ぎっくり腰になったときの対処法とは?まずは安静に。それからストレッチを始めよう。

記事の著者:Siena編集部

何気なく生活しているうちに、突如として襲ってくるぎっくり腰。急に痛みが体に走ると、辛いものです。

症状がひどくなると、歩くのはおろか、立っていることさえ難しくなってしまう、という場合も。恐ろしい痛みを伴うぎっくり腰は、どのように予防すれば良いのでしょうか?

運動不足や姿勢の悪さなどが原因となっている可能性も。痛みの原因は炎症なので、まずは炎症を抑えるための対処法を実践しましょう。

一般的な腰痛に関して詳しく知りたい人は腰が痛む原因は生活習慣に隠れている。原因ごとに対処法を変えようをチェックしてみてください。

ぎっくり腰になりやすい人の特徴を知ろう

ぎっくり腰が起こりやすい人には共通点があります。運動不足や姿勢が悪いなど、さまざまな要因があげられるので、当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

運動不足

運動不足によって腰の筋肉が衰えると、体を支えられなくなります。この状態が続くと、血流が悪くなり、筋肉を固まらせてしまうのです。

筋肉が収縮しにくくなり、急に動かしたときに対応できず、ぎっくり腰を引き起こしやすくなります。運動不足の人は肥満体型にもなりがちで、腰やひざに多くの負担がかかってしまう場合もあるのです。

姿勢が悪い

姿勢が悪いと、一部の筋肉だけに大きな負担がかかってしまい、ぎっくり腰になる危険が高くなります。

また、デスクワークなどで椅子に座ったまま同じ姿勢が続くことが多い人は、次第に姿勢が崩れて、筋肉の使い方が偏ってしまうことも。普段から姿勢に気をかけ、たまに腰を捻るなどして体を動かしましょう。

激しい運動や重いものを持つことが多い

激しい運動を繰り返したり、重いものを運ぶ機会が多い人は、腰への負担が大きいため、ぎっくり腰を起こしやすい傾向にあります。ぎっくり腰に悩まされている人は、重いものは台車を使ったり、数人で運ぶなどして負担を減らしましょう。

スポーツをおこなう際に腰が痛くなる人は、しばらくは運動を控えるか、ゆっくりと体を動かすようにしてください。

加齢

加齢による筋肉の衰えが、腰痛に及ぼす影響は甚大。そのためぎっくり腰は、若い人よりも中高年に起こりやすいのです。

年を重ねるにつれ、なかなか体を動かす機会はなくなりがちですが、家で筋トレをするなどして運動をするようにしましょう。

ぎっくり腰にならないための予防法をチェック

ぎっくり腰は、筋トレなどの軽い運動をしたり、正しい姿勢を意識することで予防することができます。

筋力をつける

腰回りを支える筋肉を鍛えることで、腰への負担が減ります。急な動きにも対応できるようになるので、ぎっくり腰予防にも最適。

腹筋やスクワットなど、体の中心部分を鍛える筋トレを普段からおこなっておきましょう。早くやってしまうと筋肉に負担がかかりにくいので、ゆっくりとおこなって、しっかり負担をかけるようにしてください。

正しい姿勢を意識する

姿勢が悪いと、体の一部分だけに大きな負担がかかってしまいます。正しい姿勢を意識すると体中に力が分散するので、腰だけに負担がかかるのを防ぐことが可能。

どうしても姿勢が悪くなってしまう人は、骨盤矯正ベルトや姿勢が良くなる椅子などを活用してみましょう。

ぎっくり腰になったときにおすすめのストレッチ

痛みが収まってきたら、痛みを感じない程度にゆっくりとストレッチをし始めてみましょう。とくにに腰回りを中心としたストレッチをおこない、時間や体力にゆとりがあるようであれば、全身を動かせるストレッチを増やしていきましょう。

おしりのストレッチ

仰向けに寝転がり、ひざを立てます。それから右かかとを左太ももの上に乗せ、右ひざを開き、そのまま足を持ち上げて左太ももを抱えましょう。お尻が気持ちよく伸びていると感じるところでキープし、呼吸をつづけていきます。反対側も同じようにおこないましょう。

ス太もも後ろのストレッチ

仰向けに寝転がり両ひざを立てます。そのあと右足を天井に持ち上げていきましょう。右足の太ももの裏側を支え、気持ちよく伸びていると感じるところでキープし、呼吸をつづけていきます。反対側も同じようにおこないましょう。

太もも前のストレッチ

横向けに寝転がります。両ひざを軽く曲げ体を少し丸くして、前後に倒れないようにしましょう。上になっている方のひざを曲げ、体の後ろ側で同側の手で足の甲を持ちます。太ももの前が気持ちよく伸びていると感じるところまでひざを後ろ側に引いていき、そこでキープし、呼吸をつづけていきましょう。反対側も同じようにおこないます。

腰痛の予防にはストレッチや軽い運動が効果的なので、普段から運動不足にならないように心がけることが大切です。

アイシングもぎっくり腰に効果的

筋肉に炎症が起こっているため、まずは安静にすることを心がけましょう。発症直後のタイミングで、痛みを我慢してマッサージをしたりストレッチをすると、かえって炎症がひどくなりかねません。

症状が出てから72時間以内は、アイシングが効果的。患部を覆うことができる大きさの袋に氷を入れ、体に当ててしっかりと冷やすことが大切です。ぎっくり腰になってしまった当日は、お風呂で温めることも避けましょう。シャワーでさっと済ませるようにしてください。炎症部分を温めると血液の循環が激しくなるため、炎症が進む恐れがあるので注意が必要です。

また、その場しのぎの対処法をおこなうよりも、整体によって、腰痛を未然に防ぐのが効果的。大手整体院のカラダファクトリーでは、骨盤調整コースによって体の歪みを解消し、腰痛になりにくい体づくりをしてもらうことができます。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)