産後にホットヨガをするメリットとは?骨盤矯正や産後太り対策に効果あり。

記事の著者:Siena編集部

近年話題のホットヨガは、出産を終えたママにとっても嬉しい効果がたくさん。常温でおこなうものに比べて、シェイプアップやダイエットといった効果が高いため、産後太りに悩むママに人気です。ホットヨガのなにが、産後のママにとってメリットになるのでしょうか?また、始められる時期なども合わせて知っておきましょう。

また、妊娠中のヨガは、マタニティヨガがおすすめ。負担をあまり感じず、妊娠中の悩みを解消できます。

ホットヨガの効果

ホットヨガは、体に起こるさまざまな悩みや不調を改善していくことが期待できる運動。常温でおこなうヨガよりも、高温多湿の環境でおこなうことで、代謝がアップし汗をかきやすくなります。血流が良くなることで冷えに効果があり、また痩せやすい体へと変化させていくことが可能に。

またヨガのポーズは、徐々に筋肉をつけ骨格のゆがみを整えていく効果もあるため、気になるゆがみも改善していくことが期待できます。

産後にホットヨガをするメリットとは?

ホットヨガが産後に効果的な理由を詳しく見ていきましょう。産後に多い、骨盤のゆがみや冷え、また産後太りといった悩みや不調を改善していくことができます。

産後ダイエット効果

ダイエット効果の高いホットヨガは、妊娠中に太ってしまった体系を戻すための産後のダイエットに効果的です。

妊娠すると、ほとんどの女性は太ります。赤ちゃんが生まれてすぐに元の体重に戻る人もいますが、多くの場合、なかなか体重が減っていかないもの。産後ダイエットに励む女性は多くいます。

高温多湿でおこなうホットヨガの代謝アップ、また筋肉をつけながらシェイプアップしていくことで、太りにくく痩せやすい体を作っていくことが可能。汗をたくさんかくことでデトックス作用もあり、むくみなどが解消されるため、効果的なダイエットが可能です。

骨盤のゆがみを整える

長い妊娠期間、そして出産によって開いてしまった骨盤は、なかなか元に戻らないもの。骨盤が開いたままだと太りやすくなるだけでなく、スタイルが悪く見えてしまったり、下腹がぽっこりしてきてしまいます。

ヨガのポーズは、正しい姿勢でおこなうため、ゆがんだ骨格を徐々に戻していく効果が期待できます。左右対称におこなうポーズも、骨盤矯正のサポートをします。

また、ホットヨガの環境は筋肉の柔軟性を高められ、適度な刺激を与えられます。筋肉を鍛えながら骨格を整えることで、姿勢を保つことができるようになり、ゆがみを徐々に改善していくことが目指せるのです。

肩こり腰痛改善

赤ちゃんを長時間抱っこしたりあやしたりしていると、妊娠中よりも肩こりや腰痛が辛くなってくるもの。

首・肩・腰などのこりの原因は、血行不良や姿勢のゆがみ、ストレスや疲労といったものもあげられますが、ホットヨガでそんな原因を全て取り除くことができます。

スタジオによっては原因に応じてさまざまなクラスが設定されているので、自分の改善したい内容に合ったレッスンを探してみるのもおすすめ。

産後のホットヨガ再開はいつから?

産後にホットヨガを始める目安は、6ヶ月頃です。産後は体力が低下している状態。妊娠前と同じ体力になるためには、出産後1〜2ヶ月程度かかるもの。また、ホットヨガの環境に対応できるようになるまで十分に体力が回復するには、6ヶ月ほどかかります。

また、生後2~4ヶ月の赤ちゃんの首が座り始め、お母さんも赤ちゃんとの生活に慣れてきたくらいの頃もおすすめ。

それ以上早い時期に始めてしまうと、危険が多いので、出産直後のホットヨガは避けるようにしましょう。

母乳で育児をする人は注意

しかし、母乳で育児をしている人は、ホットヨガが適さない場合もあるため注意。血行が良くなると胸が張ってしまい、痛みを感じてしまうことも。体の状態を見て、短時間で週に1回から、といったように工夫しながら、少しずつ始めることが大事です。

ホットヨガに通ってみよう

ゆっくりとした動きで、産後の悩みを解消できるホットヨガを実際に試してみたい人は、大手のホットヨガスタジオがおこなっている体験レッスンをまず受講してみるのがおすすめ。

スタジオやホットヨガの雰囲気を知れるのはもちろん、自分の体がどのような状態かの把握もできるので、きつかったら始めるのを遅らせることも可能ですし、問題なければそのまま入会することもできます。

大手のホットヨガスタジオLAVAでは、産後ダイエットや肩こり、腰痛の解消につながる骨盤矯正ヨガといった、悩みを解決してくれるプログラムが用意されています。レンタル品も充実してい流のがポイント。初心者でも始めやすい内容でレッスンをおこなっています。

LAVAを予約(公式サイト)