原因は冷えと食事。足首のセルライトを無くして、引き締まった脚へ。

記事の著者:Siena編集部

美脚になりたい、というのは多くの女性が思うこと。ただ細いだけでなく、太もも、ふくらはぎ、足首とメリハリのあるラインを求める人も多いはず。足首が太くなってしまう原因の1つに、セルライトがあります。

セルライトは、脂肪細胞が体内に溜まった老廃物などによって肥大化してしまっている状態のこと。脂肪ということに変わりはなく、運動などで解消することも可能ですが、皮下脂肪は落ちにくく、また老廃物の排出も同時におこなう必要があるため、通常の脂肪よりもセルライトを落とすことの方が難しいと言われています。

しかし、きれいな足首を目指すためには、日々の生活から改善していくことが大切。理想を強く持ち、コツコツと見直していきましょう。

老廃物を排出させるためには、脚のマッサージや整体で歪みを整えるのも。おすすめはカラダファクトリー。大手の整体サロンで、体の歪みを根本から整えてくれます。歪みを整えることで、血流が良くなるので、むくみにくくなります。また、オイルトリートメントのコースで、リンパの流れを良くすることも。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)

セルライトができる3つの原因

原因を詳しく知ることで、セルライトができないように改善していくことが可能。また、それぞれの原因にも共通点があり、きちんと理解していくことが大事になってきます。

体の冷えは天敵

体が冷えているときは、血液循環が悪くなっている状態です。血の巡りが悪くなると、脂肪燃焼が低下。この一連の流れはリンパの流れも悪くさせてしまい、老廃物が溜まることに結びついてしまうのです。そして溜まった老廃物が脂肪細胞とくっついてしまい、セルライトに。

また、足首は心臓から一番遠く、体の1番下に位置する部位。重力の影響もあり、不要な水分が溜まりやすい場所です。

食生活にも気をつけて

食事内容によっても、脂肪を蓄積させ老廃物の排出を妨げてしまう可能性があるのです。高カロリーで脂っぽい食事は注意が必要。高カロリーの食べ物は、血液をドロドロにしていき、血液の循環を滞らせます。冷えの原因と似たような現象が起こるだけでなく、脂肪もつきやすくなり、セルライトができやすい状態なので、気をつけましょう。

塩分の摂り過ぎは、むくみを引き起こす大敵。塩分を摂り過ぎると、体は水分を欲しがります。すると、余分な水分が体内に溜まり、むくみを引き起こすことに。また、体を冷やす原因に砂糖も。炎天下で育ったサトウキビは夏野菜のキュウリなどと同じように、体を冷やす作用があると言われています。摂りすぎには気をつけましょう。

靴選びも大切

セルライトができる原因は、食生活など生活習慣が大部分を占めますが、むくみの放置も気にをつけましょう。脚に合わない靴や、歩き方に癖がある習慣も原因です。

女性の間では、ヒールが高いものが脚が細く見えると好まれがちですが、セルライト対策では自分に合った靴を選ぶことが重要。

足首マッサージで改善しよう

足首のセルライトを解消するには、マッサージと足首回しが効果的。老廃物が溜まらないように、押し流す感覚でマッサージをしましょう。また、足首をつまんで離したりだけでも効果があり、1日5分だけでも良いので、意識しておこないましょう。

足首回しは、つま先を遠くへ押し出すイメージのストレッチとかかとを遠くにやるイメージのストレッチをおこなうことがポイント。脚の末端のバランスをとることが、足首のリンパや血液の循環を改善することに繋がるため、毎日継続してのマッサージがおすすめ。

整体でのメンテナンスも

足首はもちろん、脚全体や全身のむくみ、痩せを目指したい人には、カラダファクトリーの整体がおすすめ。プロの施術でメンテナンスしてもらって、全身の老廃物を流して身体を軽くしましょう。

駅から近い店舗が多く、全国に展開しているので、仕事帰りでも休日でも通うことが可能。続けていくことで、あらゆる悩みを解消することができるかもしれません。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)