瞑想の適切な時間とは:初心者は起床時に15分でも効果あり!

記事の著者:shintaro kawai

ストレスの多い私たち現在人は多くの人が、ストレスを感じ疲れてしまっている方に瞑想はおすすめです。

今回は瞑想とは一体なんなのか、そして瞑想を行う上での効果、瞑想はどのくらい行うのがよく、ベストな時間はいつなのか瞑想について紹介していきます。

瞑想することで、ストレスを和らげることができ、過ごしやすくなるでしょう。

また、瞑想というとヨガを連想する方もいるのではないでしょうか。ヨガを行う上で瞑想は大切な存在です。

ヨガスタジオのLAVAでは、瞑想を軸としたヨガのプログラムがありおすすめです。

LAVAを予約(公式サイト)

瞑想とは

瞑想は、目を閉じて行い深く静かに思いをめぐらせることです。瞑想と聞くと、なんだか宗教的で特別なものというイメージがありませんか?しかし実は瞑想はみんな自然に日常的に行っています。

例えば、眠い時に意識がうとうとします。しかし意識はある眠さに負けそうななんだか気持ちの良い状態、それが瞑想状態と近い状態です。そのため瞑想は特別なものではなく誰も簡単に行うことが可能となっています。瞑想は心の筋トレのようなものでもあります。

瞑想の効果

瞑想を行うことは、私たちにとっていい効果を発揮してくれます。

瞑想を行うことで、心身共にリラックスすることができます。またイライラしにくくなるというメリットがあります。日常的にイライラしているという人が瞑想を行うと、びっくりするほど怒らなくなります。

そのためストレスもたまらなくなります。その理由は、瞑想を行うことで脳波がアルファ波を示します。アルファ波は、心身共にリラックスし物事を集中的に取り組むことができる状態のことをいいます。

また、瞑想することで頭を空っぽにさせることができます。考えることが多く煮詰まってしまった時などに瞑想はおすすめです。一旦リセットすることで、今自分がなにをするべきなのかがみえてきます。

どのくらいの時間行えば良いか

瞑想を行うにあたって、気になるのはどのくらいの時間瞑想を行えばいいのかではないでしょうか。

一般的に瞑想は長時間行うのがいいとされており、30分がベストとなっています。しかし、実際に30分行うと長く感じます。そのため、ちょうど良い時間は15分~20分くらいとなります。

瞑想はどのくらい行うのかが重要だが、それよりも毎日継続的に行うというのが重要になります。そのため、毎日5分でも瞑想を続けていった方が効果が高くなります。

また、いくら長時間瞑想したといって、集中できていないと効果がありません。たとえ5分であったとしても集中して行うことができるのであれば効果は高まります。

時間よりも質が大切というわけです。質の高い瞑想を短時間であっても毎日行うことができれば、瞑想の効果は高まります。

ベストな時間帯

瞑想は、起きてすぐの朝、そして寝る前がベストだとされています。なかなか時間が取れないかもしれませんが、朝が一番おすすめです。

なぜなら朝に瞑想を行うと、やる気や集中力を高めてくれるので、楽しい1日を過ごすことができます。また、寝る前に瞑想を行うと頭の中をからっぽにすることができるので、一日にあったことがリセットされます。嫌なことも忘れることができます。

理想は朝も夜も行うことですが、それは難しいのでどちらか一方でもかまいません。

1人で継続して行えるか心配な方はヨガLAVAで行っているメディテーションというプログラムに参加することがおすすめです。

体験は1000円で行っています。都内を中心に女性専用のジムを多数展開しているため、初心者の女性でも安心です。

ぜひ、体験してみてください。

LAVAを予約(公式サイト)