脚の疲れを癒すマッサージ方法:たった5分で疲れを取り除く!

記事の著者:Siena編集部

仕事終わりに、脚がへとへとで疲れがたまっているという方は多いのではないでしょうか。1日5分程度、脚のマッサージを行えば脚の疲れを取り、すっきりさせることができます。

脚のマッサージを行い、老廃物が溜まりにくく疲れにくい脚へと変えていきましょう。

また、全身の疲れを癒したい、足が重い、という方にはリーズナブルな料金が人気を集めるカラダファクトリーがおすすめです。

カラダファクトリーでは、足つぼやオイルトリートメント、美容整体など様々な方法で疲れにアプローチをすることができます。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)

脚の疲れの原因

脚が疲れている、だるいと感じるその原因は、脚の筋肉が硬直してしまい、筋肉を緩める働きが弱って、疲れを逃がすことができなくなっている状態です。

筋肉が緊張すると血行も悪くなります。身体中を循環して濾過されるはずの疲労物質が足に溜まりっぱなしになることで疲労が蓄積していきます。

実は、脚の疲れの原因は筋肉の緊張と血行の悪さにあるのです。

そのため、筋肉をほぐして緩めて血行を良くして疲労物質を流しせば、脚の疲れが解消するメカニズムとなっています。

脚の疲れを取り除くマッサージ方法

脚の疲れを取り除くためのマッサージ方法を紹介します。

マッサージは、風呂上りなど体の温まった状態で、水分補給を行ってからすると良いでしょう。また、肌との摩擦を少なくするためにボディクリームやマッサージオイルを使用することをおすすめします。

脚の疲れを取り除くマッサージ方法➀

まずは床に座り、片方の膝は伸ばし、もう片方の膝を曲げて伸ばした足にのせます。曲げている方の足からマッサージを行います。

次に、足首を回します。足の指の間に、のせているほうと反対側の手指をしっかり入れて、足の指の間を広げ、ゆっくり丁寧に回します。時間をかけて右に5回まわした後は、左に5回まわしましょう。

足首を回した後は、足の指を回します。足の指を一本ずつゆっくり引っ張って回していくのがポイントです。

足の指がすっきりしたら、足裏を押しましょう。両手の指で足裏をまんべんなく押していきます。

最後に、アキレス腱を挟むように指で押しましょう。

足首回しから、足首の指圧までを1セットとしてください。左右とも行うことで、足首から先の筋肉をほぐして疲れを逃しやすくします。

脚の疲れを取り除くマッサージ方法➁

脚全体のリンパ節をマッサージして疲労物質を流しやすくします。リンパ節は皮膚のすぐ下にあるため、強く押さずにさする程度の刺激で十分です。

まずは、太ももの付け根の、鼠蹊部(そけいぶ)のリンパ節をゆっくりと手のひらで押し、10秒程度押したらゆっくりと手を離します。

次に、膝の裏のリンパ節を両手の指4本でゆっくりと押し、10秒程度押したらゆっくりと指を離してください。

最後に、足首を両手で包み込むように握り、太ももにかけてゆっくりとさすり上げるのがポイントです。このマッサージも左右交互に行うことで、リンパの流れが良くなり、脚全体がすっきりします。