ふくらはぎのマッサージで、むくみを撃退。ポイントは老廃物を「流す」。

記事の著者:Siena編集部

ふくらはぎのむくみに悩む女性は多く、むくみ解消のグッズも数多く存在しています。ふくらはぎのむくみの原因とは、一体どんなものなのでしょうか?

心臓から遠い位置にあって血液の流れが悪くなりやすく、重力の関係で水分がたまりやすいため、体のなかでもっともむくみが起こりやすいのが脚。特にふくらはぎのむくみは、立ち仕事の人に多いと思われがちですが、デスクワークの人にも多い傾向があります。どちらも同じ姿勢を続けることで、水分を含む血液、リンパ液などといった組織液の循環が悪くなり、細胞のすき間などに水分が停滞してしまうことで、むくみにつながります。

また、疲れがたまっているときや睡眠不足のとき、また脚の筋力が低下している場合も、気をつけなければいけません。どちらも、血流が悪くなり、老廃物や二酸化炭素が体に滞ってしまう原因のため、むくみを引き起こしてしまうのです。

簡単におこなえるマッサージ方法を知ることで、ふくらはぎのつらい症状を改善していくことができるかもしれません。

むくみやすい体質を改善したい、という人にぴったりなのがヨガ。おすすめは、ホットヨガスタジオのカルドです。初心者向けのレッスンも豊富で、運動が苦手な人でも楽しめるのはもちろん、体質改善を目指せるプログラムも。

カルドを予約(公式サイト)

誰でも簡単にできるむくみ解消マッサージ

むくみ解消には、マッサージが効果的です。マッサージといっても、揉むのではなく、なでるようにするのがポイント。リンパ液の流れを改善し、老廃物を流すことで、脚の疲れを取る効果も。マッサージの効果をさらに高めるにはスリミングジェルがおすすめ。バンビウォーターはテレビや雑誌でも取り上げられるほど人気のスリミングジェルなので、マッサージの際に使ってみてください。

No.1スリミングジェル!バンビウォーターをチェック(公式サイト)

むくみ解消マッサージは、流すことを意識して

①両手をひざの両側に軽くあて、脚の付け根にあるリンパ節に向け、太ももをやさしくなで上げていきます。最初は、ももの表側を下から上に向けて。

②同じように、ももの裏側を下から上に向けてなでてください。

③次に、足首付近に両手をあて、ひざに向かってなでましょう。

④同じように、ふくらはぎをひざ裏に向かってなでてください。

⑤最後に、足首付近から脚の付け根に向けて、表側と裏側をそっとなでます。

いずれも力を入れず、10回程度ずつおこないましょう。

床に座って脚を軽く伸ばし、ひざを少し立てる姿勢をとると、マッサージがやりやすくなります。

ふくらはぎの内側にあるツボおすすめ6選:むくみの原因も解説

美脚にも効く、簡単ストレッチ

階段ののぼる方向に向き、一段のぼったら、かかとが階段のすれすれになるところに立ちます。かかとを上げて10秒、戻して、またかかとを上げて10秒を数回繰り返します。階段から落ちないように、手すりがあるところや、階段の下の方でおこなうなど、注意しましょう。

むくみ予防をしよう

ふくらはぎのむくみを改善するためには、予防法を日々続けていくことも大事。簡単にできるので、意識しておこないましょう。

適度な運動がやっぱり必要

ウオーキングや散歩などで、よく歩くことを心がけましょう。ふくらはぎやももの筋肉が弱ると、血液などの流れが悪くなり、むくみやすくなります。階段の上り下りは、脚の筋肉をよく使うので、血行の改善に効果的。日ごろからできるだけ階段を使うように意識しましょう。ひざの痛みや腰痛がある人は、無理は禁物。

椅子に腰かけた姿勢で、かかとを上げ下げしたり、かかとを床につけて、つま先を上げたり、伸ばしたりする運動もおすすめ。脚の先を動かすと、ふくらはぎの筋肉も動苦ので、血液の流れがよくなります。

温活は足湯がおすすめ

足湯で部分的な温活するのがおすすめ。ふくらはぎは、入浴で体全体を温めても、なかなか芯まで温まりにくい部位。

お風呂で湯船の縁に座る方法もありますが、長い時間入っていること難しい人は、バケツを使った簡単な足湯が良いでしょう。大きめのバケツに42度のお湯をはり、足を入れ、温度が下がらないようにタオルなどで蓋をします。アロマオイルなどを数滴たらすと、リラックス効果も。

また、体が温まっている状態でのマッサージも効果的。アキレス腱から膝まで少し力を入れてつまみながら、下から上へとマッサージしてみましょう。

睡眠の質も影響

睡眠不足もむくみの原因につながると言われています。疲労が回復しないことで、体内に二酸化炭素などの疲労物質が増えてしまうことで、血液が多く流れてしまい、むくみに。そのため、睡眠の質はとても大事。

睡眠に大きく関係していることの1つとして、食事の時間があります。食後の体は、胃にある食べ物を消化吸収しようとすることにエネルギーを使っています。つまり、食後の睡眠は、休めるべき体や脳が休まらず、睡眠の質を下げてしまうことに。夕食後、就寝まで3時間くらい開けると、食べたものの消化が落ち着いてくるので、食事の時間にも気をつけましょう。

また、睡眠の質を高めるためにできることは、スマホを枕元に置かないこと。スマホは時間に関係なく、連絡が来るのはもちろん、画面のブルーライトは、睡眠の質を下げてしまうと言われていることもあり、就寝前にスマホを触れる環境は作らないことが大事になってきます。

ホットヨガなら、むくみ以外の嬉しい効果も

むくみの解消には、血行改善や筋肉量を増やすこと、適度な運動などが重要。それを同時に叶えられて、さらなる効果の期待もできるのがホットヨガ。ホットヨガスタジオのカルドでは、代謝アップ向けのプログラムや不調改善向けのプログラムもあり、解消したい悩みごとのヨガレッスンがあります。また、スタイルアップやダイエット効果も期待できます

全国的に店舗を展開していたり、駅チカ、遅い時間までレッスンをおこなっているなど、働きながらでも通いやすいという特徴も。

カルドを予約(公式サイト)