ジム用バッグはどう選ぶべき?おすすめは、防水・耐久性に優れた「機能性バッグ」

記事の著者:Siena編集部

ジムを利用するときには、トレーニングウェアやシューズ、タオルなどが必要。それだけでなく、替えの靴下や下着も持ち込む必要があり、案外荷物の量が多くて困ったという人も。おすすめは、耐久性や防水性に優れたバッグ。

お出かけ用のバッグでは、荷物増えてしまうと重さに耐えられなくなってすぐに壊れてしまう可能性も。また、汗に濡れたウェアなどを入れるので、バッグににおいが写ってしまう可能性も。

ただ運動するだけだから、と油断せず、機能がしっかりとしているバッグを選ぶことで、ジムを利用する際のちょっとした手間を取り除くことができるかもしれません。

スポーツバッグは、目的別で選ぶのがおすすめ

各スポーツブランドがら発売されているスポーツ用のバッグは、耐久性や防水性に優れているだけでなく、軽くて持ち運びがラクなものからアウトドアや旅行にも使えるものまでさまざま。

使用する目的や用途、予算に合わせて、自分に最適なものを選びましょう

GABBIANOスポーツバッグ

ジムで気持ちよく運動をしたあとは、当然ながら汗だく。シューズも汗で濡れているので、普段よりくさい状態です。そのシューズを直接バッグに入れてしまうと、移ってしまう可能性が。また、次にジムを利用する際に、使用後のシューズが入っていたバッグに替え用の下着を入れることになるので、あまり良い気分でジムに通えなくなってしまうかもしれません。

GABBIANOのスポーツバッグは、シューズを分けて収納することができるので、シューズの臭いが衣類に移る心配がありません。耐荷重は5kgなので、シューズやウェア、タオルなどを入れることが可能。防水性もバッチリなので、雨の日でも気にすることなくジムへ通うことができます。

GABBIANOをチェックする

UNDER ARMOUR ミディアムダッフル

ダンベルなどの重いトレーニングアイテムを持ち運ぶのであれば、UNDER ARMOURのミディアムダッフルがおすすめです。生地が硬めでしっかりしています。荷物をつめて2~3日の旅行に出かけられるほどの収納力があり、大容量なのがポイント。

デザインや色も豊富なので、自分好みのバッグが見つけられるはず。

ミディアムダッフルをチェックする

Speedo(スピード) プールバッグ ウォータープルーフ Lサイズ

プールバックという名称どおり、スイミングアイテムを持ち運ぶのにピッタリの防水バッグです。6.3Lと大容量なのにも関わらず、バッグそのものの重さはたったの68gと超軽量。

S・M・L3つのサイズ展開があります。バスタオルを入れたいなら、Lサイズがおすすめ。

Speedoプールバッグをチェックする

ヴィクトリアシークレットボストンバック

ピンクと黒のボーダーが特徴的で可愛い、レディース用のジムバッグ。バッグ表面は、キャンバス生地にラメ加工がしてあり、可愛さを一層際立たせています。容量もウェアやタオル、シューズも入れられるため、機能性とおしゃれさを兼ね備えています。

おしゃれにジムに通いたい、人と被らないバッグが欲しい人におすすめ。

ヴィクトリアシークレットをチェックする

ザ・ノース・フェイス リュック BC FUSE BOX NM81630

ハードでクールなデザインが、男女問わずに人気を集めているザ・ノース・フェイス。リュック型のフィットネスバッグで、見た目どおり、摩擦や耐水などの強度に優れています。

アウトドア用として使うことも可能。ボックス型の形状で開口部が大きく開くため、アイテムの出し入れに手間取ることもありません。

ザ・ノース・フェイスをチェックする

コンバース ショルダーバッグ エナメルショルダー

アメリカの有名シューズブランドであるコンバースのエナメルバッグです。エナメルバッグは、学生を中心に人気を集めていると思われがちですが、最近はジムへ通う大人からも好評を得ています。

学生の部活用バッグとして使われていることからもわかるように、トレーニングウェアやアイテムを収納するスペースはじゅうぶんに確保されていて、防水性や耐久性も抜群。

コンバースショルダーバッグチェックする