効率的に痩せたいなら、ジムでの運動は時間を決めることが大事。

記事の著者:Siena編集部

近年、老若男女問わず人気が出てきたジム。最初は張り切って、長時間運動しようと意気込む人も多いはず。しかし、そのやり方では、運動の十分な効果を得られない可能性があるのです。

マシン特化型ジムの場合の理想滞在時間は、30分~1時間、総合スポーツジムの場合は、スパも入れて2~3時間が理想の滞在時間だと言われています。

効果的に体を鍛え、ダイエットをしていくためには、無酸素運動と有酸素運動をおこなうことが大事。また、それぞれに適切な時間があるため、やみくもに運動するのではなく、効率良く体を動かすことが重要になってきます。また、重視したいのは滞在時間ではなく運動強度。強度の高い運動をしてしっかり休むことで、運動の効果が十分に発揮されるのです。

無酸素運動と有酸素運動、組み合わせが重要

理想的なトレーニングの順序と時間配分は、ストレッチ(5分)→無酸素運動(筋トレ)(20分)→有酸素運動(ウォーキング・ジョギング・エアロバイク)(30分)→ストレッチ(5分)です。有酸素運動は、20分を越えると脂肪燃焼効率がアップすると言われているので、20〜30分おこなうのがおすすめ。無酸素運動の後に有酸素運動をおこなうことで、ダイエット効果を得られると言われています。

無酸素運動は、主に筋トレのこと。体内の脂肪や糖質をエネルギー源として、瞬発的に身体を動かす運動を指します。無酸素運動をおこなうと、成長ホルモンが分泌され、成人の場合は、筋肉や骨などを強化すると言われています。筋トレで筋肉量を増やし、代謝を上げることで、太りにくい体を目指すことが可能。しかし、無酸素運動ばかりしていても、しっかり休養を取らなければ、筋肉が破壊されるだけになってしまうのです。

有酸素運動は、ウォーキングやジョギング、エアロバイクのこと。長い間、持続的に身体を動かすような運動のことを指します。有酸素運動をおこなうことで、減量のために必要なエネルギー消費が可能に。ダイエットにつながっていきます。

また、トレーニングでのケガなどを防ぐために、身体の柔軟体操は重要。運動の前後には、必ず取り入れるようにしましょう。

運動は空腹時に

運動の効果を最大限に得ることができる、ジムに行くべき時間帯は、朝食前と夕食前。つまり、空腹の時間帯です。

通常、朝食でエネルギー補給をしてから運動する人が多いはず。糖質が身体に全くない状態の朝食前に運動することで、脂肪をエネルギーに変えて消費するようになるため、効率的にダイエットすることが可能。朝食を食べないと運動する力が湧いてこないという人は、軽いウォーキングだけでも十分な効果を期待できるだけでなく、いつもよりすっきりとした1日が過ごせるかもしれません。

夕食前では、空腹状態にありながら、朝よりも脳も体も起きているため、強度の高い運動が可能に。無酸素運動と有酸素運動の組み合わせで運動するときには、夕食前におこなうのがおすすめ。また、夕方の時間の運動は成長ホルモンを分泌するのに効果的と言われているので、筋肉量をアップさせたい人や運動効率をあげたい人は、夕方におこなうと良いでしょう。