ホットヨガに最適な服装とは?機能性を重視したウェアが最適。

記事の著者:Siena編集部

近年話題のホットヨガですが、レッスンの際にどんな服装をすれば良いのか迷う人も多いはず。ヨガウェアなどもさまざまなブランドから発売されていますが、見た目を重視するべきなのか、機能性を重視するべきなのか、といった悩みも。

ポイントは、汗をかく点。それをカバーできる服装を選ぶことが大切になってきます。服装選びの基本を知っておくと、ホットヨガをより楽しめるようになるかもしれません。

ホットヨガに適した服装とは?

ホットヨガのレッスンでは、想像以上に汗をかくもの。服装において気をつけることは、動きやすことはもちろん、汗をかいても大丈夫なものを選ぶことが大切になってきます。

通気性、速乾性のある素材がベスト

かいた汗を不快に感じないよう、通気性と速乾性を重視した素材の服装を選びましょう。ポリエステルやレーヨンなどの素材で作られたものがおすすめ。また、綿も通気性に優れています。

反対に、ジャージ素材のものは通気性が低く、保温効果が高いため、ホットヨガのような汗を大量にかく運動の際にはあまりおすすめできません。

伸縮性のあるもので、ポーズが楽に

ヨガのポーズをリラックスしておこなうためには、締め付けの少ない伸縮性の高い服を選ぶことがポイント。また、ホットヨガの特徴である高い代謝アップ効果は、締め付けのある服だと発揮されにくくなってしまうため、なるべくゆとりのあるものを選びましょう。

また下着も、スポーツ用のものを選ぶのがおすすめ。窮屈に感じることなくポーズが取れます。また、カップ付きのインナーも、ポーズのときにストレスを感じにくく最適。

ホットヨガに適していない服装とは?

動きやすい服装といっても、あまりにも余白の多いダボっとした服装は適していません。ヨガのポーズをおこなう際に邪魔になってしまうことがあります。

締め付けのある服装は、血流を妨げてしまうことにつながるため、あまりおすすめできません。血行が促されにくくなると、発汗がじゅうぶんにおこなわれず、体調を崩してしまうことがあります。また、デトックスされにくくなり、老廃物の排出がうまくいかなくなることも。

気をつけるべきなのが、下着。ヨガはもちろん、ホットヨガも呼吸が大切で、通常のヨガよりも呼吸がしづらいホットヨガでは、きついインナーやアンダーバストを締め付けるようなものはあまり適していません。

ヨガスタジオでは、レンタルをおこなっているところも

素材や機能性と言われても、なかなかどういう服装を選べば良いか悩む人もいるはず。ヨガスタジオによっては、ウェアをレンタルできるところもあるため、決められない人は、そういったスタジオに通ってしまうのもおすすめです。

ホットヨガに最適な素材で作られた、ホットヨガに適したウェアになっているので、服装選びに悩む必要がなくなります。

大手のホットヨガスタジオでは、ほとんどがウェアのレンタルをおこなっているため、大手スタジオを選ぶと良いかもしれません。おすすめのスタジオは2つあり、まず1つめが大手のヨガスタジオLAVA。CMや駅などで1度は目にしたことがある人も多いはず。

LAVAでは、ウェアのほかにタオルやヨガマットなどもレンタル可能です。

LAVAを予約(公式サイト)

もう1つは、こちらも大手のホットヨガスタジオカルド。カルドもウェアだけでなく、タオルやマットがレンタル可能です。

カルドを予約(公式サイト)