腰がゴリゴリする理由と解消法3選:早めの対処で腰痛を防ぐ!

記事の著者:Siena編集部

腰を動かすとゴリゴリとする音がある人もいらっしゃるのではないでしょうか。腰のゴリゴリする音は、一体どこからするのか気になりませんか。実は腰のゴリゴリする音は、骨格か筋肉から響いてくる音です。

しかし腰のゴリゴリ音は、筋肉が原因とは構造的に考えづらいため、骨が互いに擦れ合う音であると考えられます。

そこで今回は腰がゴリゴリする理由と、解消法3選を紹介します。腰のゴリゴリは放っておくと、慢性的な腰痛につながる可能性があるので、早めに対処しましょう。

また、日々のデスクワークによって腰痛や肩こりに悩まされている方は、整体院のカラダファクトリーもおすすめです。信頼と実績のあえう整体院で、骨格の歪みから治療してくれます。

今なら初回に限り、全身整体をお得に受けられるため、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)

腰がゴリゴリする原因

体をひねったり、動かす時に、腰の骨がボキボキやゴリゴリ等の音がするという方も多いのではないでしょうか。ゴリゴリとする腰の音は、骨盤のズレや、腰の骨のズレが原因で起きることが多いです。

また腰の関節に詰まりがある場合や、腰の骨がズレた場合にも発生します。

腰にゴリゴリ音がなる人の特徴

腰にゴリゴリとする音がなりやすい人は、慢性的に腰痛のあったり、骨格のズレを発端とする筋肉のハリハリ、シコリを持っていたりすることが多いです。

さらに、姿勢の悪い方は、ゴリゴリとする音が発生しやすい傾向にあります。姿勢の悪さは、血流の悪化を引き起こすためです。

バッグをどちらかの手でしか持たないなどの左右に偏った癖も、体を歪ませる可能性があります。

腰ゴリゴリの解消法3選

腰がゴリゴリする場合の対処法を3つ紹介します。自分のできるものから、無理をせずに始めてみてください。

解消法1.骨盤矯正

左右に偏ってしまった姿勢や動きを見直しましょう。骨盤を正しい位置に置き、姿勢を正しくすることが大切です。自分で姿勢が正しくないと感じれば、骨格の矯正のできる整体院で相談してみると良いです。

しかし、骨格を矯正してもなかなか一度のみの施術で治ることは難しいです。ぎっくり腰とは違い、体の構造を根本的に見直しすことで、姿勢を正しく変えことが必要になります。

長期的なスタンスで治療する必要があります。定期的に通い続けることで、徐々に改善されていくでしょう。

解消法2.ストレッチ、体操

腰を動かすことのできるストレッチや体操。激しくではなく緩やかに動かすことで、腰のコリで固まってしまった部分を緩めることができます。

自分が「どれくらい前屈できるか」、「前屈で腰痛を感じるか」をストレッチする前に確かめる必要があります。無理をしないことが大切です。

ただ、反動を付けようと必要以上に曲げたりすると、関節や筋肉を痛めてしまう可能性があります。反動を付けずにゆっくり動かすように自分に合ったレベルで行なってみてください。

解消法3.栄養補給

長時間に、同じ姿勢をとる等、筋肉や神経が疲れを感じることが原因で腰痛になることがあります。そのような場合に、ビタミンB1、ビタミンEをとると効果的です。

ビタミンB1には、筋肉や神経の疲れをやわらげる働き、ビタミンEには、血液の流れを良くし、筋肉の緊張を除去する働きがあるので、痛みをやわらげることに効果があります。

ビタミンB1・B6・B12は、神経ビタミンと呼ばれ、神経がうまく働くために大切な栄養素です。

また、ゴリゴリとする腰の予防と治療には、腰の筋肉や骨を強くすることが有効と言われています。たんぱく質を積極的に摂りましょう。

さらに骨の強化には、カルシウムが必須です。骨は、2~3年周期で生まれ変わり続けるので毎日カルシウムをとることを心がけてみてください。