産後の骨盤矯正の方法:ホルモンを利用して出産前より綺麗な体に!

記事の著者:shintaro kawai

出産のときには骨盤が開くので、産後に骨盤矯正を行うということはよく耳にします。具体的には赤ちゃんを産んだ後の骨盤はどうなっているのでしょうか。そして、骨盤を元の位置に戻すにはどのような方法が効果的なのでしょうか。

今回は、産後の骨盤矯正について説明します。骨盤の位置から、骨盤のしくみ、産後の骨盤の変化など、さまざまな疑問をまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

また、骨盤矯正にはヨガがおすすめです。大手ヨガスタジオのLAVAには骨盤矯正のレッスンもあるので、是非チェックしてみてください。

LAVAを予約(公式サイト)

骨盤とは

骨盤というのは一つだけの骨ではなくいくつかの骨の集合体でできており、仙骨、腸骨、坐骨、恥骨といった骨のすべてが骨盤と言われています。ウエストの細いところに手を当て、下げていったときに触ることができる両サイドの出っ張った部分が骨盤です。

骨盤の形は、体を水平に断面して上から見ると羽を広げた蝶々のような形で、男性と女性では中心部などの形がかなり異なります。

妊娠中と産後の骨盤の変化

骨盤の中に子宮があり、妊娠中は骨盤が子宮の赤ちゃんを守っています。出産するときには徐々に広がり、赤ちゃんが出やすい形状に変化していくのです。

妊娠中お腹が大きくなるときの座り方によって、背中のゆがみ、腰位置のゆがみが生まれ、骨盤の位置がずれてしまう可能性があります。

妊娠中に骨盤が歪みやすい原因は、関節や靭帯を緩める作用を持つリラキシンという物質で、生理時の経血をスムーズに排出したり、分娩時に赤ちゃんが産道を通り抜けるためにも大切なホルモンです。

リラキシンの分泌中は関節やじん帯が緩んでいる影響で、全身の筋肉が疲弊します。骨盤周辺の筋肉が出産のために疲弊し、体を支えきれなくなり、骨盤が歪みやすくなるのです。

リラキシンは妊娠初期から分泌され、産後2~3日で止まることもあれば6ヶ月ほど分泌が続くこともあると言われています。

骨盤矯正の方法

骨盤が妊娠前の位置に戻らない状態が続くと、体のラインが崩れてしまい筋肉の動きが変わり、肩こり、腰痛、むくみ、冷え性、不妊など産科系の疾患にもなりかねません。美容のためだけではなく健康のためにも骨盤矯正は大切なのです。

整体で骨盤を矯正する

整体院で産後骨盤矯正をやっている場合があるので、通ってみると良いでしょう。保険を使うことが可能な整体院もあり、安心して通えます。

自分で矯正することもできますが、やはりプロに任せる方が正しい方法で矯正してくれますし、効果も高いでしょう。

骨盤矯正の体操を行う

骨盤体操や、ストレッチ、スクワットなどを実践するやり方もあります。寝ながらやるものや、座ってやるものなど様々です。

骨盤を運動で正すと、血行がよくなり代謝も上がるので体が痩せやすい体質にも変化していき、ダイエットにもおすすめです。

しかし、骨盤は複数の骨から成り立っているので、間違った運動をするとほかの骨にも影響が出てしまいます。肩こりが増えたりする場合もあるので、正しい方法を調べてゆっくり行うようにしましょう。

ガードルやニッパーを身に付ける

骨盤ベルトというものがあり、普段から装着して骨盤を矯正していくものです。骨盤ベルトは、腰につけるベルトで代用することもできるので手軽な方法ですね。

本格的な骨盤ベルトはあまり安いものではないので、ついつい安いものを探してしまいがちですが、安すぎると品質が悪くきちんと矯正効果が得られないものもあるので気をつけてください。

骨盤を意識して歪みを防ごう

産後の骨盤矯正は、プロに任せるにせよ自分でやるにせよ、常日頃から意識をしていかないと治りません。また、始めるのが早ければ早いほどリラキシンの影響で矯正しやすいです。

骨盤を正しく矯正していくと、代謝が上がって痩せやすくなったり、体の歪みが改善されて体調不良が治るなど、美容面と健康面の両方に良い効果があります。

無理をせずに毎日少しずつ続けていけば、出産前よりも綺麗な体型を手に入れることができるかもしれませんよ。

ぜひ参考にしてみてください。

また、骨盤矯正をしたい方にはヨガスタジオのLAVAがおすすめです。LAVAにはママヨガという産後の方向けのコースがあり、そこで骨盤矯正ができます。

赤ちゃんと一緒にレッスンが受けられるので、一度体験に行ってみてはどうでしょうか。

LAVAを予約(公式サイト)