ホットヨガで痩せるための方法とは?セルライト解消にも。

記事の著者:Siena編集部

ダイエットのために、ホットヨガを始めようか悩んでいる人もいるはず。痩せるためには、いくつかの条件を知ることが大事です。

温かな空間でおこなうホットヨガは、通常のヨガよりもさまざまな効果が期待できると言われています。運動効果を高める環境でヨガのポーズをすることで、より一層ダイエット効果が得られるため、ちゃんと体を動かして痩せるダイエットがしたいという人にはおすすめの運動法なのです。

ホットヨガとは?

ホットヨガとは、室温が39度前後、湿度60%前後に設定されたスタジオでおこなうヨガのことをいいます。温度と湿度が高い場所で運動するため、普通のヨガと比べて発汗量が多いのが特徴です。

室温39度は、体を柔軟にしてくれるといわれているため、初心者でもヨガのポーズを作りやすくなることがポイント。また、ホットヨガも通常のヨガと同じようポーズを取っていくので、運動が苦手な人でも継続していくことができます。

ホットヨガで得られるダイエット効果

ホットヨガは、室温を38~40度、湿度を55~65%に調整した空間のなかでおこなうヨガのことを言います。身体をすぐに温められる環境なので、柔軟性も高まり、運動効果が上がります。代謝も上がり、脂肪燃焼効果もより期待できるようになります。

また、大量の汗をかくことでデトックス効果の期待もできるため、ダイエットはもちろん美容にもおすすめなのです。

ホットヨガで痩せる方法とは?

通常のヨガよりも汗をかくため、高いダイエット効果を得られるホットヨガ。しっかり痩せるためには、正しい方法でおこなう必要があります。

定期的に通う

ホットヨガで痩せるためには、定期的に通うことが大事。1回で痩せた気になってしまうことがありますが、ダイエットは1日だけで終わるものではありません。

最初はできるだけ毎日おこなうことがおすすめ。まず集中的に体重を落としましょう。その後、リバウンドしないために体重を維持する目的で、週に1~2回程度通うのが最適。最低でも1ヵ月は続けないと効果がでません。3ヶ月通ってやっと痩せ始めた、という人もいます。痩せるペースは人それぞれということを認識しておくことも大切です。

すぐに食事をするのはNG

運動したあとは、お腹が空くもの。しかし、ホットヨガ後の2時間以内に食事をすることは、太りやすくなってしまうため避けましょう。せっかく汗を流し、新陳代謝を上げて痩せやすい体にしても、食べたものを吸収してしまったらせっかくの運動が無駄になってしまいます。

最低でも、2時間経ってから食事を摂りましょう。もちろん食事だけでなく、ビールなどのアルコール類も、レッスン後2時間以内は避けてください。

ホットヨガの注意点

高い室温と湿度のなかで運動をするため、いくつか注意すべき点があります。とくに、脱水症状には気をつけるようにしましょう。体調が悪くなったら、無理せず休むことが大事。

こまめな水分補給

運動のときには、水分補給が必須です。飲み物は常温の軟水がおすすめ。

ホットヨガがおこなえるスタジオは、通常のヨガスタジオよりも汗をかきやすい環境。そのため、しっかりと水分を摂る必要があります。また、一気に水分を摂取するのではなく、短い間隔でこまめに口に含む方法で補給していきましょう。一気に水を飲んでしまうと、尿で排出されてしまうため、余計に脱水症状を引き起こしてしまう可能性があります。

食事の時間に注意

ホットヨガをおこなう2時間前後に、食事はとらないようにしましょう。

レッスン前にたくさん食べてしまうと、満腹状態と高温多湿なスタジオ環境で気分が悪くなってしまうことがあります。レッスン前後は、体に負担のかからないものを食べるようにしましょう。

長時間おこなわない

想像よりも体力をかなり使うホットヨガ。そのため、長時間おこなうことはおすすめしていません。レッスンを受ける場合は、1日1〜2レッスンにしておきましょう。体に負担がかかってしまっては、十分な効果が得られなくなってしまいます。

ホットヨガがセルライトを落とす?

代謝を上げ、冷えを改善する運動をおこなうことでセルライトを消すことが可能。有酸素運動でもあるヨガを、高温多湿の環境のなかでおこなうことで、より効果的にセルライトを解消してくことができるのです。

セルライトを燃焼させるためには、有酸素運動と並行してダイエットすることが効果的。セルライトは脂肪でできているため、運動をして代謝を上げることで自然に消滅していきます。また、体を冷やさないようにする、運動不足を解消する、過食をしない、締め付ける下着やヒールの高い靴をなるべく避けるなど、の方法も試してみることもおすすめです。

時間が経つと解消することが難しくなるため、なるべく早いうちに対処することがポイント。また、すぐに解消するものではないので、時間をかけてじっくりとケアすることが大切です。

おすすめのヨガポーズ5選

ゆっくりとした動きで、穏やかな気持ちを持っておこないましょう。また、普段よりも温かい環境ですので、あまり難解なポーズや頭を急激に下げるようなポーズは避けましょう。

三角のポーズ

両足を開いて立ち、右足は90度の方向へ、左足はつま先を正面へ向けて立ちます。両方の腕を肩の高さにし、床と平行になるように気をつけながら左右へ伸ばします。手のひらは下に向けたまま、ゆっくりと肩甲骨を開いていきましょう。息を吐きながら上体をゆっくりと右に倒していきます。このとき、脇腹がしっかり伸びているのを意識しておこなうとより効果的。

左手を天井に向けて伸ばし、呼吸をしながらポーズをキープ。30秒ほどが目安です。目線は左手の先に向けましょう。肩を伸ばしながら元の姿勢に戻し、反対も同じようにおこないます。

下半身をストレッチできるポーズで、お尻の引き締めに効果があります。

舟のポーズ

両足を前にまっすぐ伸ばして座り、息を吐きながらひざを曲げます。両足を床から離し、その姿勢をキープしたまま足をまっすぐ伸ばしてください。下腹部を意識しながら、手を前方に伸ばします。呼吸しながらこの姿勢を20秒キープしましょう。

身体全体で舟のような姿勢を取るポーズ。お腹周りの引き締めに効果があります。

サギのポーズ

足を伸ばし、胸を張った姿勢で座ります。右ひざを曲げて床へつき、左ひざを立てます。両手で左足の裏を持ち、高く上げておでこのほうへ近づけます。お尻はしっかりと床につけ、胸を張った姿勢を崩さないように。難しいと感じた人は、タオルやベルトを足にかけて引き上げるとやりやすくなります。その後、ゆっくりと足を下ろします。反対側も同様におこないましょう。

脚部のストレッチに特化したポーズで、脚やせの効果が期待できます。

立木のポーズ

両足の太ももに軽く力を入れながら、真っすぐに立ちます。左足に体重をかけて右足を曲げ、右足の裏を左足の太ももに当てます。右ひざを横に向け姿勢を正し、呼吸を整えて合掌しましょう。息を吐きながら、手のひらは下に向け、腕と肩が一直線になるように伸ばします。その後、腕を上げ、右腕の前で手首を交差させてください。

片足立ちのポーズで、バランス感覚を養うもっとも基本的な姿勢です。脚やお尻の引き締めに効果が期待できます。

かんぬきのポーズ

両足を肩幅と同じくらい開き。ひざで立ちます。右足のつま先を横に向け、足を伸ばします。息を吸いながら左手を耳の横まで垂直に伸ばして、右手は右の太ももにのせてください。上体を右へゆっくり倒していきます。目線は上を見るようにしましょう。呼吸をおこないながらポーズをキープします。30秒から1分程度が目安。ゆっくりと元の姿勢に戻したら、反対側も同様に。

体の側面をしっかりと伸ばすポーズで、ウエスト周りや脇腹のお肉が気になる人におすすめです。背中や太ももの引き締めにも効果が期待できます。

ホットヨガで引き締まった体を目指そう

ダイエット効果はもちろん、ダイエットでは解消することが難しいセルライトも、ホットヨガなら効果的にアプローチしていくことができます。また、激しい動きもないため、初心者の人でも気軽に始められる運動なので、ダイエットや運動不足解消を考えている人にも。

ホットヨガスタジオLAVAは、全国的に店舗を展開している大手のホットヨガスタジオ。初心者向けのプログラムも豊富で、ウェアなどの貸し出しもおこなっているので全く経験がない人でも安心。もちろん、経験者でも楽しめるレッスンも多数あります。

気になるセルライトの悩みを、ホットヨガで解消していきましょう。

LAVAを予約(公式サイト)