ホットヨガマットの選び方。素材や厚みを重視して探そう。

記事の著者:Siena編集部

ホットヨガには欠かせないヨガマット。大手ホットヨガスタジオでも、使用が必須になるなど、通うに当たって必需品となったマットですが、選び方が分からなかったり、種類が多かったりしてなかなか決められないという人も多いはず。

そもそも、ヨガマットに必要性を感じていない人も多数います。ただの敷物のようにも感じますが、これを敷くことによって体を痛めたり、ポーズをとっている最中に滑ってしまうことを防げるのです。

危険予防に効果的なヨガマットですが、具体的な選び方やレンタルについてもチェックしてみましょう。

ホットヨガではヨガマットを必ず使うべきか

レンタルでも良いので、ホットヨガをする際はヨガマットかヨガラグを使うのがおすすめです。しかし、マットはあまり重要ではないのではないか、と感じている人は多いはず。ヨガマットの効果を知り、その重要性を学んでいきましょう。

滑り止めになる

ホットヨガで転倒して体を痛めてしまっては、せっかく運動をしても意味がありません。ヨガマットは、滑り止めになってポーズを取りやすくしてくれます。

たとえば立ちポーズでは、両足を踏み込んだりすることがあったり、両足に均等に体重を乗せたりするときに必要となります。ホットヨガでは大量に汗をかくため、マットの上にラグをひいて汗を吸収させ、滑り止めの効果を高めることをおすすめします。

床の冷たさを遮断してくれる

いくらホットヨガと言っても直接床に体をつけてしまうと、せっかく温めた体が冷やされてしまいます。冷え性改善や血行促進の効果を最大限に発揮するために、ヨガマットが必要なのです。ヨガマットによって体温が床に逃げることを防ぐことができます。

体を痛めない

多くのスタジオでは少しクッション性のある床の場合が多いです。しかし身体のどこかに負担をかけるポーズがあったりすると痛みなどを感じてと正しいポーズが取りにくくなります。そこで体への負担を軽減して安全で快適にポーズをとるためにヨガマットが必要となるのです。

モチベーションの持続

レンタル品のヨガマットだと、新しさや綺麗さなどがまばらで、どうしてもモチベーションが下がってしまうという人も多いはず。自分専用のヨガマットを使ったほうがやる気がでる場合は、気に入ったマットを購入するのがおすすめです。

柄や厚さ、素材、軽さなどがさまざまあり、自分好みのマットも見つかるはずです。スポーツ用品店などに足を運び、お気に入りのマットを探してみましょう。

ホットヨガに適したヨガマットの選び方

自分でヨガマットを用意する場合は、いくつかのポイントを意識して選ぶようにしましょう。ヨガスタジオによってはマットのサイズが決まっているところもあるので、しっかり自分の通うヨガスタジオに確認してから購入してください。

マットの厚さ

ヨガマットは、1番薄いもので1mmから展開されていて、最も厚みのあるマットは12mmもあります。初心者におすすめなのは厚さ5~6mmのものです。

始めたばかりでこだわりがない人は、まずはこの厚さのものを選びましょう。ちなみにヨガ大手のLAVAの規定マットは3.5mmのものなので、LAVAに通う人は注意してください。

耐熱性のある素材で作られているか

ヨガマット選びの際には、素材に注目することが大切です。一般的には、耐熱性のある、ポリ塩化ビニルという素材のものを使用しています。グリップ力も高いので、汗をたくさんかいて滑りやすい人にもおすすめ。

また、EVA(熱可塑性エラストマー)は臭いがなく、水拭きできる素材。衛生面が気になる人は、EVAでできたものを探しましょう。持ち運び頻度が高い人は、軽い素材であるTPE(エチレン・ビニール・アセテート)でできたマットを使うようにしてください。

マットのサイズ指定に気を付けよう

一般的なヨガマットのサイズは、170cm×61cmくらいです。自宅でヨガに取り組む人やサイズの規定がないスタジオに通う人は、このサイズで問題なく利用できます。

一方、LAVAオリジナルヨガマットのサイズは、145cm×61cm。一般的なサイズより小さいものなので、LAVAに通う人は注意が必要です。市販のヨガマットをLAVAのレッスンで利用する場合は、長さをカットするか、端を折り返してほかにレッスンを受ける人との間隔をとりましょう。

重さ

重さは、一般的なヨガマットは1000gに対して、LAVAオリジナルヨガマットは840gです。LAVAオリジナルヨガマットは、持ち運びに適したサイズ、重さになっています。持ち運ぶ際は専用のヨガマットケースに入れ持ち運びましょう。

ほかにも、軽くて持ち運びに適したマットが多数あるので、実際に店舗に行って重さを確認してみるのがおすすめです。

マットの価格

一般的なマットは安いもので、1,500~2,000円。少し高い価格帯になると、3,000~5,000円のものがたくさんあります。

LAVAのマットは4,300円です。サイズも小さく運びやすいためLAVAに通う人は規定のマットを購入する人が多数います。レンタルは無料ですが、衛生面が気になる人はマットを持参しましょう。

種類が多くてなかなか決められない人は、ある程度レッスンに通って慣れてきたらお気に入りのマットを探してみるのもおすすめです。

おすすめの人気ヨガマットブランド

どんな素材や特徴があるのか分かっても、実際にどのマットがおすすめなのか疑問に思う人も多いはず。おすすめのヨガマットブランドをチェックして、好みのマットを買いましょう。

耐久性に優れたmanduka(マンドゥカ)

mandukaは世界中のヨガ愛好者に支持されているブランド。 グリップと耐久性が非常に優れていて、シンプルで上品なデザインが特徴的です。ヨガを始めてから、ずっとマンドゥカを使い続けている人も多くいるほど人気。

シンプルなものから特徴的な柄物まで、デザインが多数あります。5,000円から10,000円以上のものまで、価格展開も幅広いので、好みのマットが見つかるはずです。

manduka(マンドゥカ)公式サイト

バリエーション豊富なprana(プラナ)

prana(プラナ)はアメリカ生まれのヨガウェアブランドです。ヨガマットの厚さやサイズのバリエーションが豊富なのが特徴。ヨガマットが多数あり、初心者でも選びやすくなっていて、男女問わず人気を得ています。

なかでもトランスフォーメーションマットは吸水性が抜群なので、ホットヨガにぴったり。730gと軽量で、持ち運びにもおすすめです。

prana(プラナ)公式サイト

天然ゴムでできたjadeyoga(ジェイドヨガ)のマット

jadeyoga(ジェイドヨガ)は天然ゴムにこだわったヨガマットを扱っているブランドです。天然ゴムを使用しているため、滑りにくいと非常に評判がいいです。また、売上の一部が植林活動に寄付されるエコ活動もおこなっている環境を意識したブランドでもあります。

厚みが豊富で、1.5mmから8mmまでのものが販売されています。薄いマットだと腰やひざを痛めてしまう人は、厚みのあるジェイドヨガのマットを使いましょう。

jadeyoga(ジェイドヨガ)公式サイト

suria(スリア)

suria(スリア)は国産ヨガブランドとして人気で、初心者から上級者まで愛されています。多数のヨガウェアやヨガマットを扱っており、魅力的な価格やカラー・デザインなどが人気です。

環境に優しい素材を使ったマットが売り。また、ポータブルラグマットという、ヨガマットの上に重ねて使うマットもあります。重さは400gと超軽量なので、普通のヨガマットを持ち運ぶのはしんどい、という人は、スタジオのレンタルマットに重ねて使うのもおすすめです。

suria(スリア)公式サイト

realstone(リアルストーン)

realstone(リアルストーン)もスリアと同様に国産ヨガウェアブランドとして人気です。持ち運びしやすいトラベルマットを取り扱っているのがポイント。薄くて軽いトラベルマットは、持ち運びにも便利。

リアルストーンのマットは2,000円台から3,000円ほどのものが多いので、コストを安く収めたい人はチェックしてみましょう。

realstone(リアルストーン)公式サイト

レンタルのメリットとデメリット

スタジオによっては、ヨガマットをレンタルさせてくれるところもあります。サイトなどを見て詳細を確認しておきましょう。

メリット

レンタルヨガマットのメリットは、荷物になるヨガマットを持たずに手軽にホットヨガに行けることです。さらに、無料でレンタルすることができるホットヨガスクールもあるので、金銭的にも安心。

もちろん、レンタルにお金がかかるスタジオも多数あるので、自分が通っている店舗のレンタル状況をきちんとチェックしましょう。

デメリット

デメリットとしてあげられるのは、マットが衛生的でない場合があるということ。除菌スプレーなどをかけるという対策をおこなっているスタジオもありますが、自分でしっかりときれいに保ちたい人は、レンタルではなく持参するのがおすすめです。

衛生面は気になるものの、持ち運ぶのは面倒だな、と感じる人は、レンタルマットの上にヨガラグを重ねて利用してみましょう。

LAVAのマット無料レンタル

ホットヨガスタジオLAVAでは、ヨガマットの無料レンタルができます。しかし、ヨガマットの数には限りがあるので注意が必要です。ヨガラグは300円でレンタルできるので、厚みが足りないと感じる人やマットの衛星さが気になる人は利用してみましょう。

そもそもどのスタジオに通うのかも決めていない人は、LAVAで体験レッスンを受けて、スタジオの雰囲気を見てみるのがおすすめです。

LAVAを予約(公式サイト)