ふくらはぎが冷たい原因と解消法。ツボ押しやマッサージで血行を改善しよう。

記事の著者:Siena編集部

女性の悩みの代表としてあげられる冷え。とくに、ふくらはぎの冷えに悩んでいる人も多くいはずです。ひどい場合になると夏でも靴下の重ね履きをする人もいるでしょう。どのように対処したら良いのでしょうか?

ふくらはぎは第2の心臓と言われ、下半身にたまった血液を心臓に戻すポンプの働きをしています。ふくらはぎが冷えているということは、筋肉がこり固まり、血流が悪くなっているということ。やがて体全体の代謝低下につながります。代謝の低下は、むくみや疲労感など、さまざまな悪影響を及ぼすのです。

ふくらはぎが冷たい原因とは?

ふくらはぎには、リンパや筋肉やツボがあるため、冷えて流れが滞っていると悪い影響がでやすくなります。原因をしっかりと把握し、対策を取りましょう。

1つ目の原因は、血液の巡りが悪いからです。全身の血液は、心臓のポンプ作用によって巡っています。足から心臓へ戻るとき、重力の関係で血液の循環が悪くなり、冷えが起こったりむくみの原因になります。女性は筋肉量が少ないため、必然的に血の巡りが悪くなりがちです。

また、筋肉量の少なさも冷えの原因。筋肉は熱を生み出すので、ある程度の筋肉がないと体が温まりにくいのです。筋肉のもとは食事にあるので、タンパク質をしっかり摂る必要があります。

さらに、ヒールなどを履くことが多いと、常につま先立ちを求められるので、筋肉の硬直化し、冷えにつながります。スネの内側に後脛骨筋という筋肉があり、硬くなると後脛骨動脈の流れが悪くなります。

ふくらはぎの冷えを解消する方法

ふくらはぎの冷えは、血行を改善することで解決します。マッサージをおこない、積極的に温めるようにしましょう。

ふくらはぎマッサージ

ふくらはぎは、腓腹筋内、外とヒラメ筋の3つの筋肉で構成されています。

まず全体を包みこんで足首からひざ裏までマッサージします。オイルやクリームなどで流すようにマッサージしていきましょう。その後、内側と外側に分けてマッサージし、最後にもう1度全体を流していきます。筋肉は皮膚、筋膜の下にあるので、しっかり筋肉を捕まえることがポイントです。

土踏まずのマッサージ

仕事の休み時間や、家での空き時間にゴルフボール位の大きさと硬さの物を足裏でコロコロ転がしてみてください。とくに親指側は丁寧にやりましょう。だんだんと足裏が温まってきて、足全体が温まるはずです。

土踏まずはふくらはぎと密接な関係にあります。足の指を曲げたり、足首の前を伸ばしたりする筋肉は、ふくらはぎから始まり足の指先まで繋がっているため、足の裏をケアする必要があるのです。

また、土踏まずが低くなり、足全体が地面に着いてしまうと疲れやすくなったり、血流が悪くなる原因にもなります。

かかと上げ

何も履いていない状態で、つま先立ちになり5~10秒ほどキープします。20回くらいを目安にやりましょう。足りないなと思ったら長さや回数を増やしてください。ふくらはぎの筋肉(腓腹筋)を意識しておこなうとより効果的です。

お灸で温める

お灸で徐々にじんわりと温めることで、冷えが改善されます。そのあとにマッサージをおこなうとより効果が高まるのでおすすめ。火傷につながる恐れがあるので、お灸の温度は丁度いいところまでを目安にしてください。

お灸は薬局でも売っていますが、鍼灸院で専門的な治療をしてもらうことも効果的です。根本的な原因を改善してくれるので、一過的に治るのではなく、良い状態を長く維持することができます。

ツボ押し

ふくらはぎの山のトップが承山穴(しょうさんけつ)。谷の位置が承筋穴(しょうきんけつ)。内くるぶしから、指三本が三陰交穴(さんいんこうけつ)。この3つのツボが、冷え対策として有効です。 押すとツーンする、痛気持ち良い場所を探してみましょう。

また、足の裏には反射区があり、冷えにも有効なポイントがたくさんあります。いきなり約40箇所の反射区を覚えるのは大変なので、まずは指先、足の裏、土踏まずに分けて、指の関節を使いながら刺激しましょう。

足の裏を刺激することにより、老廃物が流されてふくらはぎまでポカポカ温まれば効いている証拠。痛気持ち良い程度に刺激しましょう。

プロの施術でお悩み解決

筋肉量が少ない女性は、ふくらはぎや脚のみならず、体全体が冷えやすいです。マッサージやツボ押しを習慣にしながら、普段の食事や服装を気をつけてみましょう。それでもあまり冷えが改善されない人は、プロの手を借りるしかないかもしれません。

大手整体院のカラダファクトリーでは、体の不調に合わせて様々なコースが用意されています。フットコースでは、足裏を刺激していくことで全身の老廃物を流し、巡りを良くすることができるので、体が冷えやすい方や内臓機能が弱っている人にぴったりです。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)