ひざにある5つのツボ。痛みや疲れ、むくみなどさまざまな不調に効果的。

記事の著者:Siena編集部

原因不明の体調不良は、ひざのツボに適度な刺激を与えると和らぐことも。ひざの関節には5本の動脈が通っていて、1つでも血行が悪くなると痛みを生じます。

ひざのツボを刺激すると、どのような効果があるのでしょうか?正しい場所を、気持ちが良いと思える強さで、ゆっくり息を吐きながら5秒ほど押しましょう。部位によって押す指を変えてみるのもおすすめ。

足三里(あしさんり)

ひざのお皿のすぐ下、外側のくぼみに人さし指をおき、指幅4本そろえて小指があたっているところが足三里です。

胃とつながりのあるツボで、気の不足などによる症状や疲れだけでなく、体全体の治癒力を高めます。昔から足の疲れを取るなら足三里と言われ、病気予防、体力増強、むくみ、ひざの痛みにも万能養生のツボです。

血海(けっかい)

膝蓋骨(しつがいこつ)の内側、上端角から指幅3本上がったところが血海です。

血が海ように大量に集まる場所という意味で、血にかかわる病気を治すと言われています。生理が始まり、腰や下腹部が辛い時はとても効果的なツボ。生理痛のときは、左の血界にしこりができるとまで言われます。

梁丘(りゅうきゅう)

ひざの山間のかけ橋のようになった場所で、丘陵のようなところが梁丘です。ひざのお皿の上の外角から、太ももに向かって指3本分上のところにあります。

胃痛などを中心にお腹やひざの痛みに効果的です。

曲泉(きょくせん)

ひざを曲げた時にできるしわ(横紋)の内側の端で、太い骨の側、シワの凹んだところが曲泉です。

刺激すると、徐々に気力が増して、心身共に活力がみなぎります。男女問わず、生殖器、泌尿器疾患、腰痛などに有効。また、むくみやすいという人にはとくに効果的です。

外膝眼(がいしつがん)と内膝眼(ないしつがん)

ひざのお皿(膝蓋骨)のすぐ下の、両側にあるくぼみが外膝眼と内膝眼です。

ひざの痛みをやわらげてくれるツボで、ハードなスポーツの後や長時間のウォーキングで関節に負担がかかってしまったときなどにもおすすめです。左右とも、ひざ全体を手で包み込むようにして揉んであげながら、ときどき両ツボを人差し指と中指で引き上げるようにして押してください。左右のツボを同時に刺激するとより効果的です。

マッサージで足のだるさを改善

ツボ押しは足に溜まった疲労やむくみの改善に効果的、しかし、本当に自分のやり方があっているのか心配になる人もいるはず。そんな人は、プロの手を借りましょう。

足のだるさを解消するなら、カラダファクトリーのフット(足裏)コースがおすすめです。丁寧なカウンセリングで、1人ひとりの身体の状態、症状に合わせた施術を受けることが可能。足裏から、疲れの原因となる老廃物を掻き出し、全身の血液循環を改善させるので、足が軽くなるの実感できます。身体が冷えやすい人や内臓の働きが弱っている人の悩みにも効果的。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)