産後の骨盤矯正の方法とは?ホルモンの利用で産前より綺麗に。

記事の著者:Siena編集部

出産をすると骨盤が開くため、元の状態に戻す方法として、産後の骨盤矯正があります。赤ちゃんを産んだ後に骨盤が開くとは、具体的にどのような状態になっているのでしょうか。また、骨盤を元の位置に戻すには、どのような方法が効果的なのでしょうか。

今回は、産後の骨盤矯正の方法について紹介します。骨盤の位置、しくみ、産後の骨盤の変化など、さまざまな疑問をまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

骨盤とは?

骨盤とは、1つだけの骨ではなく、いくつかの骨の集合体でできており、仙骨、腸骨、坐骨、恥骨を合わせて骨盤と言われています。ウエストの細いところに手を当て、下げていったときに触ることができる、両サイドの出っ張った部分が骨盤です。

骨盤の形は、体を水平に断面して上から見ると羽を広げた蝶々のような形で、男性と女性では中心部などの形が異なります。

妊娠中と産後における骨盤の変化

骨盤のなかに子宮があり、妊娠中は骨盤が子宮にいる赤ちゃんを守っています。出産するときには骨盤が徐々に広がり、赤ちゃんが出やすい形状に変化していくのです。

妊娠中お腹が大きくなるとき、座り方によって背中や腰の歪みが生じ、骨盤の位置がずれてしまう恐れも。妊娠中に骨盤が歪みやすい原因は、関節や靭帯を緩める作用を持つリラキシンという物質で、生理時の経血をスムーズに排出したり、分娩時に赤ちゃんが産道を通り抜けるためにも大切なホルモンです。

リラキシンの分泌中は関節やじん帯が緩んでいる影響で、全身の筋肉が疲弊します。骨盤周辺の筋肉が出産のために疲弊し、体を支えきれなくなり、骨盤が歪みやすくなるのです。リラキシンは妊娠初期から分泌され、産後2~3日で止まることもあれば、6ヶ月ほど分泌が続くこともあると言われています。

骨盤矯正の方法

骨盤が妊娠前の位置に戻らない状態が続くと、体のラインが崩れてしまい筋肉の動きが変わることで、肩こり、腰痛、むくみ、冷え性、不妊など産科系の疾患にもなりかねません。美容のためだけではなく、健康のためにも骨盤矯正は大切です。骨盤矯正には、どのような方法があるのでしょうか。

整体で骨盤を矯正する

整体院で産後骨盤矯正をやっている場合が多くあります。保険を使うことが可能な整体院も。自分で矯正することも可能ですが、プロに任せる方が正しい方法で矯正してもらえ、効果も高く安全です。

施術後に骨盤の位置が戻っても、靭帯が柔らかい間は普段の動作ですぐに歪みが生じてしまうので、安定するまでは定期的に通うことが必要。

全国的に展開しているカラダファクトリーという整体サロンでは、産後の骨盤調整コースが用意されています。ベビーカーでの入店が可能な店舗が多く、赤ちゃんを見てくれるスタッフがいる場合もあるので、ママの心強い味方です。公式サイトを確認すると、キャンペーンによっては通常よりお得に産後の骨盤調整コースを受けられるので、チェックしておくのがおすすめ。

カラダファクトリーで産後整体(公式サイト)

マッサージで骨盤を矯正する

国家資格を有する柔道整復師や鍼灸師が、産後の骨盤矯正を施術してくれるマッサージサロンもあります。保険診療外となり、施術の回数や頻度は個人差が。1週間に1回のペースで3〜5回受け、骨盤が安定してきたら間隔を空けていくのが一般的。整体も同様に、10回程度通うことで効果が実感できる場合が多いです。

エステで骨盤を矯正する

骨盤矯正に対応しているエステサロンも多くあります。エステでの施術の特徴は、筋力の回復をすることで、緩んでしまった骨盤を元に戻していく点。普通分娩の場合は1ヶ月後、帝王切開の場合は2ヶ月後からが目安となります。

運動で骨盤を矯正する

骨盤体操、ストレッチ、スクワット、などを運動によって骨盤矯正を実践する方法もあります。骨盤を運動で正すと血行がよくなり代謝も上がるので、体が痩せやすい体質に変化していき、ダイエットにもおすすめ。

運動が苦手、という人はヨガがピッタリ。大手のヨガスタジオ、LAVAではママヨガという産後のママ向けのコースがあり、骨盤矯正ができるメニューとなっています。赤ちゃんと一緒にレッスンが受けられる点も魅力。体験レッスンは、手ぶらで1,000円で受けることができ、気軽に試してみやすいのもポイント。

LAVAを予約(公式サイト)

ガードルやニッパー、骨盤ベルトで骨盤を矯正する

骨盤ベルトは、普段から装着して骨盤を矯正していくグッズです。腰につけるベルトで代用することもでき、手軽な方法。本格的な骨盤ベルトはあまり安いものではないので、ついつい安いものを探してしまいがちですが、安すぎると品質が悪くきちんと矯正効果が得られないものもあるので注意しましょう。