もみほぐしとマッサージの違いとは?効果や目的別に使い分けよう。

記事の著者:Siena編集部

人気が高まっているもみほぐしとマッサージ。この2つには、明確な違いがいくつかあります。

施術内容や施術者の資格に違いがあるので、混同しないように理解しておくと目的別に使い分けられるのでおすすめです。

もみほぐしとマッサージの違いとは?

もみほぐしとマッサージの大きな違いには、国家資格の有無、施術内容や時間があります。

国家資格の有無

国家資格の有無が、もみほぐしとマッサージの最大の相違点です。

マッサージは、あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師等に関する法律という法が定められています。医師以外は、資格を持っている人しかマッサージをおこなってはいけません。

整体の資格をとるための学校はありますが、あくまで民間資格なので、技術と知識は学べるものの、法的な効力は発揮しないのが特徴。

施術内容の違い

もみほぐしの主な施術内容は、施術者が筋肉をつかんだり握りながら圧力を加え、筋肉に刺激を与えます。

一方、マッサージは血流に沿うように、押す・たたく・さするといった技法が主体です。

両方の施術内容は似ていますが、もみほぐしとマッサージでは目的が異なります。整体やリンパマッサージは、歪みを調整したり、代謝に影響を与えることが目的。一方、もみほぐしは、筋肉をリラックスさせて、血液循環の改善を目指しています。

もみほぐしは、治療目的ではなく癒やしを目的としたサービスなので、疲労回復、ストレス改善などの効果を得たいと考えている人におすすめ。

施術時間の違い

資格を持つマッサージ師は、行為として治療することができる特権を持っています。首や肩の痛みなどの病気、不調を感じる患部を診察できるのもマッサージ師の特権の1つ。

治療のため、患者が治療時間を決定することはできません。マッサージ師が治療の内容を判断するので、何分で終わりという決まりがないのです。

4:もみほぐしは施術者のレベルの差が大きい

全身を満遍なく癒やすのがもみほぐし。日本では店舗数が増え、価格帯やサービスの種類はさまざまです。

もみほぐし店は急増しているため、営利優先な店舗では施術に上手・下手、いわゆる当たり・外れが出てしまいます。このようなお店では、施術師のレベルに差があるので、知識を持った施術師が在籍している店舗を探さす必要があります。

もみほぐしとマッサージを使い分ける方法

もみほぐしのお店は、とくに肩や背中に痛みを感じる人たちに人気があります。資格を必要としないので、全国展開している店舗が多いのが特徴です。

もみほぐしは全身だけでなく、不調がある箇所を集中的にもみほぐしてくれます。部分的な筋肉痛のときでも、こする、揉むことで血行を改善可能。もみほぐしと、マッサージ店では、治療内容が異なるので、体の不調や疲れの度合いなどを見定めて使い分けましょう。

遅い時間でも入店可能な整体院

全国展開しているカラダファクトリーは、さまざまな体の不調をケアしてくれると好評の整体サロンです。全身をオイルでほぐすコース、肩や腰、首のつらさをケアするコースなどが用意されています。

20時以降の入店も可能な店舗が多いので、仕事帰りで夜遅くなってしまっても心配する必要がありません。日常生活で気をつけるべき点をアドバイスしてもらえるのも魅力。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)