お尻ダイエットに効果的な方法とは?お尻を意識した生活で美尻を目指そう

記事の著者:shintaro kawai

欧米では大きなお尻が魅力的とされていますが、日本ではやはり小さく引き締まったお尻が綺麗だとされていますよね。美尻ダイエットの本が出版されるなど、美しいお尻を作ることへの注目は高まっています。

今回はお尻を小さくする方法を紹介していきます。筋トレやエクササイズだけでなく日常生活で意識することについても紹介していくので、気軽にお尻のダイエットがしたいと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

また、美尻を目指す方にはリボーンマイセルフ(旧シェイプス)がおすすめです。リボーンマイセルフには部分痩せコースがあり、その中の小尻コースは美しいお尻を作り出すことに特化したコースです。

気になる方は是非チェックしてみてください。

リボーンマイセルフを予約(公式サイト)

お尻が垂れる原因は大臀筋

お尻が垂れてしまったり、脂肪が増えてお尻が大きくなってしまう原因は、加齢や運動不足によって大殿筋が弱まってしまうことです。

大臀筋とはお尻全体を覆うとても大きい筋肉ですが、日常生活で使うことはなかなか無いので、意識して鍛える必要があります。大臀筋の筋トレ方法については大臀筋の鍛える筋トレを紹介で詳しく説明しています。

大臀筋を鍛えないと、どんどんお尻が垂れてしまい太ももとの境がわからなくなってしまうので注意しましょう。

まずは生活習慣から見直す

お尻のダイエット方法はたくさんありますが、まずはトレーニングなどをする前に生活習慣を見直してみてください。

日常生活の中にも、お尻が大きくなってしまう原因はたくさんあり、それを改善しなければどんなにトレーニングをしても効果を実感できません。

どのような生活習慣にすれば、お尻のダイエットにつながるのでしょうか。

ずっと座りっぱなしの生活を変える

デスクワークなどで長時間座っているという人は、骨盤の一番下にある坐骨が広がってしまいお尻が大きくなりやすいそうです。また、椅子に座るよりも床に座る機会が多い人の方が、骨盤が歪みお尻が大きくなりやすいです。

長時間座っていることが多いという人は、定期的に立つようにしたり、椅子に深く腰掛け背筋を伸ばして座るようにしてください。骨盤の歪みや坐骨の広がりを防いで、美尻を作ることができますよ。

歩き方を変える

歩く時は大股で歩くように心がけて下さい。膝はできるだけ伸ばし、かかとから着地することを意識して歩いて行きます。

階段を上るときはつま先だけで登ってしまいがちですが、階段を上る時も歩く時と同じようにかかとから着地するようにして下さい。かかとをしっかりつけることでお尻の筋肉を使うことができます。お尻の筋肉を使うことで、新陳代謝がよくなり痩せやすくなるのです。

ヒールのある靴で歩くのも効果が高い方法になります。ヒールを履いて歩くことでお尻の筋肉を刺激することができるからです。歩く時はただなんとなく歩くだけでなく、お尻の筋肉を刺激することを意識して歩くようにしていきましょう。

また、背筋をまっすぐにして歩くことも忘れないようにしてください。正しい姿勢をキープするときにもお尻の筋肉を使っているのです。

お尻が冷えないようにする

特に冷え性の方はお尻が冷えないように注意しましょう。手足だけでなく、実はお尻は冷えやすい部分で、冷えやすい部分には自然と脂肪が集まってしまうのです。

お風呂に入るときはシャワーだけで済ますのではなく、しっかり湯船に浸かり体を温めていきましょう。お尻を冷やさないことはとても重要なことです。

毎日お風呂に入って温まることも重要ですが、毛糸のパンツを履くなどして普段の服装からお尻を冷やさないように心がけてください。

体を温める食べ物を積極的に摂ることもおすすめです。にんじん、玉ねぎ、大根など土の中で育ち、また冬が旬な食べ物は体を温める効果があると言われています。

マッサージでお尻ダイエット

お尻のダイエットにはマッサージも効果的です。

お尻ダイエットに効果的なマッサージのポイントは、お尻の中心にお肉を集めるようにマッサージを行う、両手をグーにしてお尻の下から上にかけてリンパを流す、という2つです。

マッサージを行うことでお尻の血行を良くすることができ、リンパマッサージは老廃物を流し出す効果もあるといわれています。痩せるためには新陳代謝を高め痩せやすい体にしていくことが重要ですが、血行を良くすると新陳代謝も高まるのでおすすめです。

スクワットでお尻を引き締める

お尻が痩せるためにもっとも効果があるといっても過言ではないのが、スクワットです。スクワットを行うことでお尻はもちろんですが、下半身全体を痩せさせることができます。

スクワットを行うと筋肉がついて太ももが太くなるのではないかと心配する人がいるかもしれませんが、正しい方法で行えば下半身ダイエットに効果的なのです。

お尻引き締めスクワットの方法

スクワットの基本は、腰が丸まらないように意識しながらゆっくり膝を曲げることです。ゆっくりお尻に負荷をかけることを意識して行っていきましょう。ただなんとなくスクワットを行っても効果はありません。負荷をかけることが重要となります。

一つ目の方法は、まず脚を肩幅くらいに開き、手は前に出しておきます。つま先と膝は外側に向けてゆっくり膝を曲げてください。膝が外側に向いているので膝に負担をかけずにスクワットを行うことができるのです。

二つ目は、脚を肩幅に開き手は頭の後ろで組んで行います。膝を曲げゆっくりしゃがみ込み、膝を伸ばすタイミングで垂直にジャンプするというのを繰り返してください。

スクワットは10回を1セットとし1日で3セット行うようにしていきましょう。毎日継続的に行っていくことが重要となります。

スクワットに関してはヒップアップに効果的なスクワット:やり方や効果を徹底解説もチェックしてください。

現在人気の高いスクワット

お尻痩せに注目されているのが30日スクワットチャレンジで、アメリカを中心に人気となっているお尻ダイエット法です。

まず1日目に50回スクワットを行っていきます。1日目に50回したら2日目は55回、3日目は60回と数を増やしていき、4日目にはスクワットをお休みします。そして5日目にはお休みしていた日の分も合わせて70回行っていきます。

1日ずつ数を増やしていき、3日続けたら1日休むということを繰り返すのが30日スクワットチャレンジで、最後の30日目に250回になるようにスクワットを行っていくのです。

1日100回と聞くと大変そうですが、1度にではなく1日でなので朝30回、昼30回、夜30回というように3回に分けてもいいですし、朝50回、夜50回と2回に分けて行っても大丈夫です。

30日スクワットは美尻をうみだす30日スクワットチャレンジとは:やり方や効果を解説で詳しく説明しています。

エクササイズでお尻ダイエット

お尻のダイエットで、スクワットなどの筋トレは少し大変そうと感じる方には簡単なエクササイズがおすすめです。

運動が苦手な方や体力に自信の無い方は、まずエクササイズからやってみましょう。

脚上げ下げエクササイズ

四つん這いの体勢で、片方の脚を上に上げていきます。上げて下げての動作を10回ほど繰り返し、もう一方の脚も同じように上げ下げしてください。

脚真横上げエクササイズ

四つん這いになって、膝と太ももをお尻の筋肉の力で真横に持ち上げていきます。片方の脚でそれぞれ10回ずつ行うようにして下さい。

重心傾けエクササイズ

まっすぐ立った状態で片脚の膝を横に開いて上げ、椅子などの上に置きます。重心を、立っている脚でなく椅子に乗せた方の脚にかけていき、重心をかけたままの状態で10秒ほどキープしてください。もう一方の脚も同じように行っていきます。

お尻持ち上げエクササイズ

布団などの上に横になります。両脚をくっつけたままの状態で膝を曲げ、脚の裏はベッドにぴったりとくっつけたままお尻を腰から持ち上げていきます。一番高い位置まで持ち上げたらその状態を10秒間キープしてください。10回は続けて行います。

お尻を意識して生活しよう

お尻を小さくする方法を紹介していきましたが、いかがでしたか。ダイエットというと食事を減らすということを一番に考えがちですが、お尻を綺麗な形にするには普段の生活スタイルや運動を意識することが重要になってきます。

きついダイエットは長続きしないので、自分にできる方法を毎日コツコツ実践していくことでダイエットを成功させましょう。今回紹介した方法をぜひ実践してみてください。

また、一人ではなかなか継続できないし、せっかくならトレーナーに見て欲しいという方も多いはず。そんな方はリボーンマイセルフでプロのトレーナーにマンツーマンで見もらうのがおすすめです。

女性専用なので男性の目を気にせずにトレーニングができます。まずは無料のカウンセリングに行ってみてください。

リボーンマイセルフを予約(公式サイト)