リラクゼーションで心をほぐす方法5選:自分に合った方法を実践しよう

記事の著者:Siena編集部

人は常にストレスに晒されています。ストレスが病気を起こしたり、精神的に辛い場合、どのように対処すれば良いか頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか。

今回は、リラクゼーションで心をほぐす方法を5つ紹介します。

また、運動でストレスを解消したいという方にはホットヨガスタジオ「カルド」がおすすめです。ホットヨガは普通のヨガよりも得られる効果が高いので、美容に興味がある方にももってこいでしょう。

「カルド」は酸素を燃焼しない方法で部屋を温めているので、サウナなどで息苦しさを感じる方でも利用しやすいはずです。ぜひ「カルド」で心地よいヨガライフをスタートさせてください。

カラダファクトリーの公式ページで詳細をチェックする

プロの施術を受ける

東洋医学に則ったマッサージではありませんが、香りのするオイルや色々な趣向を凝らし、心もほぐすことで癒しへと導かれるでしょう。

保険適用にはなりません。目的や要素に合わせて、マッサージ店とリラクゼーションサロンを使い分けることがポイント。

凝り性の人は、あん摩師、柔道整復師や整体師に施術をしてもらうと良いでしょう。

マッサージや整体院の違い

マッサージは、凝った所を揉みほぐすことで痛みやだるさを取る施術で、マッサージ師とかあん摩師などの資格が必要です。

整体師やスポーツマッサージも資格が要ります。

保険適用になるのも特徴です。ただし、温泉の出張マッサージ師は資格を持っいても、保険適用にはなりません。

リラクゼーションサロンのマッサージ師は、基本的に資格は要りません。よって、リラクゼーションサロンでは、マッサージと言うことができません。

セラピストに相談する

セラピストとは人間に治療を施す治療士や療法士の総称です。ただし、医師では無いので、医療行為はできません。

大まかに分けると、ボディ系セラピスト、心理系セラピスト、エネルギー系セラピストに分かれます。

ボディ系セラピスト

ボディ系セラピストは、身体の状態を整えてくれます。

足つぼマッサージ、リフレクトロジー、アロマテラピーなどが挙げられるでしょう。先程紹介したマッサージも、ボディ系セラピストの部類に入ります。

心理系セラピスト

心の問題に切り込んで、心の負担を軽くするセラピストです。基本、精神疾患の方の相談はできません。

心理カウンセラー、心理療法士、精神療法士などが挙げられるでしょう。ソーシャルワーカー、ケースワーカー、スクールカウンセラーも該当します。

臨床心理士に関しては、医師の指導の元でなら医療行為を行えます。

聞いてもらうだけで心が軽くなる場合もあるので、悶々と1人で悩んでる方は、心理系セラピストに相談するのも良いでしょう。

エネルギー系セラピスト

気功などを用いて、心身を楽にするセラピストです。

民間療法と見なされ、セラピストとしては認められない傾向はありますが、リラクゼーション効果のある手当て療法として需要があるようです。

注意点

高いお金を取って、実は新興宗教だったとか、詐欺紛いのセラピストもいるので注意が必要です。

良いセラピストは、高額なお金を取ったりはしません。医療よりは高いかも知れませんが、試してみる価値はあるでしょう。

アロマテラピー

アロマテラピーは、オーガニックの植物から抽出した香油を使って、心身のトラブルを穏やかに回復し、健康や美容に役立てていく自然療法です。

香りは使い方次第で、リラクゼーション効果が抜群に高い特徴があります。

リラクゼーションの定番と言えば、ラベンダーの香りが人気。アロマオイルを入れた加湿器などでも、手軽にアロマを楽しむことができます。

アロマオイルの選び方は、プロの整体師である安田さんがこちらの記事で詳しく説明しています。お悩み別アロマオイルの効果的な選び方

注意点

香りアレルギーの人がいます。例えば喘息を患っている人は、柑橘系の香りは避けましょう。

心臓病の方も柑橘系、特にグレープフルーツの香りがダメだと医師にも言われることもあります。

杉アレルギーや花粉系のアレルギーがある人は、木の香りや草原の香り等は控えましょう。香りは、自分に合う香りを専門店の店員さんに選んでもらうのもオススメ。

スポーツをする

筋トレマシンやプールも完備してるジム、信頼のおけるトレーナーや講師のもとで汗をかくなど、汗をかいて清々しさを感じることもリラクゼーションです。

強靭な肉体には、健全な魂が宿るとも言います。自信にもなって、心身共に充実していくでしょう。

ジョギング、ウォーキング、自分でできる範囲でスポーツで汗をかいてみませんか?

ただし、無理をして行うスポーツはストレスになって身体に悪い可能性があるので、自分の能力に合わせたスポーツをしましょう。

ヨガ・ピラティス

ヨガやピラティスもリラクゼーション効果が期待できますが、両者には違いがあります。どちらが向いているか、見極めてから始めるのが良いでしょう。

運動することでリラクゼーション効果が上がる人もいます。特にヨガやピラティスは、始めやすいということもあって人気です。

ヨガの特徴

ヨガは、呼吸とストレッチに重点を置きながら心身を鍛えるものです。宗教色が強く、インドの宗教思想に基づいて心身を鍛えるもので、呼吸法などでリラクゼーション効果が期待できます。

ピラティスの特徴

ピラティスは、常に姿勢を意識しながらインナーマッスルを鍛え、心身共にリラックスさせるメゾットになっています。

まとめ

マッサージやリラクゼーションマッサージを受けると、心身ともにリラクゼーション効果が期待できます。姿勢の善し悪しも心の負担になる場合があるので、まずyogは施術するスタッフに相談しましょう。

身体に負担の掛からない程度に、スポーツで汗をかくと心身ともにスッキリすることが可能です。ヨガやピラティスもリラクゼーション効果がありますが、違いがあるので、どちらが合うのか見極めることが大切。

自分に合う方法で、心のリラクゼーションを心掛けましょう。

ストレス解消しながら綺麗になろう

運動に打ち込んでストレスを解消するなら、同時にダイエットもしたいですよね。ホットヨガはダイエットにもってこいの運動なのでとてもおすすめです。

ホットヨガスタジオ「カルド」にはレベルや目的別のさまざまなプログラムがあり、初心者の方も経験者の方も自分に合ったレッスンを受けることができます。

ホットヨガで大量の汗をかくことで、代謝が高まったり肌がきれいになったりと高い美容効果が得られるので、運動に打ち込みながら綺麗になりたい人は、ぜひ「カルド」をチェックしてみてください。

カラダファクトリーの公式ページで詳細をチェックする