じることなく、集中して泳ぐことができる競泳水着が良いでしょう。

フィットネス水着は競泳水着と比べると、体への圧迫感が少ないのが特徴。フィット感が重視されているので、着心地が良いものが多く、生地も少し厚めで、ボディラインも競泳水着ほどはっきり出ることはありません。また、競泳用水着よりもデザインの種類が豊富。上下で水着が分かれているセパレートタイプは、着脱が簡単というメリットもあり、水中ウォーキングやアクアビクスといった、軽めのトレーニングにおすすめ。

また、色は、黒や紺などの暗色系が良いでしょう。暖色系の色は膨張して見える効果があるため、体型が気になる人は、明るい色は選ばない方が無難です。

スポーツジムのプールを利用する際には、水泳キャップも忘れずに。衛生上の理由から、ほとんどのジムで水泳キャップの着用が義務付けられています。水泳キャップはメッシュタイプとシリコンタイプの2種類があり、メッシュタイプの水泳キャップは通気性に優れていて頭がむれません。また、シリコンタイプは密閉性が高く、髪に水が触れないため、プールの水に含まれている塩素から髪を守ってくれるというメリットも。

ジムでのプールトレーニングにおすすめの水着

水着を選ぶ基準は、どのようなトレーニングをするかによって異なります。しっかりと泳ぐのか、ウォーキング程度の運動なのかで、選ぶべき水着も変わってきます。

ellesse(エレッセ) 美セパ

上下が分かれているセパレート型のフィットネス水着。脇にトップスとボトムスをとめるスナップボタンがついていて、トップスのめくれ上がりを防いでくれるので、激しいトレーニングの最中も水着が脱げてしまう心配がありません。

ハイウエストのボトムスには下腹部をすっきりと見せる効果も。

Speedo(スピード) FLEXΣ Wニースキン4

伸縮性が高く、撥水性が良い生地「FLEXΣ」を使用した水着です。泳ぎを妨げにくいデザインに加えて、スイングストラップが使われており、簡単に着脱することが可能。

胸部のフックには別売りの吊りカップをつけられるので、バストが大きめの方や型崩れが気になる方にもおすすめです。