瞑想と脳の関係:瞑想でストレス軽減!

記事の著者:shintaro kawai

瞑想は集中力を高めたり、免疫力をあげてくれたり、さまざまな効果が実証されています。瞑想は5000年前から行われていますが、その効果は、現在では科学的にも証明されてきています。

瞑想は、脳にも大きな影響を与えています。今回は瞑想と脳の関係を見ながら瞑想がカラダに及ぼす影響を紐解いていきましょう。

また、ヨガのポーズは瞑想する際のポーズと同じだということを知っていましたか?大手ホットヨガスタジオカルドで、本格的にヨガのポーズを習えば、自宅でもプロ同様のヨガや瞑想ができますね。

カルドを予約(公式サイト)

瞑想が脳に及ぼす影響

瞑想はたった何日か実践するだけで、脳に様々な影響を及ぼすという研究結果が出ています。

瞑想中に脳で何が起こっているかという研究結果を簡単に言うと、瞑想中は普段行っている脳内の情報処理を停止している状態にあると報告されています。

瞑想が脳に及ぼした影響によって得られる効果

ココロを落ち着かせてくれる

瞑想をするということは、一つのことに集中をしたり、雑念により集中が途切れたことに気付くことを繰り返しています。それらを瞑想の中で繰り返していくことで、脳は訓練され、瞑想中の集中力は高まります。それは日常生活の中でも高まっていきます。

集中力が高まることで、雑念が減り、不安が薄れ、心が安定していきます。心の落ち着きをもたらしてくれるのです。

これは、科学的にも証明されており、自分の体験にかかわる情報を処理する前頭前皮質という部分では、恐怖心や危機感を生みます。瞑想をすることで、これを生む神経回路の結びつきを弱くすることができ、冷静な判断力が身に付きます。

ストレスを軽減してくれる

脳は、勝手に過去に起こったことを考えたり、今から起こることを予測したりしようとします。今の自分とは関係ないことに思いを巡らせると、脳はストレスを溜めてしまいます。

瞑想を行い、一つのことに集中したり、今の自分を見つめなおしたりすることで、それらの状態は解除されるでしょう。瞑想はストレスを軽減してくれるのです。

免疫力を強くする

瞑想をおこなうと、左前頭葉が右前頭葉に比べ活発に活動するという研究結果があり、その状態は、免疫力が高いとされています。つまり、瞑想をすると免疫力を強くすることができます。

瞑想を生活の一部に取り込もう

瞑想を行うと、脳の情報処理活動を停止させる効果があり、心を落ち着かせたり、ストレスを軽減してくれたり、免疫力を高めてくれたりというように、体と心にとって素晴らしい効果をもたらしてくれます。

脳に起こっている反応は、まだまだ研究中で解明されていない部分も多いですが、科学的に証明されています。

瞑想を行って多くの効果を実感してみませんか?

また、瞑想をきっかけにヨガを始めてみるのもいいかもしれません。瞑想同様、様々な効果があると言われているヨガで、心も身体もリフレッシュさせましょう。

ホットヨガスタジオカルドが、あなたにぴったりのヨガのポーズを指導してくれます。

カルドを予約(公式サイト)