24/7ワークアウトの食事指導:無理のない食生活で体を引き締めよう!

記事の著者:Siena編集部

きめ細かいトレーニングと食事指導で理想の体型を目指せると評判の24/7ワークアウト(workout)ですが、食事制限は厳しいのでしょうか。

いざお金を払って、パーソナルトレーニングジムに入っても、食事制限が厳しすぎて耐えられないとなっては辛いですね。

この記事では、24/7ワークアウト(workout)の食事指導で、食べることができるもの、どういった食事管理がされるのか、どういった人に向いているかをご紹介します。

実際に無料カウンセリングで相談してみたい!という方は下のボタンからカウンセリング予約をしてみてください。

24/7ワークアウトを予約(公式サイト)

目次

1. 具体的に24/7ワークアウト(workout)はどんな食事指導をしてくれるの?

Mami Takaさん(@mami_taka_)がシェアした投稿


食事管理というと、朝昼晩と食べた食事の写真を撮って、トレーナーに報告するというめんどくさいものを思い浮かべていませんか。

24/7ワークアウトでは食事を取るたびに、トレーナーに報告しなければならないというのは一切ありません。

まず、24/7ワークアウトでは最初に食事プログラムという本を配布され、基本的な食事の取り方を学びます。

献立を何にするか、これは食べていいのかなどは、トレーナーに電話あるいはメールで随時確認することができます。

食事プログラムの本に加えて、トレーニング期間中に体感的に自分が痩せるために取るべき食事の感覚をつかむのが大切なので、どういった食事をしたのか、随時確認するのがよいです。

食事は毎回報告しないものの、さぼっていると結果に表れますし、自分のためにもならないので、トレーナーにどんな食事を取ったか聞かれた際は正直に答えましょう

また、食事指導では、カラダの状態やトレーニングの段階に合わせて、食事以外にプロテインやサプリメントを使うことでトレーニング効果を最大化します。

そうしたアドバイスも受けることができ、とても役立ちました。

1-1. 24/7ワークアウトはプロテインやサプリメントの押し売りはない?

食事指導で大切なのがプロテインやサプリメントの押し売りです。ダイエットのためには栄養バランスに気を使う必要があるという理由で、食事指導はプロテインやサプリメントの営業をする手段になります。

トレーナーにノルマが設定されていたり、市販のものと成分がそれほど変わらないにも関わらず高額なプロテインやサプリメントを勧めるように言われているジムは少なくありません。

実際に24/7ワークアウトに行って確認したのですが、プロテインやサプリメントの押し売りは一切ないです。予算を伝えると、「プロテインを使わなくても大丈夫な方法を探りましょう」と嫌がる顔をせず対応してくれました。

ただ、誤解がないように言うと、栄養バランスを整える上でプロテインやサプリメントは効果的です。24/7ワークアウトでは、なぜ必要なのかを具体的に数字を使って説明してくれるため、親切な印象を受けました。

もし24/7ワークアウトの雰囲気を確かめたいという方がいれば、まずは体験に行ってみることをおすすめします。体験に関する詳しい内容をこちらで紹介しているので、ぜひ見てみてください。→話題の24/7workout(ワークアウト)の体験談:女性でもついていける!?

2. 24/7ワークアウト(workout)に通っている人はどんな食事を取ってるの?

食事管理というと、質素なものしか食べれないのではないかと考える方が多いと思いますが、実はそんなことありません。

下記のTwitterの投稿画像を見ると、24/7ワークアウト(workout)では、1食あたり下記のような野菜と肉のバランスの取れた食事を取ることができます。

一般的にダイエットする際の食事で考えられているほど、質素なものではないでしょう。

食事管理というと、質素なものしか食べれないのではないかと考える方が多いと思いますが、24/7ワークアウト(workout)に限ってはそんなことはありません。

ダイエットと聞いて、味気ないプロテインやサプリメント、質素な食事をイメージされていた方は心配する必要はないです。

また、24/7ワークアウトでは、入会した方に30食無償提供というものをやっており、鶏ささみ、ローストビーフ、ポークスライス、味付けささみなどヘルシーな肉料理が提供されます。

上記のようなタンパク質を含んだ食べ物はしっかりと摂取する必要があるそうで、セブンイレブンのサラダチキン、ローソンのブランパンなどが市販の物ではおすすめとのことです。

栄養素豊富な食べ物もおすすめ!

さらに、栄養分豊富なSOYJOYなどの食品も適度のタンパク質を含んでいて、身体に良いそうです。

1つの製品で複数の味がある場合は、SOYJOYのようにチョコレート 5.4g、3種のレーズン4.6g、ブルーベリー4.4g、ストロベリー4.3g、バナナ4.1gといった具合で、味ごとにタンパク質が異なるので、注意して見てみてください。

ダイエット期間中にも関わらず美味しいものは食べることはできますが、レパートリーが単調になってくるため飽きてきます。

トレーナーに相談すると、私の場合は鶏むね肉に塩、胡椒、ナツメグ、タイム、バジルなど振りかけて、グリルにすると美味しいよというアドバイスをもらうことができました。

多少の我慢はありましたが、食事の面では楽しくトレーニングを終えられたかなと思います。

3. なぜ24/7ワークアウト(workout)の食事指導は効果があるの?

まずダイエットと聞いて、食事の量を大幅に減らすといったことが思い浮かぶのではないでしょうか。

しかし、ダイエットをするためには食事をしっかりと摂取し、糖質や炭水化物も適切な量をしっかりと取る必要があります。

食事をしっかりと取る必要があるのは、筋肉が関係しています。

ダイエットをする際に、まずは筋トレといった無酸素運動で必要な筋肉をつけ、筋肉の増加により新陳代謝がよくなることで、脂肪が燃焼されます。

そして筋肉をつけるためには、食事をとることが必要なので、空腹状態での筋トレはダイエットの観点から効果的ではありません。

上記を踏まえた上で、24/7ワークアウト(workout)の食事指導がなぜ効果的なのか紹介していきます。

3-1. 3食しっかりとるからこそのカラダ作り

冒頭で述べた通り、3食しっかり食べることがダイエットに効果的である理由をご紹介します。

まず、ダイエットのために重要なことは「継続すること」です。トレーニングや食事制限を継続できなくては、まず目標としている体型に近づくことは不可能です。

極度の空腹や食べたくても食べれないという状態は、ダイエット継続のモチベーションに深く関わってくるので、朝昼晩と1日3食食べれるのは、空腹が原因でダイエットを継続できなかった人にとって非常に嬉しいことではないでしょうか。

これが重要なのですが、筋トレのような無酸素運動は、グリコーゲンを燃焼してエネルギーを作り出していますが、空腹の状態だとグリコーゲンが不足し、体の筋肉などから栄養を奪って燃焼してしまい筋肉が育ちにくくなってしまいます。

健康的なダイエットには筋肉は欠かせないのですが、筋肉が育たたない結果、グリコーゲンを燃焼できず、食べたものがそのまま脂肪になります。

3-2. 糖質制限しすぎは良くない

ダイエットの方法として有名なものに「糖質制限」がありますが、極端な糖質制限は体に良くないです。

24/7ワークアウト(workout)では、一定の糖質は取ることを推奨されます。

肥満の原因は中性脂肪にあると言われており、中性脂肪の正体はグリコーゲンになりきれなかった糖質です。

つまり、元凶である糖質を摂るのをやめることで中性脂肪を貯蓄しにくく、消化しやすくなります。これが糖質制限のメカニズムです。

実際に効果が出ている方などはネットを見るとたくさんいますが、そういったブログなどを100%信頼して、参考にするのは危険だといえます。

1日の生活において消費されるエネルギーの大半を糖質は占めており、極度な糖質制限は体に害が及ぶため自分にあった糖質コントロールをする必要があります。

必要な分だけしっかりとりながらトレーニングをしていくことで、より効果的なダイエットが望めるでしょう。

糖質に関する正確な情報は、公式サイトでも紹介されているのでぜひ参考にしてみてください。→24/7ワークアウト:公式サイト

3-3. 太るのは怖いけど炭水化物も制限しすぎないのが大切

炭水化物を摂ることの重要性も、前述した糖質制限と変わらないものです。

24/7ワークアウト(workout)では、糖質と同じく、炭水化物も必要な量は摂取することを推奨されます。

やみくもに食べない姿勢をとることだけが効果的な方法ではありません。消化するエネルギーに対して、摂取するエネルギーが過度に越してしまわないように、調整していくことが大切です。

厳密に管理する必要はありませんが、一度結果を出して、どれくらいの運動量に対して、食事はどれくらい取るべきかという感覚を持つことがダイエットや体型維持の成功の鍵となります。

炭水化物に限っていえば、控えすぎるというのはあってはならず、肌荒れなど美を損ねてしまいかねません。

炭水化物は米やパン、パスタなどの食材のことですが、例えば米には良質なアミノ酸が含まれておりタンパク質の原料としても、お肌の状態改善にしてもいい効果がたくさんあります。

炭水化物に関する正確な情報は、公式サイトのこちらのページから見れます。

3-4. 食事による健康的なカラダ作りが、長期的な体維持に繋がる

24/7ワークアウト(workout)では、朝昼晩と3食の食事の中で、健康的なカラダ作りをするバランスを整えていきます。

過度なダイエットによる健康の阻害、ダイエット期間の食事が非日常的すぎてダイエット期間終了後に継続できないことによるリバウンド。

食事から健康的なカラダを作ることが、ダイエットを成功させ、継続した体型維持をする上で不可欠なのです。

3-5. 食事管理で1番難しい自制心を支えてくれる

食事管理は文字で見れば簡単そうに見えますが、実際はメンタル勝負です。そこで活躍してくれるのがトレーナーという存在。

二人三脚でメンタル面でも支えてくれるトレーナーからの「もう少し頑張りましょう」「これだけ食事を調整できてすごいですね」という一言がキツイと感じているときに、ものすごく力をくれます。

マンツーマンでトレーニングを乗り切った後には、日々の食事を管理する意思が身につくかもしれません。

3-6.食事制限中にお酒は飲んでいいの?

ダイエット中にお酒が飲めるのか気になる方もいるかもしれません。

もちろんお酒は控えた方がダイエット効果は上がります。トレーナーの方からもお酒は極力控えてくださいと最初にアドバイスされるそうです。

しかしどうしても仕事上飲み会を断れないといった方は、お酒の種類をウイスキーや焼酎、糖質ゼロビールのような糖質が少ないお酒にするのがいいでしょう。

飲み会でもなるべくウーロン茶などのソフトドリンクにしてみるのもいいかもしれません。「ダイエット中だから」と言えば理解してくれる人は多いと思いますよ!

4. 24/7ワークアウト(workout)の食事アドバイスが向いている人

4-1. 糖質や炭水化物を一切無くしてダイエットできる気がしない

食事がもともと大好きで、お米なんて特に大好き!お米がない食事なんて耐えられない!

という方は、24/7ワークアウトでの食事アドバイスに向いていると言えます。確かに炭水化物が大好きな人からするとお米を制限されたり無くされたりすることは、とても悲しいことで、一日の楽しみが減ってしまうことにもなります。

トレーナーなどと相談して、どうにか別のもので代用できないかなど、解決への一歩を踏み出すことで不安を消すことができます。

4-2. 健康的に痩せる方法を自信を持って知ってるといえない

ダイエットはしたいけど極端なやり方でのダイエット方法しか知らず、健康的に痩せる方法についてはあまり知らない、という方も24/7ワークアウトの食事アドバイスに向いています。

いまやダイエット方法はたくさんあり、その中から自分に合った健康的なダイエット方法を見つけることは難しいです。

また、個人個人で体の状態は異なり、もし他の人が痩せたという方法であっても必ずしもそれが自分にも効果があるとは言えません。

専門的知識のないままネットや雑誌で仕入れた断片的な情報ではなく、24/7ワークアウト(workout)で結果に繋がった自分だけの食事管理法を身につけることができます。

4-3. 数か月間、食事の調整を維持できる気がしない

その日の気分で食べたいものを食べなければ気が済まない!数カ月もの間食事をコントロールできる気が全くしない!といった方も24/7ワークアウトでの食事アドバイスに向いています。

味や感触がそっくりなもので代用するという方法があります。例えば、豆腐ハンバーグ、こんにゃくステーキなど挙げればきりがありませんが、こうした方法はダイエットレシピとして広く知れ渡っています。

トレーナーさんと相談して、今食べたいものの代用品はどのように作れるかというのを模索していきましょう。

5.24/7ワークアウトの食事指導は厳しすぎなくておすすめ

以上のように、24/7ワークアウトの食事指導は、多少の制限はありつつも、野菜以外にもお肉や魚が食べられたりするので、トレーニングメニューとしては厳しすぎないとの評判です。

無理のない食事内容で、ストレスを溜めないことは継続するためにとても大切なこと。厳しすぎない24/7ワークアウトの食事指導は実行可能性が高く、多くの人がギブアップせずに続けて効果を実感しています。

食事を楽しみながらダイエットをしたい方や今まで食事制限でダイエットに失敗してしまった方におすすめです。

24/7ワークアウトを予約(公式サイト)