お尻ストレッチの効果とやり方:腰痛、肩凝りを簡単に解消!

記事の著者:shintaro kawai

ストレッチは体を柔らかくすることができるだけでなく、さまざまな効果を得ることができます。

もちろんお尻ストレッチを行うことでも得ることができるさまざまな効果を得る紹介していきます。

紹介するお尻ストレッチはどれも簡単で道具は要らないため、いつでも行うことができるストレッチです。ぜひチェックし、お尻ストレッチを行ってみて下さい。

また、美尻を目指す方にはリボーンマイセルフ(旧シェイプス)がおすすめです。リボーンマイセルフには部分痩せコースがその中の小尻コースは美しいお尻を作り出すことに特化したコースです。

気になる方は是非チェックしてみてください。

リボーンマイセルフを予約(公式サイト)

お尻をストレッチした時の効果は?

お尻をストレッチした場合、どのような効果があるのでしょうか。

腰痛改善に効果あり

お尻ストレッチを行うことで、腰痛を解消することができます。

実はお尻の筋肉が緊張し固くなることにより、骨盤は後ろに倒れていってしまうそうです。そうすることで腰の筋肉が伸びてしまい、腰痛になってしまいます。

お尻の筋肉を緊張させないために、お尻ストレッチが効果的です。ストレッチを行うことで筋肉をやわらげることができます。

肩こり解消に効果あり

お尻ストレッチを行うことで肩こりを解消することができます。

お尻と肩は直接繋がっているわけではないので、関係ないんじゃない?と思われる方が多いかもしれません。しかしお尻の筋肉が固くなってしまうことで、骨盤に影響してきます。

骨盤が歪んでしまうと姿勢が悪くなり、血行が悪くなることによって、肩が凝ってしまうのです。お尻の筋肉を和らげることで肩こりを解消することができます。

ヒップアップ効果あり

お尻ストレッチを行うことでヒップアップ効果があります。

お尻の筋肉が固くなってしまうとハリがなくなってしまうそうです。ハリがなくなるとお尻は下がってしまいます。お尻ストレッチを行うことで筋肉を柔らかくすることができます。

そのためハリのあるお尻になることができるのです。

おすすめのお尻ストレッチ

腰痛、肩こりの解消に効果があることが分かったお尻ストレッチ。そこでおすすめのお尻ストレッチを紹介していきます。簡単にできるものばかりとなっています。

椅子に座って行うストレッチ

①くるぶしを膝にのせるやり方
椅子に座り、くるぶしが膝の上に乗るように脚を乗せて下さい。背筋はまっすぐ伸ばす、胸は張る、お尻を椅子から離さないように注意してストレッチを行っていきます。

②片脚を膝にのせるやり方
先ほどと同じように片脚をもう一方の脚の膝の上に乗せ、膝の上に乗せた方のふくらはぎを両手で持ち上げて下さい。背筋はまっすぐ伸ばし、胸は張る、お尻を椅子から離さないようにストレッチを行っていきます。

仰向けで行うストレッチ

①脚を持ち上げるやり方
まず脚はまっすぐにし片脚を膝を外側にして曲げていきます。手は曲げた脚に置きゆっくりおへそに向けて持ち上げていきましょう。

②膝を伸ばすやり方
片方の膝を曲げてかかとをもう一方の膝の上に乗せていきます。膝を伸ばした側の手で曲げた膝を持って手前に引き、かかとが膝から離れないように膝を伸ばしていきましょう。

床に座ったまま行うストレッチ

座った状態で片脚を後ろに伸ばし、もう一方の脚は前に伸ばします。前に出した脚の膝は90度に曲げて下さい。そのままの脚の状態をキープし身体を前に倒し、身体を倒した状態のまま15秒ほどキープしていきます。反対の脚も同じように行いましょう。