治らない肩こりに悩む人は注意!実は内臓の病気が原因かも?

記事の著者:shintaro kawai

肩こりの症状が出た場合、みなさんはどうしていますか?きっと多くの方がマッサージやストレッチをしたり、整体に行ったり、グッズを使ったりなどさまざまな方法で肩こりを解消していると思います。

しかしいくらやってもなかなか肩こりが治らない…といったことはありませんか?実はそのような時、間違った治し方による悪化が原因となっている場合があるのです。

そこで今回は肩こりが治らない原因についてみていきましょう。どういった理由で肩こりが治らないのでしょうか。

また、肩こりにはホットヨガがおすすめです。大手ホットヨガスタジオのカルドなら全国に店舗があるので、きっと通いやすい場所にあるはずです。

肩こり改善のためにホットヨガスタジオに行ってみましょう。

カルドを予約(公式サイト)

肩こりが悪化する原因

肩が凝ると人は、マッサージをしたり湿布を貼ったりなどして肩こりを解消しようと努力します。しかし、いくら解消しようとしても肩こりがなかなかよくならないといった場合もあります。

実は肩こりを解消しようとしても、それが逆効果になってしまっている場合があるようです。

間違った猫背の直し方は危険

姿勢が悪い、とくに猫背の人は肩が凝りやすいといわれています。そのため猫背の人は猫背にならないように正しい姿勢をキープしようと努力します。

猫背の人は確かに肩が凝りやすいです。しかし無理して正しい姿勢を取ろうとして逆に肩こりが悪化してしまうというケースもあるようです。

正しい姿勢とは背筋はまっすぐ胸を張り顎は引いて…といった姿勢です。正しい姿勢を取ろうとすると体のどこかに必ず力が入ります。しかし、力が入り過ぎてしまうと逆に肩に負担がかかってしまい、肩こりがひどくなるといった場合があるようです。

姿勢を正そうとすることはいいことです。しかし無理して力を入れ姿勢を正そうとしては逆効果となってしまいます。そのため無理のない程度に姿勢を正していくといいでしょう。

肩こり解消には呼吸が重要です。たくさん酸素を取り込むことで血液が循環します。血液が循環することで肩こりは解消されるのです。

しかし力が入り過ぎるとゆっくりとした呼吸は難しくなります。正しい姿勢を意識する時は、姿勢も大切ですが深呼吸がしっかりできているかどうかも意識する必要があります。

プロに施術してもらいましょう

肩が痛いからと肩こりをほぐすグッズなどを用意し肩こりを解消しようとしている人は多いでしょう。しかし肩こり解消のツボを押すことは素人では難しいです。

そのため肩こりを解消させようとしても、実はまったく肩こり解消できていないといったことが多いのです。

ツボ押しなどは素人では難しく逆に悪化させてしまう可能性が高いので、整体などに行きプロに施術してもらうことをおすすめします。

内臓の病気の可能性

肩がずっと痛く、湿布を貼ったりストレッチをしたりしてもなかなかよくならないといった場合、もしかすると内臓の病気である可能性があります。

肩こりは肩回りの筋肉が関係しています。筋肉と内臓は関係ないと思われる方が多いかもしれません。しかし実は、内臓の疲労が強いと肩の筋肉が反射的に固くなり肩こりになるといわれているのです。

ストレスや睡眠不足、栄養の偏りなどが原因となり内臓が疲れてしまいます。内臓の疲れは日々蓄積されていくのです。

そうなると体が内臓を守ろうとします。守ろうとすると体は固くなり、体が固くなることで肩が凝ってしまいます。

病気かどうかの見極め方

・姿勢を変えても常に肩が痛いという場合
・首を動かした時に激痛を感じる場合
・微熱が続いたり高熱が出たり全身の関節がだるく感じる場合
・頻繁にめまいがする場合

このような症状が起きた場合、病気が原因による肩こりかもしれません。

病気による肩こりの場合、どんなにストレッチや揉んだりしてもよくなりません。病気の原因を知り病気の治療を行うことが必要です。