我慢できない首の痛みの原因とは?解消できるマッサージやストレッチを紹介!

記事の著者:Siena編集部

日常生活を送っている中で、首が痛くて仕方がないときはありませんか?長時間のデスクワークや、スマートフォンの見過ぎなどによって首に疲労が蓄積し、痛みを感じたことがあるという人は多いでしょう。

今回は首や肩の痛みを緩和させ、効果的に治す方法をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。まずは、首の痛みの原因を理解し、痛みを根本から解消しましょう。

首が痛くて熟睡できないという人には、カラダファクトリーの快眠整体コースがおすすめ。首だけでなく、肩や腰の疲労など不調を改善するとともに、寝付きが悪いなど睡眠に関する悩みも改善できます。

全国展開している整体院カラダファクトリーの施術で首の痛みを取って、熟睡しませんか?

カラダファクトリーを予約(公式サイト)

首が痛む原因とは?

不自然な姿勢が長く続くと、首や肩の筋肉に疲労が蓄積してしまいます。

首を支えて姿勢を維持している筋肉は姿勢を保つことができなくなることで、背中が丸くなってしまい、首だけが前のめりの猫背になってしまうこともあるでしょう。

首や肩に痛みが生じる場合のほとんどは、神経痛などではなく筋肉から生じる痛みです。首をきちんと正しい元の位置に戻すストレッチや、筋肉の疲労を回復させるマッサージなどを取り入れて、首の痛みを改善していく必要があります。

首の位置を修正するストレッチ

首を元の位置に戻して補正する、伸張マッサージを紹介します。

伸張マッサージを行うときに覚えておきたいポイントは、首の痛みや違和感を感じるようになる一歩手前まで、首を上下に動かしたり回したりすることです。

毎日心地よく感じる程度に行うだけで、首の疲れを緩和することができます。補正ストレッチは、椅子に座って行うこともできますが、ストレッチをする際には、胸を張って背骨を伸ばすようにしましょう。

ストレッチのやり方

首の場合、猫背のような前のめりの姿勢が原因で痛みが出るので、それとは反対に後ろに反ると効果的です。

顎が上がれば必然的に首の後ろが縮み、前は伸びます。背骨を伸ばした状態から指を顎に当て、斜め後方にゆっくりと上向きに押してみると、顎が引っ張られていることが分かるでしょう。

次に指で軽く顎をつかんで顎下に引っ張る要領で、ゆっくりと顔を下向きに元の位置へ戻してください。このとき使う指は1本ではなく、2〜3本にしましょう。

今度は、顎を下にして、顔全体を下に向けます。この1連の伸びを3セット行ってください。

その後、前と同じように胸が伸びて顎が出ないように顎を押したまま、今度は同じように横に引きます。左右それぞれ3セットずつ行いましょう。ストレッチのポイントは、脊柱を伸ばして顎の位置を保ったまま首を動かすことです。

首周りのリンパマッサージ

首の付け根にはリンパ節が集まっています。首全体をマッサージするよう上から下に手で優しく撫でて、老廃物を首の左右へ優しく押しやりましょう。リンパに流し込むことによって、首の疲労物質が取れます。

また、首の痛みが取れるだけでなく、首周りの血行が良くなり、フェイスラインが引き締まるので、顔のむくみに悩む女性には一石二鳥のネックマッサージなのでおすすめです。

詳しいリンパマッサージの方法はこちらをチェックしましょう。

リンパマッサージで首の痛みを解消する!

首の痛みを緩和しよう

紹介した首の位置を修正するストレッチや疲労物質を取り除くマッサージは、勤務中や移動などで首に痛みや違和感を感じたとき、手軽に行うことができる方法です。無理のない程度に継続して行うようにしてみましょう。

今まで悩んでいた首の痛みが緩和するので、ぜひ試してみてください。

セルフケアで取りきれない首の痛みには、プロの施術がおすすめです。全国展開しているカラダファクトリーでは、首と骨盤の骨格調整によって、首の痛みを根本から解消することが可能です。

カラダファクトリー公式サイトから、お近くの店舗を探してみてはいかがでしょうか?

カラダファクトリーを予約(公式サイト)