骨盤が歪む原因と対策:日々の生活を見直してスラッと美脚になろう 

記事の著者:shintaro kawai

骨盤矯正というのはよく耳にする言葉ですよね。骨盤矯正で体の歪みや生活習慣、代謝が改善されて痩せやすくなるといった効果があるため注目されています。

今回は、骨盤のはたらきや歪みの原因、骨盤矯正の方法などを紹介します。骨盤が歪む原因を理解すれば予防にもつながるので、ぜひ参考にしてみてください。

また、骨盤矯正にはヨガがおすすめです。大手ヨガスタジオのLAVAには骨盤矯正のレッスンもあるので、是非チェックしてみてください。

LAVAを予約(公式サイト)

骨盤のはたらき

へその横にでている、大きな足を支えている骨のことを総じて骨盤と呼びます。骨盤は一つの骨ではなく、いくつかの骨(仙骨、腸骨、坐骨、恥骨、恥骨結合、寛骨臼、 閉鎖孔、尾骨)の集合体のことを言うのです。

骨盤は生殖器や内臓の外側にあり、臓器を守っています。一つでも位置がずれたら、内臓にも影響を及ぼすとても大切な骨と言えるでしょう。

骨盤の歪みの原因

1.生活習慣による骨盤の歪み

スマホを見るときに背中が丸まっている、椅子に長く座っているときに浅く腰掛けて背もたれに寄りかかったりするといった日常の些細な動作も骨盤の歪みの原因になります。

また、カバンを片方の手で持ったり、立ち読みしているときに頭を下にして同じ姿勢で立っていること骨盤の歪みに繋がるのです。

他にも靴の高さや食事をとるときの咀嚼の仕方など、意識しないと気づかない日常生活の細かい癖が原因になっていることもあります。

2.出産による骨盤の歪み

骨盤のはたらきで述べた通り、骨盤は内臓、子宮を守っています。出産前後、生理のときに出るホルモンには身体の筋肉を柔らかくする働きがあります。

筋肉が柔らかくなっているときに、均衡のとれない体勢での座ったり、悪い姿勢でいると骨盤は歪みやすくなります。

出産のために骨盤を広げてくれる大切な役割があるこのホルモンは人それぞれ分泌の期間が異なり、2、3日で止まる人から半年かけて分泌される人もいます。

本来、出産後、3〜4ヶ月かけて骨盤は元の位置に戻ろうとするのですが同時に生活習慣が変わるため、骨盤が歪みやすくなります。

骨盤矯正の効果

姿勢の改善

骨盤矯正によって骨盤まわりの筋肉をほぐして位置を整えることで、背筋がまっすぐに伸び、猫背が治ります。

姿勢の改善により、血行が良くなったり、腰痛や頭痛改善にもつながるので、骨盤矯正の及ばす効果はとても大きいことが分かりますね。

O脚とX脚の改善

骨盤矯正によって足が正しい向きに戻るので、O脚やX脚の改善にも効果があります。

真っすぐにすっと伸びた美しいラインの美脚を手に入れやすいのも特徴です。

女性機能の改善

骨盤はいろいろな骨が集まっている集合体であり、女性特有の子宮や卵巣、膀胱なども守っている骨です。骨盤を支える筋肉を鍛えることによって骨盤が矯正されると、生理痛や生理不順なども改善されやすくなります。

骨盤矯正のやり方

横になって行う骨盤矯正

まずは仰向けに寝てリラックスした状態で両足を直角に曲げます。次に下半身を左右にゆっくり倒していきます。

5分かけて左右繰り返すようにしてください。ゆっくりと行うことが重要です。

立って行う骨盤矯正

両足を肩幅くらいに開き、ゆっくり息を吐きながら、30秒以上かけてゆっくり膝を曲げていきます。背筋を伸ばして腰を落としたら15秒かけて元の位置に戻してください。

簡単なものですが、少しずつ無理をせず行いましょう。

骨盤矯正の効果を持続させる方法

骨盤矯正の効果を持続させるためには、日々の生活習慣や行動が一番大事です。肩掛けカバンは、片方だけにしないで反対も意識してみる、足を組むときは反対もしてみる、背筋を伸ばしてみる、などです。

また、充分な睡眠をとってストレスをなくすようにする努力も必要でしょう。適度な骨盤矯正のエクササイズや、運動などでストレス解消されると快眠に繋がります。

日常的に骨盤を意識してみましょう

骨盤の歪みは、ふだんの生活に深く根付いています。意識を骨盤に向けて姿勢を正したり、足を組み替えてみたりといった対策をすることで歪みを予防することができるのです。

骨盤の歪みは様々な不調を引き起こす原因となるので、予防や対策をしっかりして美しさと健康を保つ努力をしてみましょう。

また、日々のストレッチなどだけでなくヨガも骨盤矯正には非常に効果的です。大手ヨガスタジオのLAVAには骨盤矯正ヨガがあり、骨盤や肩甲骨を動かしながらインナーマッスルを鍛えることができます。

まずはLAVAの体験レッスンに行ってみてはいかがでしょうか。

LAVAを予約(公式サイト)