ヨガのチャクラとは?7つの主要チャクラと色の関係。

記事の著者:Siena編集部

ヨガをやっていて、チャクラという言葉を耳にしたことがある人も多いはず。どんな意味の言葉なのでしょうか?

ヨガは心身の健康だけでなく、潜在能力をも引き出すと言われています。そのゆえんは、チャクラにあるのです。

チャクラとは

チャクラとは、気の出入口のこと。肉体と心をつなぐことができる通り道とイメージすると、分かりやすいかもしれません。

チャクラは脊柱の各所に対応し、茎のある花のような形をしていて、前側から脊柱を通って背面までを繋ぐ形をしているとされています。個人の成長の度合いによって花の大きさは異なり、心の状態によって開いたり、塞がったりすることも。心が躍動しているとチャクラは光を放ち、心が塞がると濁って機能が鈍くなるのです。

生命力に溢れた健康な状態になるには、チャクラ間のバランスが取れた状態にすることがポイント。

チャクラの数は、文献によって幅はありますが、小さいものも含めると数万あると言われています。

一般的には、第1チャクラから第7チャクラまでの主要なものに着目することがほとんど。7つのチャクラは、肉体から2cmほど空中に浮いたところにあり、体の主要な神経や内分泌腺と関係しています。スピリチュアルな観点からは、第8チャクラも含めた主要な8つのチャクラに着目することも。

第1~8チャクラの場所、意味、色

それぞれのチャクラは、カラーや音、感情的な特徴、身体の特徴など、さまざまな要素と密接に関係していて、とくに色とチャクラの関係性は重要です。

第1チャクラ

脊髄の基底部に位置しています。地からのエネルギーが最初に入ってくる場所。

ベースチャクラなどと呼ばれ、サンスクリット語ではムーラダーラ(根、支えるもの)という意味です。カラーは赤。

第2チャクラ

仙骨に位置しています。

セイクラルチャクラなどと呼ばれ、サンスクリット語ではスヴァディスターナ(甘さ)という意味です。カラーはオレンジ。

第3チャクラ

おへその下、太陽神経に位置しています。

チャクラ名はソーラープレクサスチャクラで、サンスクリット語ではマニプーラ(光る宝石)という意味です。カラーは黄。

第4チャクラ

心臓に位置しています。

ハートチャクラなどと呼ばれ、サンスクリット語ではアナハータ(衝突のない)という意味です。カラーは緑。

第5チャクラ

喉、咽頭部に位置しています。

スロートチャクラなどと呼ばれ、サンスクリット語ではヴィシュッダ(浄化)という意味です。カラーは青。

第6チャクラ

眉間、眼の窪みに位置しています。

サードアイチャクラなどと呼ばれ、サンスクリット語ではアージュニヤー(知覚する、知る)という意味です。カラーは藍。

第7チャクラ

頭頂部に位置しています。

クラウンチャクラなどと呼ばれ、サンスクリット語ではサハスラーラ(千倍)という意味です。カラーは紫。

第1チャクラから入って上昇してきたエネルギーが第7チャクラで放たれます。放出と同時に、宇宙から受け取ったエネルギーをそれぞれのチャクラに伝えていき、第1チャクラで地へと放たれます。

2つのエネルギーは渦を巻いて、各チャクラに伝わっていき、エネルギーがスムーズに各チャクラに伝わっていると、心も身体も健康的な状態でいることが可能です。

チャクラと関係が深いプラーナとは

ヨガでは、気のことをプラーナと呼び、あらゆる万物の最小単位と考えられています。サンスクリット語で呼吸や息吹を意味していましたが、現在は生命エネルギーや生命力の意味に。

太陽礼拝(スリヤナマスカール)

太陽礼拝は、全てを網羅したポーズの理論体系のこと。まずは自分がやりやすいものを選んで、挑戦してみましょう。

太陽礼拝の方法

まず、頭と身体をまっすぐにして立ちます。リラックスして、身体の重みを感じながら足うらでバランスをとることもヨガの訓練の1つ。バランスが悪いと、身体に歪みを生じさせるからです。

息を吐きながら、胸の中央で両手を合わせましょう。頭、ひざをまっすぐにし、リラックスしている状態になっているか気をつけてください。次に、息を吸いながら両腕を上げ、後ろに反ります。ひざとひじはまっすぐ、腕は耳の脇に。腰は前に押し出しましょう。

息を吐きながら、両手が脚の横に来るまで前屈します。ひざを伸ばしたままで手のひらを床につけられないときは、ひざを少し曲げても構いません。

爪先と指先が一直線上に来るようにし、頭はひざのほうに下げます。手のひらは、なるべく床に平らに着けましょう。そして、手を動かさないで、息を吸いながら右足をなるべく大きく後方に引きます。右ひざは地面に降ろし、頭を後方に反らしてください。両手は床に置いたまま、左脚の横に同線上に持っていきます。

息を止めて、もう一方の足も後方に引きましょう。体は頭から踵まで一直線にし、お尻を上げず、頭を落とさないようにします。息を吐きながら、お尻は上げたままで両ひざをまっすぐ降ろしましょう。

身体を後方に揺らさないようにして、胸を両手の間にまっすぐ降ろし、額を床につけます。初心者の方は、あごを地面につけても構いません。ひざ、胸、額は地面につけ、腰は上げたまま、息を吸いながら、腰が床に着くまで身体を前に滑らせましょう。胸と頭を後ろに反り、脚と腰は地面につけたままにします。

息を吐きながら爪先を内側に曲げ、腰をなるべく高く上げてください。かかとを床に押し付け、手のひらは床に平らにつけ、頭は腕の間におき、足を見るようにしましょう。