寝る前の瞑想の効果・やり方まとめ:睡眠の質アップ!

記事の著者:shintaro kawai

寝る前の瞑想は効果が高いと言われています。寝る前のリラックスした時間帯は副交感神経が優位になっていて、自律神経を整えるには最適なタイミングです。

瞑想には自立神経を整え、高い安眠効果をもたらすため、この機会に始めてみてはいかがでしょうか。今回は寝る前の瞑想の効果ややり方をまとめました。

また、瞑想というとヨガを連想される方が多いと思います。ホットヨガスタジオLAVAでは瞑想を中心としたレッスンの体験を行っています。より本格的に瞑想を始めてみたい方は一度体験を受けてみてください。

LAVAを予約(公式サイト)

寝る前の瞑想の効果

瞑想はちょっとしたスペースと時間があれば、どこでも行なうことが可能です。1日の中でいつでも行なえるものですが、何故、寝る前に瞑想すると良いと言われているのでしょうか。

寝る前の瞑想には様々な効果がありますが、その中でも特に大きな効果について紹介します。

自律神経が整う

自律神経には、交感神経と副交感神経という2つの種類があります。

交感神経は日中に働き、緊張時やストレス時に働き、副交感神経はリラックスしている時や休息時に働く神経系統です。睡眠時には、この副交感神経を優位にする必要があります。

寝る前に瞑想を行うことで、交感神経から副交感神経へのスイッチの切り替えがスムーズにいき、心地良い睡眠に入りやすくなるでしょう。

睡眠の質が上がる

寝る前に瞑想を行うと自律神経が整い、深い眠りを誘発できるため睡眠の質の向上が期待できます。

人は浅い眠りの状態が続くと、朝に立ちくらみがしたり、体温の異常、日中のダルさなど様々な弊害が出てしまうことがあります。質の良い睡眠をとれば、朝の目覚めもスッキリし、快適に1日を過ごすことができるでしょう。

副交感神経を優位にし、リラックスした状態で就寝することで、睡眠の質を上げることができます。

精神的にも前向きになる

寝る前に瞑想を行うことで、精神的にも前向きになるでしょう。

意識のない睡眠中は嫌な夢を見たり、目覚めが悪くなったりすることがあります。しかし、瞑想は意識があるため、自分で雑念を取り払うことができます。

また、日中の緊張する場面やストレスを感じたときには、日頃の瞑想の癖を思い出してください。短時間で落ち着きを取り戻すことができます。

生活に瞑想を取り入れることで生活リズムも安定する上、雑念を取り払う癖がつきます。

寝る前の瞑想のやり方

それでは、寝る前の瞑想のやり方をいくつかご紹介致します。

アロマをたきながら行なう

リラックス作用のある香りを嗅ぎながら行なうことで、精神安定の効果があります。また、余計な雑念がなくなり、瞑想に集中できます。

アロマオイルの中でもラベンダーの精油を寝る前の瞑想にぜひ取り入れてみてください。

ラベンダーには各臓器の交感神経系を低下させる作用があるため、副交感神経への切り替えがスムーズになる効果が期待できるでしょう。

BGMを流しながら行なう

BGMを流しながら瞑想をすることで、リラックス効果が期待できます。

テンポの速いノリノリの曲ではなく、ヒーリングミュージックのようなリラックスできるBGMを流しながら行なってください。音量は瞑想に集中できるくらいのかすかに聴こえる程度の音にすることをおすすめします。

瞑想とヨガのすすめ

寝る前の瞑想の効果とやり方について紹介しました。まずは気軽に始めてみてはいかがでしょうか。

また、本格的に瞑想やヨガに取り組みたい方はヨガスタジオに通うのもおすすめです。

ホットヨガスタジオLAVAではリラックス効果があるレッスン以外にも、デトックスや肩こり解消、ダイエットにも効果的な豊富なプログラムを用意しているため、自分に合ったレッスンを受けられます。

体験コースもあるので、まずは1度足を運んでみてください。

LAVAを予約(公式サイト)