筋肉の緊張をリラックスさせる方法とは?姿勢を定期的に変えることが重要。

記事の著者:Siena編集部

肩こりや猫背、運動不足、ストレスなどのさまざまな原因によって引き起こされる、筋肉の緊張。

パソコンやスマホなどを使うことによって、長時間同じ姿勢を続け、筋肉が緊張してしまっている人は多数います。凝り固まった筋肉によって引き起こされる辛い症状には、ストレッチや入浴などで対処していきましょう。

筋肉が緊張する原因は?

筋肉が緊張する原因は、同じ姿勢をとり続けることによって、乳酸などの疲労物質が筋肉に溜まっていくということがあげられます。筋肉の血流が悪くなり、筋肉の緊張や凝りの症状がでてきてしまうのです。

同じ姿勢をとり続けるのは禁物

同じ姿勢をとり続けると、筋肉は緊張して凝り固まってしまいます。ほかにも、枕の高さや運動不足、ストレスなどの原因も。筋肉の緊張が悪化すると、うつ病の原因にもなってしまうため、注意が必要です。

デスクワークをしたり、スマートフォンを操作する際は、同じ姿勢を取り続けるのではなく、定期的に体勢を変えることが大切だといえます。

意外と気づかない筋肉の緊張

パソコンを使ったあとには肩が凝り、自分の筋肉が緊張していることに気づく人は多いはず。しかし、スマートフォンで通話をしているあいだやメールを打っているときなどに、力いっぱい受話器や携帯電話を握りしめ、気が付かないうちに筋肉が緊張しているということも少なくありません。

困ったような、不安そうな顔をしてみてください。そのときに、眉間にしわが寄ったり、肩が上がったり、猫背になるなどになった人は要注意。眉間にある皺眉筋(しゅうびきん)や、首から肩、背中にかけてある僧帽筋(そうぼうきん)が緊張しているサインなので、普段から緊張していないか意識してみましょう。

筋肉の緊張をリラックスさせるには

緊張した筋肉を和らげるためには、ストレッチや入浴が効果的。まずは、毎日しっかりとお風呂に浸かることが大切です。

首と肩をほぐすストレッチが効果的

デスクワークで長い時間同じ姿勢をとり続けるときは、猫背にならないようにしましょう。そして、少なくとも1時間に1回は立ち上がり、首から肩をゆっくり回すようにストレッチをおこなうことが大切です。首や肩の血流を促すことで、筋肉の緊張を予防します。

体だけでなく、眼も休めなければなりません。眼は、30分~1時間に1度程度、1~2分ほど目を閉じるようにすると緊張がほぐれます。

横になってストレッチができる場合は、床に横向きに寝て、床に指先をつけながら頭の上まで指を滑らせましょう。横になった足はそのままにして、上半身のみ後ろに振り替える、というストレッチをするのがおすすめ。肩甲骨の筋肉の緊張にとても効果的です。

お風呂は湯船に浸かることがポイント

入浴をシャワーで済ませている人は多いですが、湯船にしっかり浸かり、体を温めることも大切です。

水中では体に水圧がかかっているため、湯船に浸かりながら体をマッサージすると、普通にマッサージするよりも効率よく効果が得られるのでおすすめ。

お気に入りのアロマや入浴剤なども活用し、入浴を楽しみましょう。

また、セルフケアももちろん重要ですが、なかなか改善しない場合はプロに体を見てもらうのがおすすめ。

カラダファクトリーのボディ・フットケアコースでは、筋肉や筋膜という体の深いところにまでアプローチしたマッサージをおこなってくれます。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)