フェイシャルマッサージとは?美白やたるみ改善など、目的に合わせてエステを選ぼう。

記事の著者:Siena編集部

年齢を重ねるにつれ、しみ、しわ、くすみ、たるみなどの肌トラブルに悩む人も多いはず。そんな人には、フェイシャルマッサージがおすすめです。自身の悩みに適した施術を受けましょう。

フェイシャルマッサージとは、とくに顔の肌の悩みを解消するために施されるメニューです。近年、フェイスラインに特化した技術が普及しており、筋肉や骨格に作用する手法が人気です。

エステサロンでは、スキンマシーンによる本格的なスキンケアをおこなっているところもあり、短時間で美白、美肌効果を感じることが可能です。

フェイシャルエステで肌トラブルを解消しよう

肌の悩みといっても、その種は非常に多く、個人によってさまざまです。また、同じメニューであっても、サロンごとに内容が異なるため、希望に合ったフェイシャルエステを選ぶことが重要です。

ケミカルピーリングで美肌になろう

古い角質物質を除去し、新しい角質物質への生まれ変わりを促すスキンケア方法。

健康な皮膚の場合、約28日周期で角質が生まれ変わり、古い角質が自然に落ちる仕組みになっています。しかし、老化やストレスなどにより代謝が低下すると、古い角質が剥がれにくくなり、毛穴とにきび、しみ、くすみなどを引き起こします。

ケミカルピーリングでは、タンパク質を溶かすフルーツ酸が多く使用されています。フルーツ酸は、古いケラチンを科学的に除去することが可能なうえに、皮膚の再生をしっかりサポートしてくれるので、美肌対策にぴったりです。

イオン導入で肌トラブルを改善しよう

皮膚美化成分として知られているビタミンCやコラーゲンは分子量が大きく、皮膚に直接塗布するだけでは十分に浸透できません。

イオン導入では皮膚に微弱な電流を流し、美容成分をイオン化することにより、角質層の深さに機能性を十分に浸透させることが可能。浸透力は普通の30〜100倍ほどで、美白効果や美肌効果が期待できます。

フォトフェイシャルでくすみを無くそう

IPLという光エネルギーを照射するフェイシャルケア方法。光エネルギーは、しみやくすみの原因となるメラニン色素をはじく機能に加えて、皮膚の弾力性と弾力性の基盤となる、コラーゲンの形成を促進します。

また、美白効果や老化防止にも効果的なので、美白を意識している人におすすめのケア方法です。敏感肌の人には、アクネケアなど、皮膚への刺激が極端に少ないものが使用されます。

ホワイトニングで美白を目指そう

美白効果のあるローション、美容液などを使ってマッサージする方法。ローションとエッセンスにはプラセンタやビタミンCなどの化粧品成分が含まれています。プロのエステティシャンによるマッサージで、より効果的に美白効果を得ることも可能です。

リフティングでたるみを引き上げよう

老化による顔面のたるみや二重顎を解消するケア方法。顔面の筋肉やリンパ腺に良い刺激を与えることにより、不要な老廃物や湿気の排出を促進し、たるみやむくみを排除します。

一般的に、ヒアルロン酸やコラーゲンなどのを用いた手のマッサージ方法が主流ですが、サロン内で超音波装置を使用する店舗もあります。

リンパフェイシャルマッサージで顔のむくみを解消しよう

リンパマッサージは、強く押さずに、優しいマッサージでむくんだ顔に施術する方法。しっかりリンパの流れる方向を把握していないと、効果がないので注意しましょう。おでこから耳脇、そして顎下、鎖骨までに流すように優しくマッサージをするのがポイントです。

顔のリンパの流し方を詳しく知りたい人は顔をスッキリさせたい?リンパマッサージで、むくみ知らずの小顔にをチェックしてみてください。

フェイシャルマッサージの注意点

自分でフェイシャルマッサージをするときには、気を付けなければならないことがいくつかあります。間違った方法のままおこなっていると、肌トラブルの悪化を招きかねません。正しい知識を持って、実践するようにしましょう。

マッサージはクリームやオイルを使用する

マッサージは、マッサージクリームやオイルなど、肌に滑り込ませるような潤滑油を使用しなければなりません。クリーム、ジェル、ローション、オイルなど、滑りやすい化粧品を使ってマッサージしましょう。

それらを使用しないと、摩擦によって皮膚に負担を与えてしまい、肌がボロボロになってしまう恐れがあります。

コンタクトレンズを取る

目元のマッサージなどをおこなう場合は、コンタクトレンズを必ず取りましょう。取れない場合は、眼の周りのクレンジングとマッサージに注意を払う必要があります。とくにに、クレンジングローションは要注意。

また、顔にマッサージする時やホットタオルを当てるときも、目に圧力をかけないようにしましょう。

化粧かぶれ

皮膚がとくに敏感な人は、強い刺激やマッサージでアレルギー反応を起こすことがあります。アレルギー反応が出た場合はしばらく中止し、かぶれがひどいときには専門の医療機関に受診してください。