太もも筋肉のマッサージ法:筋肉太りを防いで美脚に!

記事の著者:Siena編集部

太ももの筋肉は、一度つくと落ちにくい箇所です。女性は特に太ももの前面に筋肉がつくことを、避けたいのではないでしょうか。太ももの前面に筋肉がつくのは、瞬発力を高める速筋赤筋とよばれる筋肉が発達するためです。運動をすると速筋赤筋が発達しやすくなります。

しかし、運動を止めると速筋赤筋が落ちるかというとそうでもなく、逆に脂肪がつきやすくなったり、となかなか太ももは細くなりません。やはり最初から筋肉太りを防ぐことが大切といえます。

このような、太ももの筋肉太りを防ぐには、マッサージが効果的です。太もも筋肉太りを防止するためのマッサージ方法をご紹介します。

自分でマッサージをするのが面倒、プロのマッサージを受けてみたいという方には、スリムビューティーハウスでのエステ体験がおすすめです。

じっくり70分の体験コースを500円で受けることができます。カウンセリングやパックなど、全身のケアの後にはプロの手技で脚のトリートメント受けられるところも魅力です。

全身を温めて行うエステで、痩せやすい体づくりを体験してみてはいかがでしょうか。

スリムビューティハウスを予約(公式サイト)

太ももの筋肉太りを防ぐには

太ももは、リンパや血液の流れが悪くなると、すぐに老廃物がたまってしまう箇所です。そのため、定期的に老廃物を排出するためのマッサージを行う必要があります。

そのほか、太ももの裏側にあるハムストリングと太ももの内側にある内転筋のストレッチを行うことも、太ももの筋肉太りを防ぐために効果的です。

ハムストリングを鍛えるストレッチを行えば、太ももの筋肉太りを防ぐだけでなく、下半身のシルエットがきれいになる、痩せやすくなる、お尻が一緒に上がるなどのメリットも同時に得られます。

初心者でもできる太ももの筋肉を傷めないマッサージ方法

それでは、具体的に太ももをマッサージする方法に移っていきます。あまり強くマッサージしすぎたり、お風呂の中でマッサージをすると、太ももの筋肉を傷めしてしまう可能性があるため、初心者でもできるような簡単なマッサージを行うようにします。

簡単ながら効果的なマッサージ法を下記にご紹介します。

まず、膝の裏のリンパがある箇所をもみほぐし、その後、膝回りから太もも、太ももの付け根に向けてさすりあげるようにマッサージしていきます。これを数回繰り返すようにします。

すでについてしまった筋肉をマッサージで落とす方法

太ももの筋肉太り防止は、やさしいマッサージでOKですが、すでについてしまった筋肉を落としたい場合はどうすればいいでしょうか?

太ももが、かちかちになってしまっている、つまめる脂肪がないなど、すでに筋肉がついてしまっている場合は、もう少し強度の強いマッサージが必要になります。固くなった筋肉をほぐすためには、少し強めに汗ばむくらいにマッサージを行わなければ、効果が出ないためです。

下記にすでについてしまった、太ももの筋肉太りに効果的なマッサージをご紹介します。

①まず最初に太ももの膝に近い部分を、手のひら全体を使って挟みます。そして、内側と外側両方とも、ひねりあげるように太ももの付け根に向かってマッサージしていきます。

②次に太ももの内側から、膝横から人差し指と親指でお肉をつまみながら少しずつ太ももの付け根に向かってマッサージしていきます。筋肉や脂肪を潰すような感じでマッサージを行い、太ももの外側までまんべんなく行います。

③両手でグーをつくり、太ももの内側と外側へ手を置き、膝から太ももの付け根へ向かって力をいれて、ぐるぐる回しながら、マッサージしていきます。

太もも全体をまんべんなく流すように、何度か①から③までの工程を繰り返しながら、マッサージするようにします。

太ももの筋肉をマッサージでほぐせば太りにくくなる

太ももの筋肉を定期的にマッサージすれば、老廃物がたまりにくくなり、筋肉太りを防ぐことができます。定期的なマッサージを続けることで、太りにくい脚にすることができるでしょう。