ヨガとストレッチの違いとは?体の柔軟性を高めて、リラックスを効果を得よう。

記事の著者:Siena編集部

ヨガとストレッチ、どちらも体の筋肉を伸ばし、緊張をほぐしていくことができます。肩こりや腰痛といった体の痛みを解消していくことができるという点でも同じです。しかし、同じもののように感じても、どちらも得られる効果や目的、またそれぞれのメリットなど、違いがさまざまあります。

ヨガとストレッチ、それぞれの違いを知り、自分に合う方法で、健康的な体を目指しましょう。

ヨガとストレッチ、違いとは?

ヨガとストレッチはどちらも体の柔軟性を高めるのに効果的。しかしヨガは、それだけでなくインナーマッスルを鍛えることも可能な運動。同じように見えても、実は全く違うものです。

ヨガ

ヨガは、筋肉をほぐすのはもちろん、関節も動かしていきます。筋肉を伸ばしてほぐし、柔軟性を高められるだけでなく、鍛えることもできるのがヨガです。

また、呼吸や瞑想を意識的に取り入れ、精神の安定やコントロールを目指していくもの。空気を取り入れながらおこなうと、効果的に代謝を上げられるため、肩こりや腰痛だけではなく、冷え性の改善やダイエット、また美容効果の期待もできます。

ストレッチ

ストレッチは、筋肉をほぐしてくことで体の柔軟性を高めていくもの。筋肉をピンポイントで伸ばすことができるため、関節の動きが良くなるのはもちろん、可動域も上がります。

固まった筋肉をほぐすことで血流も良くなり、肩こりや腰痛を改善していく効果が期待できます。また、体の緊張がほぐれることで、リラックス効果も得られます。

呼吸

ヨガとストレッチの違いは、呼吸にもあらわれます。どちらも、ゆっくりとした深い呼吸を意識しておこなうのですが、ヨガでは基本的に腹式呼吸をします。ストレッチの呼吸は、あくまでも肉体への効果を高めるためのものですが、ヨガでおこなう呼吸は、瞑想にもつながります。

腹式呼吸は、自律神経を整えたり、体をリラックス状態にできたりと、さまざまなメリットを体に与えます。そのため、精神の安定やコントロール、またストレス解消といった効果が得られるのです。

ヨガとストレッチ、目的で選ぼう

ヨガとストレッチのどちらが良い、優れているというのはありません。自分のライフスタイルや目的に合わせて選ぶようにしましょう。

体の柔軟性を高めたい人はストレッチを選ぶのがおすすめ。短時間でも習慣的におこなえば、確実に効果があらわれます。疲れにくい体を目指すことができるので、日々の生活が楽になります。

柔軟性を高めるだけでなく、筋肉を鍛えたい、心の安定が欲しい人はヨガを選びましょう。ヨガのポーズ、呼吸を続けていくと、体の内側から徐々に健康になっていきます。痩せやすく太りにくい体づくりやストレスを効果的に解消していくことができる、など心身ともに整えることができます。

また、平日はストレッチをメインに、休日はヨガをメインに、といったような使い分けもおすすめ。それぞれのメリットの違いを効果的に活用しましょう。

ヨガを始めたいなら、スタジオで

ストレッチは自宅でも簡単におこなえますが、ヨガはしっかりとポーズや呼吸を覚える必要があるため、初めておこなう人は1度ヨガスタジオを利用するのがおすすめ。基本を身につけることで、効果が得られます。

初心者におすすめのヨガスタジオは、LAVA。ホットヨガスタジオです。ダイエットや美容効果をより得たい人は、ホットヨガをおこなうと、その効果をより得ることができます。また、常温のスタジオも用意されているので、暑い環境が苦手な人でも安心。

体験レッスンをおこなっていたり、レッスンに必要なものは全てレンタルできたりと、初心者にとって通いやすい環境が整っています。

LAVAを予約(公式サイト)