リンパ節の場所とは?マッサージのポイントも紹介。

記事の著者:Siena編集部

リンパ管は全身に張り巡らされていて、その数は約800個あると言われています。全身にあるリンパの集合場所がリンパ節です。リンパ節をマッサージでほぐしてあげることで、溜まってしまった老廃物が流れやすくなります。

ここでは、リンパ節の場所やマッサージのポイントを紹介。リンパ液が滞ると冷えやむくみの原因となるので、マッサージでケアしましょう。

リンパ・リンパ節の特徴

リンパ液が受け取った余分な水分や老廃物は、リンパ節でろ過されます。リンパ液にはウイルスなどを運ぶ役目も果たしており、リンパ節はそれらの異物を撃退する役割も。

リンパ液は、体の末端から心臓に向かって流れるため、心臓に戻るには筋力が必要です。筋力が衰えていたり、座りっぱなし・立ちっぱなしで筋肉に刺激が少ない状態の場合、リンパが流れず滞ってしまう原因となります。

リンパ節の場所

リンパ節は全身に約800か所あり、ここではとくに大きなリンパ節を紹介。

首の付け根にある、頸部リンパ節

首のリンパ節は、首の付け根、耳の周囲、首の側方、そして顔や顎の下などに位置しています。

首には約300ものリンパ節が集まっており、リンパの流れが悪いと肩こりや頭痛、自律神経の乱れなどが生じる原因です。

鎖骨にある、鎖骨リンパ節

鎖骨のくぼんでいる部分に位置しているリンパ節。

体中のほとんどのリンパは左鎖骨の下の静脈に流れて排出されるので、鎖骨のリンパ節は最後の出口です。この部分が滞っていると老廃物が流れにくいので、リンパマッサージをおこなうときは、まず鎖骨リンパ節をほぐして流れを良くすると効率アップ。

脇の下にある、腋下リンパ節

腕の付け根の凹んでいる部分に位置するリンパ節です。脇の背中側、胸側、下側はリンパが詰まっていると、痛く感じられる場合も。この部分が滞ると、二の腕のたるみや肩こり、手の指がむくむ場合もあります。

お腹にある、腹部リンパ節

おへそ周りや下腹部の辺りに位置しているリンパ節です。腹部リンパの流れが滞ると、子宮や腸の働きが鈍り、便秘や生理不順、子宮・卵巣の病気などを引き起こすと言われています。

脚の付根にある、鼠径(そけい)リンパ節

足の付け根、下着のラインに当たる部分に位置するリンパ節です。多くのリンパが集まっており、滞ると内臓機能の低下や生理痛、下半身のむくみの原因となります。

膝の裏にある、膝下リンパ節

膝裏全体の中でも、くぼんでいる部分に位置するリンパ節です。足に流れているリンパの中継部分なので、流れが悪いと足のむくみや冷えを引き起こしてしまいます。

リンパマッサージのポイント

リンパマッサージで大切なポイントは、基本的に次の3つです。

  • 強さ
  • 順序
  • 方向

やさしい強さでマッサージ

リンパはデリケートなので、ソフトにマッサージしてあげることがポイント。手の重みでさすったり、押したりする程度で十分です。強すぎるとむくみや内出血などの原因になります。

リンパマッサージの手法は2つ。「押す」と「さする」です。どちらもソフトな力でおこない、他のマッサージのように揉んだり、強い刺激を与えることは控えましょう。

順序は、リンパの最終出口である鎖骨から

鎖骨のリンパは、体内を流れるリンパが心臓に戻る前に最後に集まる、老廃物の出口のような場所です。部位ごとのリンパマッサージをおこなうときも、最初に鎖骨の流れを良くしておくことで、効率よく効果を得られます。

マッサージをするときは、鎖骨のくぼみ(顔のマッサージをする場合はここが終着です)→首→胸→ひじ裏→指先→お腹→膝上→足首→つま先の順番でおこなうのがおすすめ。部位を飛ばすことは問題ありませんが、鎖骨だけは忘れずにマッサージしましょう。

リンパの流れる方向に逆らわない

全身にある各リンパ節に向かって、リンパを流すことが重要です。リンパ液の流れに逆らわず、順序に従ってマッサージしてください。