ストレスにも効果的。簡単なツボの押し方を覚えて、リラックスしよう。

記事の著者:Siena編集部

現代はストレス社会と言われる時代。会社や家庭などが原因で、多くの人が抱えるストレスを解消していく方法の1つとして、おすすめがツボ押し。いつでもどこでも簡単におこなえるのが魅力です。

ストレス解消方法は、お風呂にゆっくり浸かったり、アロマを焚いたり、美味しいものを食べたりなど人によってさまざま。ストレス解消グッズなどもあり、うまく活用することで発散していくことも可能ですが、いつでもどこでもできるストレス解消法ではない、という問題も。

会社のデスクや、ふとした合間の時間で簡単に実践できるツボ押しなら、ストレスを感じたときはもちろん、移動中や休み時間などに習慣的におこなっていくことで、リラックスする時間を作ることができます。

ストレスについて

ストレスは、身体的・精神的に自分の外側からかけられる刺激に、体が対応しようとする反応のことを言います。緊張する場面に直面したときや悲しい・苦しい思いをしたとき、また外気温による暑さ寒さなどの環境もストレスの一因となることがあるのです。

ストレスを溜め込んだままにしてしまうと、自律神経の乱れから、心身ともにさまざまな不調に繋がり、体重の増減から心の病まで、あまり良いことはありません。

適度な緊張の場合は、自己パフォーマンスを高めてくれるいい材料となるのですが、行き過ぎたストレスは自己意欲の低下や疲労困憊、睡眠障害、記憶力の低下など、心身共に悪影響を及ぼし、最終的には日常生活への支障をきたしてしまうことに。

とってもカンタン!効果的なツボ押し術

手にはとても多くのツボが存在しています。その中でも手軽にできるツボを3つ紹介します。

自律神経を整えるツボ

イライラしたり落ち込んだりするのは、自律神経が乱れていることが原因かもしれません。気分が下がっているときに有効なのは、井穴(せいけつ)・指間穴(しかんけつ)と虎口(ここう)です。

井穴は手の指の爪が生えてきている際の部分です。どの指にもありますが、親指・人差し指・中指は外側、薬指は逆に小指側で、小指は両側にあります。反対の親指で少し強めに押して擦り、指先に向かって流していくようにします。左右交互に2~3回繰り返します。

指間穴と虎口は、手の指と指の間の谷間(水かきの部分)。反対の手の親指と人差し指で水かきの部分を挟み、少し痛いなというくらいの力で揉みましょう。左右交互に繰り返しながらおこなってください。指先が温かくなるくらいが回数の目安。

強い不安感を抑えるツボ

大事なプレゼン前や新しい人に会うとき、精神的な緊張感があるとき、また、理不尽なことで怒られるなどイライラした気分に有効なのは、精神を鎮めてくれる神門(しんもん)というツボ。神門があるのは、手首の横じわがある辺り。ちょうど小指の位置と交差する場所に、少しくぼんだ場所があります。

くぼみを親指で抑え、ほかの指は手首を囲うようにして、痛気持ちいいくらいの強さで神門を30回程度押します。左手、右手と繰り返しおこなっていきます。

平常心を取り戻すツボ

ストレスを抱え過ぎて自律神経が乱れてきた時や、機能を正常に戻す手助けをしてくれるツボが、合谷(ごうこく)です。合谷は、親指と人差し指の間の骨の分かれ目がある辺りから、人差し指側の少し上にあります。気持ちの良い刺激を感じましょう。

親指で、気持ちが良いくらいの強さで、30回程度それぞれの手を揉みほぐしましょう。

各ツボは、他の不調にも効果的

仕事のプレッシャーで悩んでるときや不安になっているときは、自律神経が乱れがち。自律神経の乱れが深刻化すると、吐き気や多汗などを引き起こしてしまうことも。そんなときは、井穴・指間穴・虎口を押しましょう。

ストレスの1つとして便秘に悩まされている女性は多いはず。便秘で悩んでいる人は、神門というツボがおすすめ。神門には、腸のぜん動運動を促進する働きもあるのです。

女性特有の生理は生理痛がともない、人によっては歩けなくなるほどのストレスを体に与えてしまいます。そんなときにおすすめなのは、合谷(ごうこく)。頭痛や下痢にも効果があると言われています。

ストレス発散には、体を動かすことも

ツボ押しでもストレス発散には効果的ですが、体を動かすと、ストレスも発散でき気分がスッキリするだけでなく、健康面にも嬉しい効果が期待できるという嬉しいメリットが。おすすめは、ヨガ。ゆったりした動きでポーズを取っていくものなので、激しい運動が苦手という人でも安心です。

ホットヨガスタジオのカルドは大手のヨガスタジオ。ストレス解消を目的としているレッスンプログラムがあり、体を動かしながらストレスを発散することができます。全国的に店舗展開していて、駅近も多いので、通いやすいのが特徴。事前予約が必要なく、ストレスを感じた日など、思いたったときに利用できるのも魅力です。

カルドを予約(公式サイト)