瞑想に欠かせない正しい呼吸法:効果とうまく呼吸するポイントを紹介

記事の著者:shintaro kawai

瞑想を行う上で呼吸はとても大切です。今回は瞑想中に行う呼吸について紹介していきます。

正しい呼吸を行うことで、より良い瞑想を行うことができるはずです。コツを掴めば楽に呼吸を行うことができ、頭をからっぽに、無の状態にすることができます。

瞑想の呼吸は無の状態になるだけでなく、酸素を体にたくさん取り込むことができるので、心身共に良いことばかりです。

また、呼吸法だけでなく、音楽やストレッチも取り入れて無の状態を作りたい方はヨガ教室もおすすめです。

ホットヨガスタジオLAVAは全国に290店舗以上を展開する大手ヨガスタジオで、初心者でも気軽に参加できるプログラムを用意しています。

LAVAを予約(公式サイト)

瞑想の効果

 呼吸がうまくできないと、瞑想を上手に行うことができません。しっかり呼吸を行うことで、心身共にリラックスすることができ、自立神経を整えることにも繋がります。

ゆっくりとした呼吸を行うことによって瞑想に効果があるだけでなく、日常生活でもイライラすることが少なくなるでしょう。

瞑想を行う時の呼吸は深く、ゆっくりとです。言葉にすると簡単ですが、コツを掴むまでは難しいかもしれません。ただ何となく深い呼吸をしてもいい呼吸にはならないのです。

瞑想の呼吸法

瞑想中の呼吸法について紹介していきます。

①長時間姿勢をキープできる楽な状態で座ります。背筋はできるだけしっかりのばしましょう。

②肩の力を抜いてゆっくり呼吸していきます。呼吸は鼻で行ってください。呼吸をする際は息を吐くことに時間をかけることを意識してください。

理想は4秒吸って、8秒かけて吐いていくことですが、初めは無理をせずに徐々に吐く時間をのばしていきましょう。

呼吸が正しくできない時は?

呼吸に集中することができないといった場合もあると思います。そういった場合には、1呼吸ごとに数を数えてみましょう。

1から10まで数を数えていき、1回ずつゆっくり呼吸を行うようにしてください。

呼吸は毎日行うことが大切です。1日ちょっとの時間でも毎日続けることをおすすめします。

瞑想で大切なことは、無の状態にするということです。そのため、呼吸を行う時は頭を空っぽにし、呼吸だけに集中してください。そうすることで、瞑想する時にも無の状態に入りやすくなります。

ヨガスタジオで専門のトレーナーと一緒に瞑想に向けた呼吸の練習に取り組んで、コツを掴んでみるのもいいでしょう。

1人でできるか不安な方におすすめ

今回紹介した呼吸法でも上手くできないという方にはカルドをおすすめします。リーズナブルな価格で受けられるホットヨガスタジオで、瞑想と同じ呼吸法を使います。

カルドのスタッフは1人1人丁寧に教えてくれるのではじめての方でも安心です。まずは、体験レッスンに参加してみてはいかがでしょうか。

カルドを予約(公式サイト)