肩こりに悩む人必見!簡単ストレッチで肩こり解消

記事の著者:shintaro kawai

できるなら肩こりは解消したいものです。でも、原因も解消法もわからずに悩んでいるという方も多いでしょう。

肩こりを治すためには、まずは肩がこる原因を知っておくことが大切です。原因がわかれば、一時的ではなく効果が長く続く解消法がわかります。

今回は、肩こりになりやすい原因や簡単にできる肩こりの解消方法を紹介するので、肩こりに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

また、あまりに肩こりがひどい人は、整体院に行くのがおすすめです。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)

肩こりの主な原因

デスクワークからくる肩こり

最近の肩こりの原因として多いのは、長時間のパソコンやスマホの使用です。

目の疲れ、そして指先や手首が固まっていることも肩こりの原因になります。パソコンやスマホを使っている時は体を動かさず、ずっと同じ姿勢でという方は多いのではないでしょうか。

また、前かがみになることで首の疲れ背中の疲れになり肩がこります。

ストレスからくる肩こり

ストレスも肩こりの原因として多いです。ストレスが続くと体が緊張状態になります。緊張状態が長く続くことで、交感神経が興奮状態になり、血液の循環が悪くなって肩がこります。

現代社会には、ストレスを抱えている人が多くいますが、そのストレスが原因で肩がこる人は多いです。その他の理由として、高さが合わない枕を使っていることや、寒さによる肩こりなども挙げられます。

病気の可能性も

肩こりと一言でいっても、凝り方や痛み方はそれぞれです。もし急に肩がひどく痛み出したら病気の可能性もあるので医療機関を受診するようにしましょう。

肩こりの場合、どこの病院を受診するか迷うかもしれません。一般的には整形外科に行く方が多いです。しかし、肩こりもありめまいや頭痛、そしてふらつきなどの他の症状があれば内科の受診も必要かもしれません。

たかが肩こりで病院なんてと思うかもしれませんが、肩こりがあまりにもひどい場合は病気の可能性もあります。夜眠れない、頭痛や吐き気などの症状があるときは病院に行くようにしてください。

これらの他にも、日常生活を送るのが厳しいくらい肩の痛みが出た時は、すぐに医療機関を受診してください。

肩こりの治し方

生活習慣を見直して肩こりを解消

肩こりを解消するためには、生活習慣の改善やストレッチが重要。まず普段の姿勢を見直してみましょう。肩こりに悩んでいる人の多くは猫背になっている人が多いです。

なのでまず普段の姿勢から見直すようにしましょう。立っている時、座っている時に姿勢を正すようにするだけでも変わってきます。パソコンなどデスクワークをしている時も姿勢に注意してください。

デスクワークの人は、合間合間に腕を回す、首を回すなど、軽いストレッチを行うようにしましょう。体が固まらないようにすることも大切です。

食事の改善が肩こりに効果的

そして生活習慣といえば、大切なのは食生活です。消化の悪いお菓子やジャンクフード、お肉や揚げ物などばかり食べず、逆に消化に良い食べ物は、ごはんやうどん、大豆を食べるようにしましょう。

また肩こりに効果があると言われている食べ物もあります。肩こりには、コラーゲンの多い食品や、カルシウムの多い食品、クエン酸の多い食品などが良いとされています。

定期的な運動は肩こりの解消におすすめ

また運動不足でも肩こりになりやすいので、デスクワークのが多い方は肩こりになりやすいです。合間合間にストレッチをすることも大切ですが、普段からできるだけ階段を使うようにする、歩くようにするなど、運動するように心掛けましょう。

肩こりのツボをマッサージする

肩こりの解消には、ツボを刺激することも効果的。

首や肩のハリで悩んでいる方には、肩井と呼ばれるものです。これは、下を向いたときに出っ張る首の付根の骨と肩の骨のちょうど中間にあります。

頭痛がひどい方は風池と呼ばれる、うなじの2〜3センチ上部にあるツボを刺激すると良いでしょう。

ヨガに通ってみる

肩こりの原因には、姿勢の悪さやそれによる血流の悪化などもあげられます。

それを解消する方法としては、ヨガがおすすめです。姿勢の悪さや体の歪みを解消することができ、全身の血流も促進することができます。

それぞれの悩みに合わせたプログラムを選ぶことができる、全国に店舗多数のホットヨガスタジオLAVAがおすすめです。

体験レッスンもおこなっているので、ぜひホットヨガに挑戦してみてください。

LAVAを予約(公式サイト)

肩こり解消のための簡単ストレッチ

生活習慣を見直すのと同時にストレッチも大切。ストレッチをすることで血行がよくなり、また固まった体をほぐすこともできます。ここでは簡単にできるストレッチを紹介していきます。

鎖骨ストレッチ

まずは鎖骨を指でもみほぐし、そして首を右左前後ろに動かします。そして肩甲骨を意識して体を横にひねっていきます。

その後体を手と一緒に横に倒し、肩甲骨を意識し肩甲骨が浮くように腕を上にあげてひねっていきます。最後に腕と肩を大きく回していきます。この一連の動きを行うことで肩こりは解消されるでしょう。

次に紹介するのはネットで話題になっているタオルを使った肩こり解消方法です。

タオルを使ったストレッチ

まずフェイスタオルを用意し、それを小さく畳んで床に置き、置いたタオルの上に片方の肩が乗るようにして仰向けになります。

タオルをしいていない方の手を、タオルをしいた肩にのせ、タオルをしいた方の手は頭の上に伸ばし、そのまま10秒~20秒間キープ。

すると肩が温まってくるのが分かります。終わったら次は同じように反対の肩も。とっても簡単なので、寝る前に毎日やってみてください。

肩こりを治すために気をつけるべきポイント

肩こりは日常の習慣によるものが多いので、その習慣を改善していく努力と意識が必要です。

頑張ろうと張り切っても、続けるのはなかなか大変ですが、癖になるまで努力すれば後が楽になるので早速実践してみましょう。

まずは寝具から

今は新素材の開発で飛躍的に寝具の質が上がっているので、これを活用しない手はありません。

まず初めに枕から変えるのがおすすめ。寝具一式の買い替えは大変ですが、枕ひとつなら手軽です。また自分に合う枕が見つかれば、これだけでもかなり肩こりが楽になります。

枕を買って寝るだけなのでお手軽で、これがおすすめなのは朝起きて肩が重い人。寝起きに肩の状態が悪い人は、寝姿勢に問題があるかもしれません。

お風呂タイムのちょっとしたコツ

お風呂の入り方の工夫で肩をほぐすこともできます。

少し熱いと感じるくらいのお風呂に、首までつかる全身浴を5分から10分するだけ。健康のためのお風呂は半身浴を長くするのが定番のイメージですが、肩こりには短時間の全身浴が向いています。

肩周りの筋肉が温まり、ほぐれがよくなるのでおすすめです。

普段の姿勢に気をつける

姿勢に気を付けることは、肩こりを治すのに必須ですが、毎日意識しようとするとハードルが高いです。姿勢を直すには座っているとき、立っているときそれぞれ問題がないか見直してみましょう。

座っている時間が長いのであれば、椅子に敷くクッションを使うのもおすすめです。骨盤を支えてくれて、長時間座っていても疲れにくいクッションは雑貨屋などでも手に入ります。

立っていることが多い人は靴を見直すという方法も。

腹筋と背筋を鍛える

肩の筋肉に疲れが集中している状態は、腹筋と背筋の筋力低下のサインでもあります。上半身を支える筋肉が衰えて、肩まわに疲労が溜まっている状態の表れです。

ですがしっかりと鍛える必要はなく、腹筋や背筋がちょっと疲れるくらいの筋トレをすれば大丈夫。

筋肉は使わないと活動をサボってしまう性質があるので、刺激を与えて筋肉本来の力を呼び起こしましょう。

まとめ

このように肩こりを解消する方法はたくさんあります。病気の場合には効果はありませんが、生活習慣が原因の場合は、ストレッチで解消されることが多いので、ぜひ実践してみましょう。

またこれらのストレッチと合わせて、整体院に通うこともおすすめです。

カラダファクトリーでは、A.P.バランスという整体によって、ストレッチではなかなか改善が難しい、骨盤や骨格からの改善をしてもらえます。

定期的に整体に通って良い姿勢になってからもストレッチを続ければ、肩こりの悩みは改善することができるので、ぜひチェックしてみてください。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)