キックボクシングが女性に人気の理由。ジムの選び方も紹介

記事の著者:Siena編集部

数年前から有名モデルたちがSNSに投稿したのをきっかけに、女性の間で人気になったキックボクシング。格闘技のイメージが強いですが、身体の引き締めやダイエット効果があると言われています。

キックボクシングとは、ボクシングの殴り合う動作に加え、蹴る動作も含んだものです。そのため、ボクシングよりも激しいイメージを持っている人もいるのでは。キックボクシングの魅力は、手足を使う全身運動で単純な動作でないために飽きがこないところ。かなりの運動量のため、運動不足解消、ストレス発散、ダイエット効果が期待できるのも魅力的です。

筋肉をつけすぎずにボディシェイプが叶う

マシンを使うトレーニングと違い、殴る蹴るの動作がストレス発散に役立つ点が人気の秘密。また、キックはスパークリングなどの相手が必要なので、仲間ができて楽しみながらできることから、人気が加速しています。筋肉をつけすぎることなく体を引き締められる点やダイエット効果が魅力的です。

キックボクシングによる消費カロリーは、30才の女性が45分間おこなった場合394キロカロリー。ジョギング45分間(160m/分)は294キロカロリーなので、100キロカロリーも多く消費できます。

従来のキックボクシングスタジオに対して、臭い、汚い、怖いといったイメージを持っており、興味はあるけれどなかなか通いづらいという人も多いのでは。女性が通いやすいキックボクシングジムとは、どんなジムでしょうか。

女性におすすめのキックボクシングができるジム

シェイプアップやダイエットが目的の女性には、格闘技に打ち込む昔ながらのストイックなジムではなく、清潔感があって明るいジムがおすすめ。ずっと通いたいと思える環境かどうかを重視すると良いです。最近ではフィットネスジムでキックボクシングを取り入れているところも多いため、そこに加入するのも1つの手。

また、汗をかくエクササイズのため、シャワールームが完備されているジムの方が便利。駅チカで通いやすいジムが増えているため、忙しい人でも継続しやすい点は嬉しいポイントです。ジムに入会する場合の費用は、大体月額1万円~が相場。入会時に、別途入会金、スポーツ保険などの費用がかかります。

キックボクシングを始めるのに必要なグッズ

まずはグローブとシューズ、ウェアが必要になります。体験レッスンをする場合は、グローブなどをレンタルできるところも。しかし、汗をかくエクササイズのため、衛生面でレンタルはあまりおすすめできません。シューズやウェアは、専用のものでなくても大丈夫。本格的に始めたい場合は、キックボクシング専用のシューズは機能性に優れていてケガもしにくいので購入するもおすすめ。

初心者はまず、体験レッスンに行って自分に合っているかどうか判断するのがおすすめ。入会前の見極めが大切です。継続するためには楽しいだけでなく、通いやすさ、手軽さも伴っていないと難しいので、ジム選びはポイントを踏まえて慎重に行いましょう。