ヨガのチャクラとは?7つのエネルギーを活性化させよう。

記事の著者:Siena編集部

ヨガでは、人間の体に7つのチャクラがあると言われています。体の各部位に点在していて、それぞれが心のエネルギーと深い関係を持っています。全てのチャクラが開かれバランスが整うことで、心の活性化につなげていけるのです。

精神に影響するヨガのチャクラとは、一体どういうものなのでしょうか?

チャクラとは

チャクラは、肉体と心をつなぐことができる気の通り道のこと。サンスクリット語で「円・車輪」などを意味します。

ヨガでは、体の中心にある背骨に沿って、縦にチャクラが存在すると考えられています。頭頂部から脊椎の基底部までのあいだに7つあり、それぞれのチャクラに関連している臓器や臓器などに働きかけています。

チャクラは、茎のある花のような形をしており、個人の成長度合いによって花の大きさが異なると言われています。心の状態によっては、大きく開くこともあれば反対に閉じてしまうことも。心が躍動しているとチャクラは光を放ち、心が塞がると濁って機能が鈍くなる、と考えられています。

生命力に溢れた健康な体を手に入れるためには、チャクラ間のバランスと取ることが大事だと言われています。

チャクラを開くためには?

チャクラを開き、バランスを整えていくためには瞑想をおこないましょう。意識を集中させることが大事なので、音や光は徹底的に遮断することがポイント。

ヨガの座法スカーサナを取り、そのままゆっくりと腹式呼吸をした他、第1チャクラから順番にそれぞれのチャクラにへと意識を集中させていきます。

どこか1箇所だけが開いても健康的なバランスの取れた体は目指せすことができないため、全てのチャクラを開くように、1つひとつを意識しましょう。

チャクラの特徴とは?

それぞれのチャクラには特徴があり、カラーや関連する体の部位、また働きが異なるもの。第7チャクラは、第6チャクラまでのバランスを整えることで、自然と開くものだと言われています。

第1チャクラ

脊椎の基底部に位置しています。地からのエネルギーが最初に入ってくる場所で、ベースチャクラなどと呼ばれ、サンスクリット語ではムーラダーラ(根、支えるもの)という意味です。カラーは赤。

第1チャクラは、生命のエネルギーと関係しています。ヨガにおいては、まず第1チャクラを活性化させることから始まると言われているほど重要なチャクラです。骨や副腎といった体を形作る部分に関連しています。

第1チャクラのバランスを整えることで、生命力に溢れ、心身が安定し、強いエネルギーを持つことができます。

第2チャクラ

仙骨に位置しています。セイクラルチャクラなどと呼ばれ、サンスクリット語ではスヴァディスターナ(甘さ)という意味です。カラーはオレンジ。

第2チャクラは、性力や感情、創造力に関係しており、体では性器や骨盤、大腸などに関連しています。

第2チャクラのバランスが整うと、性力や情緒がコントロールされ創造性が解放し、全身が喜びに溢れてエネルギッシュに過ごせるようになると言われています。

第3チャクラ

おへその下、太陽神経に位置しています。チャクラ名はソーラープレクサスチャクラで、サンスクリット語ではマニプーラ(光る宝石)という意味です。カラーは黄。

第3チャクラは、消化や吸収、排泄といった働きに関係しており、体では膵臓や消化器官に関連しています。

活性化されることで内臓を元気にさせることができ、またバランスが整うと第1チャクラで生み出したエネルギーを正しい方向へと導く役割も担っています。自己肯定感が高まり、意思をはっきりと持つことができるため、人生を前向きに進められるようになります。

第4チャクラ

心臓に位置しています。ハートチャクラなどと呼ばれ、サンスクリット語ではアナハータ(衝突のない)という意味です。カラーは緑。

第4チャクラは、愛情や人間関係に関係しており、体では心臓や循環器系に関連しています。

第4チャクラが整うことで、第3チャクラで自分の中に感じたものを他者に対しても感じられるようになります。穏やかな気分になり、自分にも他者に対しても自信を持つことができるようになり、愛のある人生が送れるようになります。

第5チャクラ

喉、咽頭部に位置しています。スロートチャクラなどと呼ばれ、サンスクリット語ではヴィシュッダ(浄化)という意味です。カラーは青。

第5チャクラは、感情などの表現に関係しており、体では喉や口に関連しています。

第5チャクラが活性化すると、表現に説得力が増し、コミュニケーション能力を高めることができると言われています。自己表現が正しくできるようになるため、自分と他者のどちらに対しても適切なコミュニケーションが取れるようになります。

第6チャクラ

眉間、眼の窪みに位置しています。サードアイチャクラなどと呼ばれ、サンスクリット語ではアージュニヤー(知覚する、知る)という意味です。カラーは藍。

第6チャクラは、直感や判断力と関係しており、体では脳や神経系に関連しています。

第三の目とも呼ばれており、チャクラが整うことで冷静に物事を判断することや本質を見抜くことができるようになります。

第7チャクラ

頭頂部に位置しています。クラウンチャクラなどと呼ばれ、サンスクリット語ではサハスラーラ(千倍)という意味です。カラーは紫。

第1チャクラから入って上昇してきたエネルギーが第7チャクラで放たれます。放出と同時に、宇宙から受け取ったエネルギーをそれぞれのチャクラに伝えていき、第1チャクラで地へと放たれます。

第7チャクラは脳の働き、意識などに関係しており、体では皮膚などと関連しています。

第1〜6までのチャクラが開くことで自然と開くと言われています。第7チャクラまで整えることができると、自分を覚醒させることができ、思いやりといった安らかな感情が持てるようになります。