首がゴリゴリする原因とは?効果的なストレッチも紹介。

記事の著者:Siena編集部

デスクワークやスマホ、パソコンの酷使で悩みの声が多い首のコリや痛み。首筋を伸ばしたときにゴリゴリを感じるときはありませんか。

今回は、首がゴリゴリする原因と対処法についてまとめました。慢性化すると頭痛やめまい、うつ症状の引き金になってしまう厄介な症状なので、早めに対策しましょう。

辛い首のコリを解消したい人は、整体院のカラダファクトリーがおすすめです。整体・骨盤調整コースでは、首と骨盤のバランスを整えることで、疲れや痛み知らずの身体を手に入れることができます。

カラダファクトリーの施術で、毎日の仕事や家事などを元気にこなせるような体作りをしましょう。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)

首に違和感のある場合は、リンパの流れが原因かもしれません。こちらの記事も合わせてチェックしてください。

首のリンパをマッサージする方法

首がゴリゴリする原因

首の筋肉が緊張して血流が悪くなると、疲労物質や発痛物質が溜まりゴリゴリしてきます。この状態が、首が凝ってゴリゴリする状態です。

細い骨と筋肉でスイカほどの重さ(約5kg)のある頭を支えているため、首は疲れが溜まりやすい場所なのです。

また、首こりを放置すると、肩までコリが広がることもあります。さらに、動きにくくなった首の動きをフォローしようとして、腰やひざなど他の部分にコリや疲れが出る可能性もあるので注意が必要です。

首が回らないという慣用句の通り、心配事やストレスなどにより頭部が緊張して首の血行が悪くなることも、首コリにつながります。

首コリを放っておくとどうなるか

首こりは首の筋肉の血流が悪い状態です。首こりが続くと肩こりにつながったり、頭部の血流まで悪くなり、頭痛や抜け毛、白髪、うつ症状などの原因になることもあるので要注意。

首のゴリゴリ解消法3選

首のゴリゴリを解消するには、ゴリゴリの原因を改善する必要があります。取り組みやすい解消法から試してみてください。

解消法①首を温める

首を温めると血の巡りが良くなって、疲労物質や発痛物質が流れやすくなります。また、血液とともに酸素や栄養が届けられて、首の筋肉が回復すると考えられているので、首を冷やさないようにしましょう。

日中はストールやスカーフを活用し、首の冷えが気になるときは、肌に直接貼れるタイプの温熱シートで首もとを温めるのもおすすめ。

自宅以外で使うときは、ハイネックの服やストールでカバーすれば目立たなくなる上、温熱効果がアップします。蒸気が出るタイプなら、深く広く熱が伝わり、さらに効果的です。

また、入浴するときは首までお湯に浸かりりましょう。炭酸ガス入りの入浴剤を使うと、末梢の血管が拡張され、血流がさらによくなります。

解消法②頚椎(けいつい)の湾曲を取り戻すタオルストレッチ

首がこっているなと感じたら、オフィスや自宅で簡単にできるエクササイズをしてみましょう。たった数分で首の筋肉がほぐれ、首こり解消につながります。

まずは、フェイスタオルを両手で持ち、首の後ろの真ん中に当て、両手を斜め上に引っ張り 頭を少し上に倒します。その状態から、5秒〜20秒間あごを喉元に引きつけるようにうなづいてください。

これを1日5セットします。首に強い痛みがある場合は行わないでください。またストレッチをして痛みが出た場合は、速やかに中止しましょう。

解消法③首コリに効果的なツボ

親指の付け根には首の反射区があります。人差し指の方向に向かって、流れるように刺激しましょう。痛みを感じやすい部分なので、弱めの力でアプローチしてください。

他にも、合谷(ごうこく)という手の甲にある万能ツボもあります。首コリだけでなく肩コリや手のしびれなどにも効果があります。場所は、手の甲側の、親指と人さし指の骨の分かれ目のやや人さし指側です。

親指を合谷にあて、気持ち良いと感じる強さでやや強めに押し、揉んでください。両手それぞれ約30回程度、押しては揉みを繰り返しましょう。

気持ちの良い施術で体を変えよう

プロの本格的な施術で体の不調を改善したい人には、カラダファクトリーがおすすめです。体の歪みをチェックしてその原因もしっかり説明してもらうことができます。

原因が分かれば日常的に気を付けることができるので、改善の近道になるでしょう。

バランスのとれた体は見た目もまっすぐで美しく、負担がかかりすぎないので疲れにくくなります。健康的でバランスの良い体を手に入れたい人は足を運んでみてください。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)