ヒップアップできる簡単なエクササイズ。自宅で手軽に引き締めよう。

記事の著者:Siena編集部

年を重ねるにつれて、だんだん垂れ下がってしまったお尻。ヒップアップをして、どうにかハリのあるお尻を取り戻したいと感じている人も多いはずです。

ヒップアップに最も効果的な方法といえば、エクササイズです。どうしても運動に対して辛いイメージを持つ人も多いと思いますが、自宅で手軽にできる方法もあります。

寝たままできるものもあるので、まずは体を動かしてみましょう。

ヒップアップするならエクササイズがおすすめ

お尻をきゅっと引き締めたいという人、お尻のお肉を無くしたいという人には、エクササイズがおすすめです。お尻のヒップアップだけでなく、運動不足の解消にも効果的。

シングルレッグフロントレイズ

直立し、足をお尻の幅くらいに開き、持って負担に感じないくらいの重さのダンベルを持ちます。右足を曲げ、床から3㎝ほど上げていきましょう。

両腕を胸の前に伸ばしていき、手のひらは下に向けてください。腕をまっすぐにして頭の上まで上げていき、3~5秒ほど上体を上げたままキープして胸の位置まで戻していきます。左足も同じようにおこないましょう。

シングルレッグフロントレイズは、ヒップアップはもちろんのこと、バランス感覚や太腿のストレッチにもなりおすすめです。

キックバックスクワット

立ったまま足を肩幅に開きます。重心をかかとに乗せた状態で、腰を低くしてスクワットの体勢を作りましょう。腕を伸ばしながら左足を後ろに上げてください。足と手が水平になるように意識し、後ろ向きにキックするイメージで足を上げてみましょう。この動作を繰り返しおこないます。1分間左右交互におこなっていきましょう。

ヒップアップにかかせない筋トレといえばスクワット。キックバックスクワットは、スクワットを取り入れたエクササイズです。そのため、ヒップアップに高い効果があります。お尻のたるみを引き締めて、きゅっと引き締まったお尻を手に入れましょう。

ヒップリフト

仰向けの状態になり、ひざを立てて足をしっかり床に付けてください。背中を曲げないように意識して、お尻を天井に持ち上げます。限界まで持ち上げたら、1~2秒ほどキープして腰をゆっくり下ろしましょう。ゆっくり下ろしていくことでお尻に負荷がかかるのです。

ヒップリフトに慣れてきたという人は、腰を1番高く持ち上げたときに片足を伸ばしてみてください。足を上げた状態を5秒間ほどキープします。そして上げた足はお尻を上げた状態で床に戻し、そのあとに腰をゆっくり下ろしていきます。両脚おこなうようにしてください。

また、女性専用パーソナルトレーニングジムのリボーンマイセルフ(旧シェイプス)では、自分にあったペースでトレーニングできます。トレーナーも女性のみなので女性特有の悩みも相談しやすい環境です。誰かに助けてもらいながらヒップアップをしたい人におすすめ。

リボーンマイセルフを予約(公式サイト)