ホットヨガにはマットが必要?ヨガマットの選び方と特徴

記事の著者:リラクゼーション・ラボ編集部

ホットヨガは、ヨガマットもしくはバスタオルを敷いて行うことができます。しかし、大手ホットヨガスクールではヨガマットが必須となりました。バスタオルでも行えるホットヨガですが、なぜヨガマットを推奨するようになったのでしょうか。

今回は、ヨガマットの必要性やレンタルのメリット・デメリットを紹介します。ヨガに通う際の参考にしてみてください。

また、まだどこのヨガスタジオに通うか決めかねている、ヨガの道具をそろえるのは大変そうと感じている人には、大手ホットヨガスタジオのカルドがおすすめです。ヨガマットの準備は強制ではなくバスタオルでも良いとしています。服装も普段のTシャツにハーフパンツといった格好で大丈夫なので、新しく何か用意したりする必要はありません。

また、服やタオルをレンタルできる会員プランもあるので、手ぶらで通うこともできるでしょう。気軽にヨガを始めたい人にはぴったりのヨガスタジオで、体験レッスンも980円で参加できるのでぜひチェックしてみてください。

カルドを予約(公式サイト)

ホットヨガではヨガマットを必ず使うべきか

「マットって絶対に必要なの?」「できるだけお金をかけずにホットヨガを楽しみたい」と感じている人が多いでしょう。またマットは使用する必要がないと言っているクラスもスタジオによってはあるようです。

しかしマットを利用することにも大事な意味があるのです。ここではマットが必要な理由を見ていきましょう。レンタルでも良いので、できるだけホットヨガをする際はヨガマットかヨガラグを使用することをおすすめします。

ヨガマットが必須のスクールではヨガマットを使用するしかないですが、どちらでも良い場合は、自身のヨガのレベルや実際にやるヨガの種類に合わせることが大切です。

ヨガマットが推奨されるようになった理由

ホットヨガでは日常では行わないさまざまなポーズをとりますので、ポーズをとるときにバランスを崩しやすくなります。バランスを保つにはクッション性があり、グリップも効いて滑りにくくなるヨガマットが安全性が高いということで推奨するようになりました。

ポーズがまだ上手く取れないなど自信がない人は、ヨガマットの使用をオススメします。また、ヨガの動きの強度によってもヨガマットを使用した方が良い場合もありますので、自身がより安全にヨガを楽しめるように、ヨガマットの活用を検討してみてください。

ヨガをこれから始めるという場合、ホットヨガでも自分専用のヨガマットやヨガラグを購入することで「これからヨガ頑張ろう!」とやる気がでるでしょう。何を始めるときもまずは形から入ることは大切なことです。

ヨガマットやヨガラグは種類や柄が豊富で、きっと自分の好きなものが見つかるでしょう。レンタルでみんなと同じものを使うのではなく、自分だけのマットでモチベーションアップにつなげてみるのも良いかもしれません。

滑り止めになる

ホットヨガで転倒して体を痛めてしまっては意味がありません。そこでヨガマットは、滑り止めになってポーズを取りやすくしてくれます

例えば立ちポーズでは、両足を踏み込んだりすることがあったり、両足に均等に体重を乗せたりする時に必要となります。また、ホットヨガでは大量に汗をかくためマットの上にラグをひいて汗を吸収し滑り止めの効果を高めることをおすすめします。

床の冷たさを遮断してくれる

いくらホットヨガと言っても直接床に体をつけてしまうと、せっかく温めた体が冷やされてしまいます。冷え性改善や血行促進の効果を最大限に発揮するために、ヨガマットが必要なのです。ヨガマットによって体温が床に逃げることを防ぐことができます。

体を痛めない

多くのスタジオでは少しクッション性のある床の場合が多いです。しかし身体のどこかに負担をかけるポーズがあったりすると痛みなどを感じてと正しいポーズが取りにくくなります。そこで体への負担を軽減して安全で快適にポーズをとるためにヨガマットが必要となるのです。

ホットヨガに適したヨガマットの選び方

自分でヨガマットを用意する場合は、いくつかのポイントを意識して選ぶようにしましょう。ヨガスタジオによってはマットのサイズが決まっているところもあるので、しっかり自分の通うヨガスタジオに確認してから購入してください。

マットの厚さ

ヨガマットを始めて選ぶとなった際に驚くのは、マットの厚さの種類が豊富であることです。一番薄いもので1mmから展開されていて、最も厚みのあるマットは12mmもあります。どんな人にもおすすめなのは厚さ5~6mmのヨガマットです。

初心者の方でどの厚さが良いかわからないという人は、まずはこの5~6mmの厚さのものを選びましょう。ちなみにヨガ大手のLAVAの規定マットは3.5mmのものなので、LAVAに通う人は注意してください。

耐熱性のある素材で作られているか

ホットヨガに使うヨガマットを選ぶにあたっては、素材に注目することが大切です。一般的にホットヨガでは、ポリ塩化ビニルという素材のヨガマットを使用しています。初心者におすすめしたいヨガマットの素材は「PVC・EVA・TPE」の3種類です。

なぜポリ塩化ビニルが一般的に使われているのでしょうか。ホットヨガは、床の温度が35℃~40℃位になりますので耐熱性が求められます。そこで、素材がその温度に対応出来るかがポイントとなるからです。ポリ塩化ビニルの耐熱性は60~80℃なので、ホットヨガに適していると言えます。

2つ目のEVA(熱可塑性エラストマー)はPVCよりも高級な素材で、上級者の方も使っている人が多いマットの素材です。においがなく、水拭きもできるのでおすすめです。TPE(エチレン・ビニール・アセテート)は紹介した素材の中で一番軽い素材なため、持ち運びをたくさんするという人はこちらが良いでしょう。

グリップ力のある素材で作られているか

さらに、ホットヨガはヨガマットに汗が落ち、滑りやすくなりますので、その滑りを防止するためにはヨガマットのグリップ力が必要になってきます。グリップ力が高い素材はポリ塩化ビニル以外にも「熱可塑性エラストマー」という素材があるのですが、こちらは耐熱性が弱いため、ホットヨガマットとしてはあまり一般的ではないようです。

ポリ塩化ビニルは、グリップ力もあり耐熱性もあることからホットヨガに適した素材と言えます。

マットのサイズ

一般的なヨガマットのサイズは、170cm×61cmくらいです。自宅でヨガに取り組む人や特にサイズの規定がないスタジオに通う人はこのサイズで問題ないでしょう。

一方、LAVAオリジナルヨガマットのサイズは、145cm×61cmで、一般的なサイズより小さいものなのでLAVAに通う人は注意が必要です。市販のヨガマットをLAVAのレッスンで利用する場合は、長さをカットするか、端を折り返して他にレッスンを受ける方との間隔をとることをする必要があります。

重さ

重さは、一般的なヨガマットは1000gに対して、LAVAオリジナルヨガマットは840gです。LAVAオリジナルヨガマットは、持ち運びに適したサイズ、重さになっています。持ち運ぶ際は専用のヨガマットケースに入れ持ち運びましょう。

マットの価格

一般的なマットは安いもので、1,500~2,000円のものがあります。通常は3,000~5,000円のものが多いようです。

LAVAのマットは4,300円です。サイズも小さく運びやすいためLAVAに通う人は規定のマットを購入する人が多いようです。マットにお金をかけたくない!という方はレンタルを利用することをおすすめします。またしばらく続けた後、慣れてきたら自分でお気に入りのマットを探すのも良いでしょう。

おすすめの人気ヨガマットブランド

ヨガマットの選び方について説明してきましたが、実際にどのようなブランドがあり、人気なものはどれなのかは分からないと買いにくいもの。ここではおすすめのヨガマットのブランドを5つ紹介します。

manduka(マンドゥカ)

manduka(マンドゥカ)は世界中のヨガ愛好者に支持されているブランド。 グリップと、耐久性が非常に優れていて、シンプルで上品なデザインが特徴的です。ヨガを始めてから、ずっとマンドゥカを使い続けている人も多くいるほど人気のブランドです。

prana(プラナ)

prana(プラナ)はアメリカ生まれのヨガウェアブランドです。ヨガマットの厚さやサイズのバリエーションが豊富なのが特徴。ヨガマットが多数あり、初心者でも選びやすくなっていて、男女問わず人気を得ています。

jadeyoga(ジェイドヨガ)

jadeyoga(ジェイドヨガ)は天然ゴムにこだわったヨガマットを扱っているブランドです。天然ゴムを使用しているため、滑りにくいと非常に評判がいいです。また、売上の一部が植林活動に寄付されるエコ活動も行っている環境を意識したブランドでもあります。

suria(スリア)

suria(スリア)は国産ヨガウェアブランドとしてもとても人気で、初心者から上級者まで愛されています。多数のヨガウェアやヨガマットを扱っており、魅力的な価格やカラー・デザインなどが人気です。

realstone(リアルストーン)

realstone(リアルストーン)もスリアと同様に国産ヨガウェアブランドとして人気です。持ち運びしやすいトラベルマットを取り扱っているのがポイント。薄くて軽いトラベルマットは2枚目のマットとしても人気です。

ヨガマットのレンタル事情

スタジオによっては、ヨガマットをレンタルさせてくれるところもあります。サイトなどを見て詳細を確認しておきましょう。

メリット

レンタルヨガマットのメリットは、荷物になるヨガマットを持たずに手軽にホットヨガに行けることです。さらに、無料でレンタルすることが出来るホットヨガスクールもあるので、金銭的にも安心です。また、スクールではホットヨガに適したヨガマットを用意しているので、その点でも安心して使用することができます。

デメリット

デメリットは多くはありませんが、気になる点と言えば衛生面です。誰かが使ったものを使用するわけなので、気になる方はいらっしゃると思います。しかし、使用後は除菌スプレーをすることになっていたりと、衛生対策はなされている場合がほとんどです。

ヨガマットはレンタルでヨガラグを自分専用で買うという人もいます。ヨガラグとはヨガマットの上に敷く、ヨガ用の薄いマットです。バスタオルよりも薄く持ち運びが便利で、ヨガ用に作られているためすべり止め機能もしっかりついています。

ヨガマットは持ち運ぶのが大変だけど、人の使ったマットの上に直接座るのが嫌という人はヨガラグを使ってみてください。

ヨガラグには裏側に滑り止めが付いており、汗を吸収するだけではなく滑りを防止してくれるので正しくポーズをとることができます。ちなみにホットヨガで有名なスタジオのLAVAオリジナルラグのサイズは、約145cm×61cmで、価格は税込5,300円です。

素材はポリエステル・ナイロンのワッフル生地で吸水性と速乾性に優れており、抗菌防臭加工を施してあります。洗濯時の注意点は、裏面の滑り止めの効果が薄れるため柔軟剤の使用を控えることをおすすめします。

ヨガマットを持っている人もヨガラグを合わせて持っておくと、たくさん汗をかくホットヨガの時などに便利なのでダブルで持つのも良いでしょう。

カルドは床がクッション仕様のためヨガマット不要

ホットヨガスタジオカルドは床がヨガ向けに柔らかくなっており、ヨガマット使用必須ではありませんが、バスタオルが必須です。しかしバスタオルだけだと、滑りやすくなりポーズを綺麗にとることできず、効果を十分に体感できない恐れがあります。

一番のおすすめはヨガマット代わりの床の上にラグをひくことです。ヨガラグには滑り止めが付いているので汗を吸収し、滑りにくくするのでポーズを取りやすくなります。自分専用のヨガラグを常に使うことで、よりリラックスできる空間を作り、ヨガに集中できるでしょう。

カルドを予約(公式サイト)

LAVAのマット無料レンタル

ホットヨガスタジオLAVAでは、ヨガマットの無料レンタルができます。しかし店舗によっては原則マット持参で、体験や突然のレッスン予約の方優先でのレンタルのところもあり、ヨガマットの数には限りがあるので注意が必要です。

レンタルマットのメリットは荷物が少なくなることでしたが、デメリットは衛生面の問題です。レンタルマットはたくさんの方が使用しています。使用後は一応、除菌スプレーをするようになっていますが、汗をたくさん流した後なので気になる人も多いでしょう。

そのためなるべく自分の使い慣れたヨガマットを持参することをおすすめします。自分専用のマットでヨガを行うことで、よりリラックスできる空間でヨガに集中できます。

LAVAを予約(公式サイト)

レッスン後のヨガマットの片付け方

レッスン後にヨガマットをレンタルした時のマナーは、スタジオにある消毒・除菌スプレーをかけてタオルで拭いて掃除をして綺麗に巻いてから返却します。

自分専用の持参のマットであれば家に帰ってからの手入れでもいいので、すぐにシャワーを浴びたり髪を乾かしたりすることができます。シャワーやロッカーは、混雑するので早めにスタジオから出ることでスムーズに帰ることができます。

より快適にヨガマットを使うために

ホットヨガでは汗を吸収する用途でラグを使う人もいます。マットの上にラグを敷くことで、汗による不快さを取り除く効果も。ホットヨガ専用のラグでは、裏側に滑り止め加工が施してあるので、ヨガマットの上に敷いてポーズをとっても滑りにくいのが特徴。ヨガマットとあわせてラグを使うことで、より快適にホットヨガをすることができるので大変おすすめです。

荷物が多くてめんどくさいと感じている人は、まずレンタルマットでも良いでしょう。衛生面が気になる人や、その場でのお手入れに時間をかけたくないという人は、自前のマットをおすすめします。マットを使って安全・安心にヨガを取り組みましょう。