筋肉がゴリゴリする原因と解消法3選:デスクワークの人必見!

記事の著者:Siena編集部

長時間のデスクワークやスマートフォンの使用といった長時間の同じ体勢をすることが多い現代人です。

首や腰の痛みが慢性的になり、動かすと筋肉のゴリゴリを感じる人も多いのではないでしょうか。

筋肉のゴリゴリは、筋肉の疲れが原因です。筋肉の疲れを改善するには、十分に休息し温めほぐすことと正しい姿勢を保つことです。

今回は、ゴリゴリに固まってしまった筋肉の原因と解消法を詳しく紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

筋肉がゴリゴリする原因

長時間のデスクワークや、運転など、継続しての同じ体勢でいることが原因で、肩こり・腰痛を感じたという経験はある人も多いかと思います。

同じ姿勢を続けたり、特定の筋肉ばかり使い続けることで筋肉が酸素不足状態になり、乳酸が筋肉は硬くすることで、身体の中で悲鳴を上げている証拠である凝りやだるさを感じさせます

筋肉が硬くなることで、血管と末梢神経が圧迫され、血行不良が起き、末梢神経がダメージを受けていく流れで身体の凝りや痛みを感じるようになってしまいます。

筋肉がゴリゴリする人の特徴

筋肉がゴリゴリしてしまう人に多いのは、デスクワークで長時間同じ体勢を続けいている人です。筋肉が緊張し、血液の流れが悪くなり、軽い「うっ血状態」になります。

「うっ血状態」では、疲労物質が蓄積され続け、筋肉のエネルギー源である酸素や栄養分が不完全燃焼を起こし、ゴリゴリに筋肉が固まってしまいます。

更に、周囲の神経を刺激し、痛みまで引き起こします。「うっ血状態」を放置すると、凝りや痛みが筋肉を緊張させ、血行不良になるので、筋肉の緊張を柔らかくほぐし、血行促進して改善へと導きましょう。

ゴリゴリの筋肉を柔らかくする方法

方法1:正しい座り方をする

座っている姿勢は首や肩、腰に、立っているとき以上の負担がかかっています。

間違った座り姿勢は、不調の原因になる頭痛や首や肩の凝り、ストレートネック、腰痛、またしびれやむくみを引き起こします。

正しい姿勢は楽な姿勢ではなく、猫背と反り腰の中間位置で座ることです。

骨盤を立たせ、おへその4〜5cmほど下に位置する体の中心部である丹田(たんでん)に力が集中する丹田座りをしましょう。

方法2:筋肉を動かす

筋肉をしっかりと動かしたり、ほぐさないと凝りへとなり、固まると血流が悪くなり、水分や老廃物が血管内に溜まります。

脂肪と筋肉がくっついてしまい、冷えて固まる要因となります。

また、筋肉は使いすぎても凝りへと繋がります。運動後には、ストレッチをするなどほぐしましょう。お風呂に入浴の際は、温めつつ、軽くつまみゆっくり押すだけで効果的です。

方法:3睡眠を十分にとる

疲労回復に、1番効果的なのは睡眠をしっかりととることです。睡眠中には、日中使われている脳細胞が休まり、全身の新陳代謝や疲労回復へと導きます。

毎日の理想的な睡眠時間は、1日6~8時間前後です。しかし、十分な睡眠時間がとれていると感じる場合は、時間にこだわる必要はありません。

固まった筋肉をほぐしてもらうにはカラダファクトリーがおすすめ!

固まった筋肉を急に動かしたりしてしまうと、痛みを感じたり、身体がびっくりしてしまいます。

痛みのなく、気持ちの良い施術のカラダファクトリーでは、身体のバランスを整えることで、施術前との身体の違いがはっきりと感じられると口コミでも人気を集めており、リピーターが多くいます。

フットコースや顔の筋肉ほぐし、全身筋肉調整など多くのメニューで、30分から施術を受けることができるので、時間に余裕がない時や隙間時間で気軽に施術を受けることができるのが嬉しいポイントです。

予約フォームから簡単に店舗検索、予約ができるのでぜひ利用してみてください。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)