ヒップアップに効果的なスクワット:やり方や効果を徹底解説

記事の著者:shintaro kawai

きゅっと上に上がったお尻は女性みんなの憧れですよね。しかしお尻は加齢とともに垂れてきてしまうのです。

今回はヒップアップに効果があるとされるスクワットの方法を紹介していきます。お尻を鍛えて、いつまでもハリのある綺麗なお尻でいたいという方必見です。

女性らしいお尻のための筋トレ:カンタンで即効性抜群の筋トレを紹介ではスクワット以外のヒップアップに効果的な筋トレを紹介しているのでチェックしてください。

また、美尻を目指す方にはリボーンマイセルフ(旧シェイプス)がおすすめです。リボーンマイセルフには部分痩せコースがその中の小尻コースはヒップアップに特化したコースです。

気になる方は是非チェックしてみてください。

リボーンマイセルフを予約(公式サイト)

スクワットの効果

スクワットは筋トレの中で最も多くのカロリーを消費するといわれています。なんとスクワットを10回行った時の消費カロリーと腹筋を100回行った時の消費カロリーが同じだというのです。

スクワットはダイエット効果があるだけでなく、ヒップアップにも高い効果を発揮することが分かっています。

お尻が垂れてしまうのは筋肉不足が原因であり、スクワットはお尻にある筋肉も鍛えることができるので、ヒップアップに効果があるというわけです。

道具が不要で、家でも簡単に出来る点もスクワットの魅力のひとつです。

ヒプアップに効果的なスクワットのやり方

スクワットはヒップアップに効果的なのですが、やり方に注意しないと期待した効果を得ることができません。以下ではヒップアップ効果を高めるためのスクワットのやり方を説明します。

重心をかかとに置く

スクワットをする際、重心の位置を意識することはとても重要です。体重をかかとにかけ、椅子に座るような感覚でスクワットを行うとヒップアップ効果が増します。

このフォームはお尻の筋肉に負荷をかけるだけでなく、ももの裏の筋肉を鍛えたり、膝の負担を軽減する効果もあります。

スクワットのヒップアップ効果をより高めるためにはかかとに重心を置くようにしましょう。、

一時停止をしてみる

通常のスクワットは上下運動を繰り返すだけですが、腰をおろした状態を15秒ほどキープスすると下半身の筋肉により負荷をかけることができます。

可能な方は15秒以上キープするとさらにヒップアップの効果が高まるので、ぜひ試してみてください。

ジャンプを組み込む

スクワットで状態を起こす際にジャンプすると、お尻の筋肉を鍛える上に、お尻以外の下半身の筋肉にも負荷をかけることができます。

コツとしては母子球に力をいれてジャンプすることで、これによりバランス感覚も鍛えることができます。

ジャンプすること普通のスクワットによるヒップアップ効果が停滞してきた際に非常に有効です。

様々なスクワットを行う

実は、スクワットにも様々なスタイルのものがあり、それぞれのスクワットによって、負荷がかかる筋肉も異なってきます。

また、筋肉のバランスや骨格に個人差があるので最も効果的なスクワットも人によって異なります。色々なスクワットを試して自分にあったスクワットを探してみましょう。

ヒップアップ効果が高いスクワット

様々な種類のスクワットがあると説明しましたが、実際にどんなものがあるかよくわかりませんよね。

そこで、ヒップアップに効果的なスクワットをいくつか紹介します。

相撲スクワット

相撲スクワットとは、日本の国技である相撲のポーズを取り入れたスクワットです。相撲では大きく足を開き四股を踏みます。この四股をスクワットとして取り入れているのです。

まず足を肩幅に開き、手はだらんと降ろして前で組んでください。膝、つま先は外側へ向け背筋をピンとして立ちます。背筋を伸ばしたままの体勢で3秒かけてゆっくりと腰を下ろしていきます。

太ももと床が平行になるように腰を落としていき、平行になったらそのままの体勢を3秒キープしていきます。そしてまた3秒かけてゆっくり腰を上げていきます。

次に頭の後ろで手を組み、3秒かけてゆっくり腰を下ろして太ももが床と並行になったら3秒キープ、そしてまた3秒かけてゆっくり腰を上げていきます。

最後は両手を上に上げます。そのままの体勢で3秒かけてゆっくり腰を下ろしていき太ももと床が平行になったら3秒キープ、そしてまた3秒かけてゆっくり腰を上げていきます。

簡単な動きではありますが、下半身を鍛えることができ、ヒップアップはもちろんのこと腹筋や股関節、また太腿やふくらはぎを鍛える効果もあります。

また、相撲スクワットは通常のスクワットに比べ体幹を鍛えやすく、膝を痛めにくいというメリットがあるので継続的に行いやすいスクワットとも言えるでしょう。

バランスボールに乗ってスクワット

普通のスクワットをバランスボールに乗って行うトレーニングもおすすめです。

バランスボールに乗ると、とても不安定な状態になるのでお尻だけでなく、お尻を支える体幹も鍛えることできます。

さらにバランスボールのうえで一時停止したり、体ひねったりすると、さらにヒップアップ効果が高まるので、余裕がある人はやってみましょう。

ウェイトを用いたスクワット

スクワットはお尻や脚などの下半身の筋肉を重点的に鍛えるトレーニングですが、これを続けるとどうしても体のバランスが悪くなってしまいます。せっかくキレイなお尻を手に入れても、上半身と下半身の筋肉のバランスが悪いとあまり見た目がよくないですよね。

ウェイトをもつことで、上半身も含めて体全体を鍛えることができ、ヒップアップしたときにより映える体をつくることができます。

30日スクワット

スクワットの種類ではありませんが、アメリカでは30日スクワットチャレンジというトレーニングが人気です。

30日スクワットは少しずつ回数を増やしながら30日間スクワットを続けるトレーニングです。

詳しくは美尻をうみだす30日スクワットチャレンジとは:やり方や効果を解説を参考にしてみてください。

ヒップアップにはジムもおすすめ

ヒップアップ効果の高いスクワットを紹介しまし。食事制限だけのダイエットだけでは、メリハリのある体型になることはできません。

健康的で美しい体型にヒップの形は重要です。今回紹介したスクワットを実践して筋肉をしっかり鍛え、衰えることのない魅力的なヒップを手に入れましょう。

また、一人ではなかなか継続できないし、せっかくならトレーナーに見て欲しいという方も多いはず。そんな方はリボーンマイセルフでプロのトレーナーにマンツーマンで見もらうのがおすすめです。

女性専用なので男性の目を気にせずにトレーニングができます。まずは無料のカウンセリングに行ってみてください。

リボーンマイセルフを予約(公式サイト)