ラージャヨガの特徴や効果:八支則や都内のスタジオも紹介

記事の著者:Siena編集部

ラージャヨガという言葉を耳にしたことがある人もいるでしょう。ヨガを勉強するにつれて触れる機会があるかと思いますが、ラージャヨガとは一体なんでしょうか。今回は、ラージャヨガについて詳しくご紹介します。

ヨガを深めたいという人にオススメのスタジオは「カルド」です。初心者はもちろん、上級者向けのクラスも充実しており、自分にあったレベルのクラスから参加することで、ヨガを深く学んでいくことができるでしょう。

体験レッスンは980円で受けられるので、スタジオの雰囲気を知りたい人にもピッタリ。必要なウェアなどはレンタルできるので、手ぶらで通えるのも魅力です。まずはお近くのカルドを予約してみましょう。

カルドを予約(公式サイト)

ラージャヨガとは?

ラージャヨガとは、瞑想行法を中心としたヨガです。「王道のヨガ」とも呼ばれ、心理的な面が重要視されます。8段階の修行法によって構成されているので、「八支則のヨガ」とも言われています。

八支則とは?

八支則とはラージャヨガで有名な規則で、心の統制を図るための、聖師パタンジャリ・マハリシによって編纂された戒律のようなものなのです。人生を健康に生きるために守った方が良いことを提示してくれる教えですが、現代に生きる私たちには現実的ではないと感じるものもあるかもしれません。これから各段階を紹介していきます。

第1段階「ヤーマ」

第1段階では、日常生活でしてはいけないことを示しています。これを「ヤーマ(禁戒)」と呼びます。まずは第1段階の基本的な5つの生活におけるルールを見てみましょう。

アヒムサ

非暴力という意味です。生きているものに、無用な暴力や殺傷を行わないことを指します。

サティア

真実さ、嘘をつかないという意味です。言葉と行動を一致させることが大切になります。

アスティア

不盗という意味です。貪欲にならず、嫉妬をしないことを指します。

ブラマチャリア

貞節、性的エネルギーのことです。欲望を適切にコントロールすることを指します。

アバリグラハ

不貪という意味です。贈り物、賄賂を受け取らないなどがあり、物に執着しないことを指します。

第2段階「ニヤマ」

第2段階では、日常生活において奨励されること(勧戒)が示されています。自分の生活態度を改善し、心も体も霊性を高めるために5つの法則を守ることが大切です。

サウチャ

清浄という意味です。ヨガにおいては心と体の両面において純潔であることが求められます。

サントーシャ

知足、満足という意味です。まずは与えられた環境や現状を受け入れ、感謝しましょう。物事を肯定し、対処していく姿勢が大切になります。

タパス

厳格さ、厳しい修練のことです。日常で自分に課した行や仕事の積み重ねを通して、心身を強めることが求められます。

スワディヤヤ

聖典を学習することです。日々学習を怠らないことが求められます。

イシュワラ プラニダーナ

神を崇拝することです。人生の目的を達成できるよう、神に祈り、願うことが大切になります。

ヤマとニヤマが合わさることで、道徳心と論理的な行いが培われるとされています。意識が高められ、浄化され、深い瞑想のための準備ができるでしょう。

第3段階「アーサナ」

安定した姿勢のことを指します。人生のどんな追求においても、健康で強い体は不可欠です。安定したマインドは、安定した姿勢によって可能になります。

第4段階「プラーナヤーマ」

生命エネルギーのコントロールのことを指します。体の神経も、アストラルなエネルギー管(ナディ・経絡)も、心理的な現象や混乱に耐えられるように、浄化され、強靭である必要があります。心の内面に意識を集中させていく過程で、過去のネガティブなものが表面化してくることがあるからです。

第5段階「プラティヤハーラ」

感覚の制御を指します。「向けて集める」という意味があり、何にもとらわれない自由な心に至るための大切なステップです。

第6段階「ダラーナ」

心をひとつのものにして、集中し、他の思考を排除するという意味です。心を一点に定めることが重要となります。

第7段階「ディヤーナ」

瞑想をすることにより、感覚的な知覚、認識を超越して、神(宇宙)に向かって流れる思考のことです。煩悩が意識化し原因を知ることで、葛藤に悩む考え方を修正できます。

第8段階「サマディ」

表現できないほどの崇高な、心が把握できないもの(解脱)を指します。サマディは全ての普通の感覚的な体験、時間、空間、因果を超越し、最終到達点を象徴していると言われているものです。

このような体系から、現実のあらゆる世界のエゴを抑制し、人生をシンプルに生きていくことをヨガでは目的としています。食事指導やアーユルヴェーダの知恵もヨガに繋がるところがあるでしょう。現代の様々な情報と物質が溢れる世界で自由に生きるために、私たちは原点から見直すことがあるのではないでしょうか。

ラージャヨガの特徴

ラージャヨガは体を動かすことではなく、瞑想によって集中力を高め心を落ち着かせることを目標とするヨガです。ヨガには、心の動きを抑制する、という基本理念がありますが、ラージャヨガはまさにそのための訓練のようなもの。

運動量が多いわけではありませんが、悟りや解脱など精神面を鍛えることに重点が置かれていて、非常に高度な内容なので上級者向けのヨガと言えるでしょう。基本的なヨガの運動になれてきて、身体面だけでなく精神面も鍛えたい、という人におすすめです。

ラージャヨガの効果

精神面に重点を置いた、上級者向けのラージャヨガですが、具体的にどのような効果があるのでしょうか。

精神状態をコントロールできる

ラージャヨガではいかに心の動きに惑わされずにポーズをとるかを習得すること必要です。

そのため、ラージャヨガでは瞑想をおこなうのですが、瞑想によって自分の心を見つめ直し、自分の心をコントロールする力を鍛えることができます。そして、ラージャヨガの訓練を積んだ上級者は、一切の心の対象が無くなる「無種子」という静寂の心の境地へ到達するとされています。

日常の中の些細なことでイライラしたり、感情が抑えられなくなってしもう傾向がある人にはラージャヨガがおすすめです。

物事の本質が見える

ラージャヨガでは、静かな環境で瞑想を行うことで自分の心の内側を見つめるクセを身につけます。そして、ラージャヨガの訓練を重ねて自分の内側を見つめることになれると、様々な物事の内側や本質を意識することができるようになるのがポイント。

これにより、物事の本質を見られるようになり、無駄なことを考えなくなったり必要以上に自信を持てなかったりすることがなくなります。

ラージャヨガができる東京のヨガスタジオ

東京でラージャヨガができるスタジオを紹介します。ヨガで精神面を鍛えたい人や、ヨガに慣れてきた人は挑戦してみてください。

友永ヨーガ学院

友永ヨーガ学院は、レベル別にクラスが設定されていて、経験豊富な講師の丁寧な指導が評判のヨガスタジオです。ラージャヨガはアドバンストクラスで受講することができます。駅から近く、マットやタオルのレンタルができるので、仕事帰りに気軽に立ち寄れるのもポイント。1,500円でいつでも体験が出来るので、ぜひ参加してみてください。

  • 住所東京都杉並区上荻1-18-13 文化ビル2F/3F
  • アクセス荻窪から徒歩3分
  • 料金1回3,150円、月4回プラン8,400円
  • 営業時間平日9:30~21:30/土9:30~18:00/日9:00~18:00
  • 定休日国民の祝日、第5週目、夏季、冬季休暇有
  • 電話番号03-3393-5481
  • 公式HP友永ヨーガ学院公式サイト
  • kSaNaYogaSchool(クシャナヨガスクール)自由が丘ヨガスタジオ

    クシャナヨガスクールは自由が丘、横浜、石垣島にスタジオをもつヨガスタジオです。インストラクターとレッスンの種類がとにかく豊富なのが特徴で、自分に合うクラスが見つかるはずです。初心者向けのレッスンも多くあるので、初心者の人も安心です。

    体験レッスンをよく行っていて、普段は1,000円、キャンペーン中は無料で受けられることもあるのでぜひチェックしてみてください。

  • 住所東京都世田谷区奥沢5-27-15自由が丘ソレイユビル2F
  • アクセス自由が丘駅南口から徒歩1分
  • 料金レギュラー会員7,560円/月
  • 営業時間9:00~21:00(土曜日のみ7:30~21:00)
  • 定休日不定休
  • 電話番号03-6421-3710
  • 公式HPkSaNa Yoga School 自由が丘 ヨガスタジオ公式サイト
  • リラヨガ インスティテュート

    リラヨガは、様々なポーズを取りながらヨガの哲学への理解を深めることを目的とするヨガです。基本的なポーズから、精神面の訓練まで行うことができるので、どのようなレベルの人でも楽しむことができます。体験を行っており、マットはレンタルできるので初心者の人も気軽に参加してみてください。

  • 住所東京都目黒区鷹番2-20-18久留美ビル3F
  • アクセス学芸大学から徒歩1分
  • 料金1回3,000円、フリーパス9,000円/月
  • 営業時間9:00-21:00
  • 定休日なし
  • 電話番号03-6303-3578
  • 公式HPリラヨガ公式サイト