ぽっこりお腹を解消する10の方法。原因は筋力低下と皮下脂肪。

記事の著者:Siena編集部

ぽっこりお腹には、ただの食べ過ぎだけではなく2つの原因があります。1つ目の原因は筋力の低下です。お腹周りに筋肉がないと、内臓をうまく支えることができず、お腹がぽっこりしてしまうことに。

2つ目の原因は、とくに女性につきやすい皮下脂肪。エネルギーに対してカロリーを多くとってしまった場合につく脂肪で、日々少しずつ蓄積していきます。甘いものばかり食べている人は要注意で、この皮下脂肪はなかなか落ちません。

ぽっこりお腹解消におすすめの筋トレ6選

筋トレはぽっこりお腹の1つ目の原因である筋力低下を防ぐために最適です。

そしておなかの筋力アップには腹横筋を鍛えることが効果的。

ヒップリフト

まず仰向けになり、ひざを立て、そのままお尻を持ち上げていきます。お尻を浮かしている時間を長めにすると、より効果的です。10秒ほどキープしたらゆっくりおろしていきます。

この筋トレは簡単なので、夜寝る前などに数回おこないましょう。またヒップリフトに慣れてきたら、片方の足を上げてみるのもおすすめ。負荷がかかるため、効果が上がります。

とくに効果の高いプランク

床にうつ伏せに寝転がり、ひじで体を支えるように上半身を持ち上げます。腰が下がらないように意識し、まっすぐな姿勢をキープしましょう。

体幹トレーニングで有名なプランクは、ぽっこりお腹の解消に効果的。脂肪燃焼を促す効果もあるため、ダイエットにも最適です。

腹筋の下部を鍛えるレッグレイズ

仰向けに寝転がり、息を吐きながら両足を床と直角になるまで上げていきます。息を吐きながら、ゆっくりと足を下ろしてください。

ポイントは、鍛えている筋肉を意識しながらゆっくりとおこなうこと。ひざをしっかり伸ばしておこなうことが望ましいですが、はじめは少し曲げても構いません。1日10回を目安におこなっていきましょう。

腹筋全体を鍛えるならクランチ

仰向けに寝転がり、ひざを立てます。手は頭を抱えるようにし、背中を丸めながら上体を起こしてください。限界まで起き上がったら、ゆっくり元の状態に戻ります。

息を吐きながら上げ、吸いながらゆっくりと下がるのを意識しましょう。

脊柱起立筋を鍛えるならバックエクステンション

うつ伏せに寝転がり、そのまま足と頭を上げていきます。

腹筋の反対側にある脊柱起立筋というものを鍛えるトレーニングです。腹筋と脊柱起立筋を同じだけ鍛えることで、よい姿勢を保つことができ、ぽっこりお腹を解消できます。

負荷をかけたい人はブリッジ

仰向けに寝転がった状態から腰を上げブリッジの体勢を作り、少しキープしたらゆっくりと腰を下ろし元に戻ります。繰り返しおこなっていくとより効果が得られます。

皮下脂肪には有酸素運動

2つ目の原因である皮下脂肪には有酸素運動が効果的。水泳やジョギング、ランニング、サイクリングなどの酸素を使って筋肉を動かす運動のことです。

皮下脂肪はなかなか落ちない脂肪として知られていますが、この有酸素運動を継続することで、落とすことが可能。

食事によるダイエット

食生活を見直すのが1番。まず、間食はなるべく避けましょう。朝食は、海藻類の味噌汁や納豆、ごはん、卵とバランスよくとるのが秘訣です。食物繊維といっても、生野菜ではなく、海藻類がおすすめです。

1日に常温のお水を2リットル飲む

少しずつで良いので、1日に2ℓのお水を飲むようにすると、老廃物が流れやすくなります。また、便秘も解消されます。冷たい水は、体を冷やすので、常温のお水がおすすめ。

夕食は就寝の3時間前が理想的

修身の3時間前に食事をとるのは難しいですが、食べてすぐ寝ることはなるべく避けましょう。消化しないうちに寝てしまうと、食べたものが吸収されやすくなってしまうだけでなく、胃腸の働きが活発なままなので、熟睡することができなくなってしまいます。

美容ドリンクに置きかえダイエット

酵素ドリンクに1食置きかえするのもおすすめです。キレイに痩せられるのと、便秘解消など、腸内環境を整えてくれます。1食置きかえが難しければ、夕食を減らして、食前に酵素ドリンクを適量飲みましょう。

酵素ドリンクに期待できる10の効果

人気の酵素ドリンク「酵素女神600」の効果をピックアップしました。600はサロン専売のため、ネットでの販売はしておりませんが、エステサロンなどで、取り扱い販売しています。

1.脂肪燃焼
2.脂肪分解
3.吸収阻害
4.満腹増幅
5.デトックス
6.便通改善
7.血行促進
8.代謝向上
9.美肌再生
10.健康増進

インナービューティーを目指すことができ、無理なく綺麗にダイエットできると言われています。

補正下着でスッキリ

はくだけで補正しながら痩せられるハイウエストのガードルがおすすめです。しっかり引き締めながら補正してくれ、姿勢も良くなります。またガードルで締め付けているので、食べ過ぎも防止可能。

お腹引き締めもみほぐし

入浴後、もみほぐしのマッサージで、老廃物をデトックスしましょう。セルライト燃焼の効果があると人気のキャビテーションを使ってみることもおすすめ。最近では自宅用も販売されており、傷みなく、セルライトを熱でとかします。

全身使えるものなのでおすすめですが、自宅用の美容器具としては、少し高価。20万前後で販売しています。ただ、エステサロンでは高価な施術代を支払うことになるので、比較すると自宅用のほうがお得かもしれません。

インナーマッスルを鍛える美容器具

楽にインナーマッスルを鍛える美容器具があります。鍛えたい部分に張り付けて、スイッチを入れるだけで、低周波でインナーマッスルを鍛えることが可能。こちらも3~10万程度しますが、横になってできるので、とても簡単です。

トレーニングがきついと感じた人にはヨガがおすすめ

紹介したトレーニング方法は少しきついなと感じた人は、ヨガで体を動かしてみることから始めるのも効果的。

ホットヨガスタジオLAVAは、体験者数100万人以上の実績を持ち、全国250店舗以上を展開しており、インストラクターのレベルが高いことでも有名。

LAVAを予約(公式サイト)