癒し効果のあるオルゴールの音楽で、心も体もリラックスさせよう。

記事の著者:Siena編集部

オルゴールのゆったりとした音楽を聴いてリラックスしたり、眠たくなったという経験をしたことがある人も多いはず。オルゴールの音には、心身の不調を癒す効果があると言われています。

癒し効果はもちろん、安心感を得ることができるオルゴールの音。疲れたときに聴くと、ストレス解消にもなります。

オルゴールで癒やされる理由とは?

オルゴールの音色は交感神経と副交感神経に働きかけます。また、自律神経を整えて、ホルモンの分泌を正常に戻してくれる効果も。病気の改善や予防を目的としたオルゴール療法やオルゴールセラピーもあるほど、近年そのリラックス効果が注目されています。

また、心だけでなく体の疲れを癒す効果も。疲れによって肩こりや頭痛が生じたり、体がだるいと感じた場合には、痛みやだるさを感じる部分にオルゴールを当てながら聴いてみるのがおすすめ。

オルゴールの癒し効果を高める3つのポイント

癒しを得るためには、聴くときに3つのポイントを抑えておくことが大事。オルゴール音楽で、さらにリラックスしましょう。

生の音色を聴く

オルゴールの音色を録音、再現したCDや動画は多数ありますが、オルゴールの癒し効果を十分に得るためには、生の音色がおすすめです。弁が72本以上使われたオルゴールがもっとも良いと言われています。

オルゴールには、幅広い周波数の音が含まれています。人間の耳では捉えることができませんが、脳幹を直接刺激し、ストレス軽減や血流改善、細胞の活性化、免疫力アップなど嬉しい効果を得ることが可能です。CDなどデジタル音の多くは、超低周波や超高周波がカットされていたり、人工的に作り出された音源である場合が多く、効果を得ることができません。

ながら聞きはしない

音色に意識を集中させること、できるだけ近くで聴くことが大切です。身をゆだねるように聴くことで、心身を深くからリラックスさせることができます。

同じ曲をくり返し聴くこともポイントの1つ。脳が音を覚え、曲を聴いても興奮しなくなるので、十分なリラックス効果を得ることが可能です。

眠れないときは枕の横に置く

悩みや不安、ストレスを抱えていると、寝つきが悪くなったり、眠れなくなってしまうことも。不眠症状を改善する場合にも、オルゴールの音色がおすすめです。

人が心地よいと感じる、1/fゆらぎのリズムを刻んでいるので、寝る前にオルゴールの音色を聴くことで、心身がリラックスして入眠しやすくなるメリットも。しかし、不眠が深刻な場合には必ず専門医に相談しましょう。

おすすめのオルゴール曲とは?

ディズニー作品で有名なピノキオの「星に願いを」は、優しいメロディがオルゴールにぴったりの定番曲です。スタジオジブリ作品の、天空の城ラピュタの名曲「君をのせて」は、ジブリでも人気の曲で、切なさの中に癒やしがある名曲です。

朝ドラ「あさが来た」の主題歌でもあった、AKB48の「365日の紙飛行機」は、オルゴールで聴くとさわやかで癒されます。オルゴール曲に馴染みのない人もJ-POPだと聞きやすいのでおすすめです。