ふくらはぎの外側が太くなる原因と対処法:デトックス法を紹介!

記事の著者:リラクゼーション・ラボ編集部

ふくらはぎの外側が張り出していたり、足の膨らみが気になり出したといった悩みを抱えている人は多くいます。この原因は、膝関節と足関節のねじれです。今回は、ふくらはぎの外側が太くなる原因と、ふくらはぎ痩せに効果的な方法を紹介します。日常生活に対処法を取り入れて、改善していきましょう。

ふくらはぎを引き締めたい人は、こちらの記事も合わせてチェックしてください。

ふくらはぎを引き締める方法

ふくらはぎの外側が太くなる原因

ふくらはぎの外側が太くなってしまう原因には、どのようなものがあるのでしょうか。

多くの場合は、膝関節と足関節のねじれの影響が、ふくらはぎの外側を太くさせる原因となっています。膝関節がねじれることで、ふくらはぎの外側の筋肉が引っ張られ、筋肉が外側に張り出してしまうのです。

ふくらはぎの張りの解消方法

ふくらはぎの張りを改善するためには、ねじれを改善することが近道。

では、ねじれはどうして生じてしまうのでしょうか。原因としては、普段の生活で行なっている姿勢や動作に問題が考えられます。正しい立ち方や歩き方ができているか、まずは日常の動作を見直してみましょう。

また、ねじれや歪みをプロによる施術で解消することもおすすめです。全国的に展開している整体院のカラダファクトリーでは、骨格の調整コースが有名です。施術の腕はもちろんのこと、日常生活で気をつけるべきポイントもアドバイスしてもらえるので、不調に悩まない体になることができます。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)

①正座でストレッチする

実は、正座にはストレッチ効果があり、太ももの前側や足首を伸ばすことができます。両足に均等に体重がのることで、背筋がピンと伸びた姿勢をとることができ、ねじれ改善に効果的です。

また、正座をすることで、ふくらはぎが圧迫されるので、下半身に溜まった血液が押し流され、血流の流れもスムーズになります。

②脛骨の横の筋肉を親指で押す

ふくらはぎの筋肉がパンパンに張ったまま放置しておくと、血行が悪くなって老廃物が溜まってしまいます。その結果、筋肉の代謝が落ちてしまい、脚に脂肪がつきやすくなるのです。

リンパの流れに沿って老廃物を流す必要があり、足首から膝下のストレッチを行うことが、ふくらはぎの張りに効果的。脛骨(すねの内側にある細い骨)の横にある筋肉を親指で軽く押していきましょう。

ふくらはぎの筋肉は伸びたり、縮んだりと収縮することで、下半身の血液を心臓に戻すポンプの役割を果たしています。第二の心臓と呼ばれ、頻繁にヒールを履いている女性は、脚がむくみがちです。たまにはフラットシューズか、低めのヒールに変えることも、足を労わることに繋がります。

③足湯でデトックス

足を温めることで血流が改善し、老廃物の蓄積を防ぐことが可能です。脚に疲労を残さないためにも、足を温めて血流を改善させることは有効。疲れや冷えなどから凝ったり、張ってしまった脚を温めましょう。さらに丁寧なストレッチやマッサージをプラスすることで、美しい足が手に入れることができます。

老廃物が溜まりやすくなってしまうと、太ももとふくらはぎの間の循環が悪くなる恐れも。ふくらはぎの筋肉が張りだしたらマッサージを取り入れ、丁寧にストレッチしましょう。

プロにメンテナンスをお願いしよう

整体院のカラダファクトリーでは、不調を根本的に改善することが可能です。いつも座り作業で身体が疲れがちな人など、さまざまな悩みがあります。自分の悩みに合った施術をしてもらえ、自宅でできるメンテナンス法も丁寧に教えてもらえるので、不調に悩まない体づくりができると好評です。

初回限定でお得に体験できるコースもあるので、体のプロによるメンテナンスで疲れにくく、むくみにくい体を目指しましょう。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)