ヨガのダイエット効果とは?体質を改善して、痩せやすいカラダに。

記事の著者:Siena編集部

さまざまな嬉しい効果が期待できるヨガ。女性に多いとされる冷えや骨盤の歪み、運動不足などの改善に役立つと人気が出てきています。また、最近ではヨガで、ダイエット効果が得られるとも。

約4500年前頃の古代インド発祥のヨガ。元々は、ゆったりとした呼吸と姿勢を正していくポーズの組み合わせで、心と体、魂を結びつけるものだと言われています。精神を鍛え、心をコントロールしていくという意味が強く、修行法の1つとされていたのです。

現在の人気になっているヨガは、ヨガの本来の目的と同様に、心を落ち着けるための瞑想と、体を動かすエクササイズ要素が組み合わされたもの。体を動かしながらリラックスすることができ、心も体も軽くなっていくことが可能に。継続することで、ダイエットだけでなく内側からもキレイな女性を目指すことができるかもしれません。

徐々に痩せやすい体質に

ランニングや水泳などと同じ有酸素運動に分類されるヨガで、体脂肪を減らすことが可能。有酸素運動には、体内に蓄積された糖や体脂肪を燃焼させる効果があります。

また、手足の位置をコントロールしてポーズをキープすることで、体幹のインナーマッスルを鍛えることも。インナーマッスルとは体の内側深くにある、正しい姿勢をとるために必要な筋肉のこと。一般的なウェイトトレーニングでは、アウターマッスルを鍛えるので表面の筋肉が鍛えられていきますが、ヨガで鍛えられるインナーマッスルは大きくならないので、筋肉質になることはなく、しなやかな女性らしいボディラインを手に入れることができます。

インナーマッスルを鍛えると、生命活動を維持するためのエネルギーである、基礎代謝が上がります。基礎代謝が上がるとエネルギーを消費しやすくなり、徐々に脂肪を燃焼しやすい体質に。実際にヨガで得られる脂肪燃焼効果は、1時間で体脂肪が数十g程度減るだけなので、すぐにダイエット効果が得られるわけではありませんが、続けていくことで痩せやすい体づくりに役立つのです。

3ヶ月続けると、心と体の健康が手に入れられる

残念ながら、短期集中で一気に体重を減らしたい人にはあまり向いていないのがヨガ。しかし、長期的に体質そのものの改善を目指すことが可能。つまり、リバウンドしにくいダイエットと言えるのです。1ヶ月ほどでシェイプアップ効果を感じられる人もいますが、3ヶ月~半年程度続けておこなうことで、ボディラインや体重の変化に気がつくはず。

また、ダイエット効果を高めたい人は、食生活の改善も併せておこないましょう。インド発祥のヨガ。インドでは、宗教上の理由で約40%がベジタリアンと言われています。無理をしてベジタリアンになる必要はありませんが、たとえば白米を玄米に変えてみたり、野菜を多めに摂ってみたり、間食を減らしてみるなど、ちょっとした工夫でダイエット効果を高めることが可能。

ポーズをおこなうときには呼吸を止めず、意識して深い呼吸を心掛けましょう。これだけで、ダイエット効果は格段に高まります。また、深い腹式呼吸をおこないながら正しい姿勢でポーズをキープすることで、心を落ち着かすことができるので、食欲を適正な状態に戻すことが可能に。深い呼吸で体の内側からじんわりと温めることで、内臓の動きを正常にし、消化の働きを活発化させる効果が期待できるとも。それだけでなく、自律神経が整えられるので、睡眠にも良い影響を及ぼします。